MOVIEW SNS:Twitter Instagram YouTube

『この音とまれ!』最終回 ハイレベルな戦いに難攻する予選大会審査

好評放送中のTVアニメ『この音とまれ!』第2クール。
その最終話となる第26話の場面カットが届きました。

この音とまれ!

●#26「スタートライン」
脚本:久尾 歩
絵コンテ:吉川博明
演出:小林孝志、水野竜馬
総作画監督:小林利充
作画監督:南 伸一郎、小林利充

この音とまれ!

「天泣」の演奏後、ついに向き合った、さとわと母親の千春。
今度こそ、さとわの音は届いたのか――。

この音とまれ!

この音とまれ!

まれにみるハイレベルな戦いになった神奈川県予選大会。方向性は違えど、互いにすべてを注いで演奏した、姫坂、珀音、時瀬。
素晴らしい演奏により、審査員の間でも意見が割れ、審査は大いに難攻する。
ついに結果発表の時……全国への切符を手にしたのは!?
喜びと痛みとともに、それぞれの新たなスタート。

この音とまれ!

公式サイト:http://www.konooto-anime.jp/
公式Twitter:@konooto_anime

©アミュー/集英社・この音とまれ!製作委員会

●次の記事もオススメ ——————
『この音とまれ!』第25話 一音、一音、積み重ねてきた想いを乗せて……

『この音とまれ!』第24話 澪が奏でる、正解を越えた音とは。

→『この音とまれ!』の記事を探す

→2019年10月アニメ新番組特設ページ