MOVIEW SNS:Twitter Instagram YouTube

『シャドウバース』第33話 運命を受け入れ「世界の敵」となったマウラ

好評放送中のTVアニメ『シャドウバース』。
その第33話の場面カットが届きました。

シャドウバース

●第33話「滅びの行方」
シナリオ:赤尾でこ 磯崎輪太郎
絵コンテ:佐山聖子
演出:高橋雅和
作画監督:金子優司、清水明日香、承山菜美
総作画監督:新田靖成

シャドウバース

竜ヶ崎エイジの力によって、マウラは大量の虚の影に取りつかれてしまう。
伸ばしても伸ばしても、マウラの手からは希望がすり抜けて、消えていく。
ついにマウラは諦めて……己の運命を受け入れて、「世界の敵」となった。

シャドウバース

シャドウバース

しかし……まだ諦めていない者たちがいる。
ヒイロとルシアは「仲間」のために立ち上がる。

シャドウバース

シャドウバース

公式サイト:https://anime.shadowverse.jp/
公式Twitter:@shadowverse_anm

©アニメ「シャドウバース」製作委員会・テレビ東京

●次の記事もオススメ ——————
『シャドウバース』第32話 ルシアと対峙するマウラ・アベラルド

『シャドウバース』第31話 不利なバトルを強いられるカズキ

→『シャドウバース』の記事を探す

→2020年4月アニメ新番組特設ページ