MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube

ムウ帝国の守護神のマンダは体長150メートルから300メートルへ進化

開催期間が残り3日間となった「ゴジラじゃない方展」。ゴジラ以外が主役ということで様々な怪獣が展示されています。

写真は会場に展示されていた轟天号に巻き付くマンダ。

マンダ

『海底軍艦』でデビューしたマンダは体長150メートル。轟天号に巻き付いて締め上げる姿が有名で、このモデルもその様子を再現……と、このマンダは『ゴジラ FINAL WARS』に登場した体長300メートルのマンダですね。新・轟天号よりも轟天号のほうが印象が強いからですかね。

新旧マンダのデザインの違いは、ヒゲのありなしですぐにわかるようになっています。また、『ゴジラ FINAL WARS』のマンダは角がまっすぐで長くなっています。

2019年4月 「ゴジラじゃない方展」内覧にて撮影。

「ゴジラじゃない方展」:http://no-godzilla.world/

TM & (C) TOHO CO., LTD.

●次の記事もオススメ ——————
昭和ゴジラに匹敵する45メートルもあったクモンガ

『ゴジラじゃない方展』ヒューマンスケールの怪獣たちが盛りだくさん!

→『ゴジラ』の記事を探す

→映画・アニメ・特撮写真館に戻る