MOVIEW SNS:Twitter Instagram YouTube

『SHAMAN KING』第34話 死を乗り越え、巫力を劇的にパワーアップした蓮

好評放送中のTVアニメ『SHAMAN KING』。
その第34話の場面カットが届きました。

SHAMAN KING

●第34廻「王者になる方法」
ジャンヌによる蓮の蘇生が完了し、葉のシャーマンキングへの道が閉ざされてしまう。一方、死を乗り越えた蓮の巫力は劇的にパワーアップしていた。

SHAMAN KING

SHAMAN KING

その頃、優勝候補たちとの圧倒的な巫力の差にショックを隠せないホロホロは、人知れず海岸を訪れていた……。

SHAMAN KING

SHAMAN KING

●第34廻より「五人の戦士編」がスタート!
「五人の戦士編」は、戦いが激化していくシャーマンファイトの中で、チーム全員の持霊が神クラスというガンダーラと葉たちが出会い、ハオを討つべく新たな試練に立ち向かっていくエピソード。“五人”、そして“戦士”が、今後の展開において重要なキーワードとなっていきます。第29廻の続きとなる、蓮を蘇生させるためシャーマンファイトを辞退した葉の姿から、物語は始まります。

SHAMAN KING

・新キャラクターのビジュアルとキャスト
シャーマンファイトにおいて第三の勢力・ガンダーラを率いるサティと、1000年前のシャーマンファイトに出場したメソアメリカ伝説の英雄・ソルジャーである新キャラクター、パスカル・アバフのキャラビジュアルが解禁されました。サティ役は三石琴乃さん、パスカル・アバフは喜多村英梨さんが演じます。

サティ CV:三石琴乃
シャーマンファイトの第三勢力・ガンダーラの指導者であり「チーム・如来」のリーダー。癒しの力を持つシャーマン。

SHAMAN KING

三石琴乃さんコメント
Q1:『SHAMAN KING』という作品の魅力を、お聞かせいただけますでしょうか。
三石さん:1つの目標に向かって命を掛けて突き進む少年、少女たちの強さに「SHAMAN KING」という作品の魅力を感じました。
また、相手をただ倒すだけではなく、守るための戦いでもあることが印象的です。

Q2:キャラクターを演じるにあたり意気込みを教えていただけますでしょうか。
三石さん:サティは何もかも超越した人物という印象でしたが、演じる中でより複雑な部分も感じています。誰の敵でも味方でもない境地にいる強い魂を持つキャラクターなので、剥き出しのぶつかり合いや単純な勝ち負けではない、サティらしい戦いへの臨み方を引き出していけたらと思います。私はサティに比べてしまうと、まだまだはるかに未熟者ですが(笑)、がんばってまいります。
作品は最後まで盛り上がっていきますので、皆さんぜひお見逃しなく。

パスカル・アバフ CV:喜多村英梨
1000年前のシャーマンファイトに出場したメソアメリカ伝説の英雄・ソルジャー。

SHAMAN KING

喜多村英梨さんコメント
Q1:『SHAMAN KING』という作品の魅力を、お聞かせいただけますでしょうか。
喜多村さん:喜多村にとって青春時代を代表する大作の1つです!
練り込まれた世界観やエピソードは勿論のこと、武井先生の唯一無二のタッチでの素晴らしいキャラデザ、特にキャラクターの能力や個性を最大限落とし込んだ衣装がどれも魅力的で大好きなんです!!!!
皆さんも葉くんの真似をしてヘッドホンしてましたよね?ねっ!?

Q2:キャラクターを演じるにあたり意気込みを教えていただけますでしょうか。
喜多村さん:まさか自分が幼少期に観ていた作品に関わることが出来るなんて……!
そして、まさかまさかのアバさん!!!
精霊姿もキュートですが、人型ではめちゃイケメン!
男性役を演じられて嬉しいです!
確かな知性と経験から基づく説得力のある台詞が多いキャラクターですので、意図をきちんと汲んで芝居に取り組むよう意識してアフレコに臨みます!!!
あの名台詞やあのシーンを演じられるなんて、緊張と興奮でどうにかなりそうです!(歓喜)

公式サイト:https://shamanking-project.com/
公式Twitter:@SHAMANKING_PR

©武井宏之・講談社/SHAMAN KING Project.・テレビ東京

●次の記事もオススメ ——————
『SHAMAN KING』第33話 マタムネが葉に語る、唯一の勝算

『SHAMAN KING』第32話 人の心が読めるアンナの能力によって事態は急展開

→『SHAMAN KING』の記事を探す

→2021年4月アニメ新番組特設ページ