MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube

祝え!『仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』上映の瞬間である

武田航平:役者として反省させられた映画です。
奥野壮:この映画、大ヒットする気がする!

いよいよ本日12月22日より公開となった平成仮面ライダー20作記念『仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』。その公開を記念して、新宿バルト9にてキャストが登壇しての初日舞台挨拶が開催されました。

当日は『仮面ライダージオウ』から奥野壮さん、押田岳さん、渡邊圭祐さん、『仮面ライダービルド』から犬飼貴丈さん、高田夏帆さん、武田航平さん、水上剣星さん、そして劇場版ゲストの大東駿介さんと福崎那由他さん、山口恭平監督が登壇し、映画の見どころなどを語りました。

仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER

映画の見どころとしては「僕とゲイツとツクヨミが、僕らの持ってるキャラとは違うキャラを演じているのが魅力」と奥野さんと押田さんが語ると、渡邊さんは「エンドロール」を見どころに挙げました。押田さんによると「TVシリーズでやったことがない、時計堂クジゴジ堂にみんなで帰るシーンを映画で初めてやった」とのこと。

仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER

ビルドチームでは高田さんが「(武田)航平さんと赤楚くんにアドリブ禁止令が出てた」と暴露。それに対して武田さんは「いままでちょっとやりすぎていたから……キバを抜かれた猿渡一海と万丈龍我は静かに見えるかも知れないんですけど、本来それくらいがちょうどいいバランスだったな、いままでやりすぎてたんだなと、役者として反省させられた映画です」と述べ、「ゼロからもう一度やり直そうと思います」とコメントしました。

仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER

山口監督は「龍騎で助監督として関わらせていただいてから演出家として育てていただいたシリーズ」と平成ライダーについての想いを語り、「仮面ライダーに対してみなさんからいただいてる愛、それを僕なりの愛情表現で作れた」とのこと。映画に見どころについては「自分が好きだったライダーとまた会える、ジオウ、ビルドも大活躍しますけど、乗れる限りのバイクを出しましたし、キックもバンバン打ってます。最後大爆発もします」と紹介すると武田さんがすかさず「雑だよ、紹介の仕方!」と笑いを誘います。

仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER

ゲスト出演の福崎さんは「小さなころにはまって見ていたライダーの映画なので、一視聴者と同じ、ライダーを好きな少年として映画に存在するように気をつけました」とコメント。大東さんも「学生時代に平成シリーズが始まって見ていたので、劇中に重なるところがありました」とライダー映画に出演した感想を述べます。

仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER

さらに、「ライダー好きではありますが敵役だったので、それなりの心構えで映画に望みましたが、やはり初めて仮面ライダーに撮影現場で会ったときはかっこいいなと思ったし、映画に関わっているスタッフ全員が、ここで子どもたちの憧れを生んでいるのだと思うと、すごく責任感を感じました。いい作品に関わらせていただいたなと思います」と語りました。

仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER

最後に仮面ライダーという存在について質問されると犬飼さんは「仮面ライダーは時代とともに一緒に生きているヒーローだからこそ、みなさんがここまで愛してくださる存在になったのだと気づかされ、いろいろな人に愛されてるんだと感じます」と述べ、奥野さんは「この映画は仮面ライダーがフィクションだというのが一つのテーマになっていますが、ただのフィクションだったら20作という歴史は作れなかったと思います」とコメント。そして、「僕たち仮面ライダーは、いつの時代も、確かにここにいるんだぞという存在だと思いました」と、ライダーを演じている心境を語り、初日舞台挨拶は終了しました。

仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER

平成仮面ライダー20作記念『仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』
大ヒット上映中

「ジオウ&ビルド」製作委員会 (C)石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映

●次の記事もオススメ ——————
『仮面ライダー平ジェネFOREVER』TV主題歌20曲をリミックス!SPMV解禁

仮面ライダー2号を応援にきた1号のマスクは黒く、桜島1号と呼ばれる

→『仮面ライダー』の記事を探す