MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube

「ULTRAMAN ARCHIVES」が始動! 円谷プロの今後の方向性を発表

「見ている人に喜びを、驚きを与えたい。その喜びや驚きを糧に平和や愛を願うやさしさを、未来に向かう希望を育んでもらいたい」円谷英二

この言葉を社是とし、その意志を継ぎ、彼のビジョンを作品に込めて多くの人に伝えたいと語ったのは、円谷プロダクション代表取締役社長の塚越隆行さん。
去る10月15日、新プロジェクト「ULTRAMAN ARCHIVES」の発表会が開催され、その事業展開についてと、円谷プロの方向性、戦略についての説明がなされました。

ULTRAMAN ARCHIVES

会社の方向性としては、ウルトラマンの魅力をより多くの人に届けたいということで、これまでのウルトラマンシリーズを応援してくれているコアなお客さんに加え、それを広げていく活動を考えていくとのこと。そして、円谷プロが持っている創造性を世界に訴えかけ、作品や商品を通じて円谷のビジョンを届けたいと語る塚越社長は、そのチャレンジとして新プロジェクト「ULTRAMAN ARCHIVES」を展開し、いままでの作品を使ってブランドをたかめ、より多くの方にその良さを理解してもらえるようにしたいとコメントしました。

いまの20~30代にとっては少し遠い時代の作品かも知れないと前置きしつつ、その活動が若い方々には刺激的かも知れないし、どう受け取られるかわからないが、このような作品がありました、いかがでしょう?と提案し、見る機会を作ることは非常に重要なことという塚越社長。作品はもちろん、その作品の裏にある様々なアセットを使い、これまで作品を愛してくださった皆さんのほか、新しい方々にも見てもらえるチャンスを作りたいというのが「ULTRAMAN ARCHIVES」プロジェクトの主旨と解説。

「ULTRAMAN ARCHIVES」では作品の紹介や、当時のスタッフの方々の証言、その作品に影響を受けた方々による解説などを用いて、上映イベント、ソフト展開、出版、音楽、商品などを提供していくと紹介し、塚越社長による円谷プロの方向性・戦略についての説明が終了しました。

ULTRAMAN ARCHIVES

●「ULTRAMAN ARCHIVES」
今回発表された新プロジェクト「ULTRAMAN ARCHIVES」は第1弾として『ウルトラQ』から4エピソードを選考。来年以降、『ウルトラマン』、『ウルトラセブン』、『帰ってきたウルトラマン』を同様に展開していきます。まずはその最初となる『ウルトラQ』から「2020年の挑戦」についてのイベントや商品情報です

・上映イベント Premium Theater
『ウルトラQ』「2020年の挑戦」

ULTRAMAN ARCHIVES

日時:11月17日(土)
内容・会場:「スペシャルトーク&上映会」/イオンシネマ板橋 ※イオンシネマ板橋より全国14劇場へライブビューイングも実施
チケット:イオンシネマ板橋3,000円/他劇場2,000円
11月2日(金)よりイオンシネマにて発売(インターネット(e席リザーブ):0:15~/劇場窓口:各劇場OPEN時~)

飯島敏宏(監督)×浦沢直樹(漫画家)スペシャルトークショー:『ウルトラQ』、『ウルトラマン』など初期ウルトラマンシリーズの数多くの作品で監督を務めた飯島敏宏監督と、代表作「20世紀少年」などで国内外での受賞歴も多数の、漫画家・浦沢直樹さんをゲストに迎えます。

ウルトラマンシリーズの礎を築かれたクリエイターの一人である飯島監督と、『ウルトラQ』、『ウルトラマン』を初回放送当時6歳でご覧になったご世代で、日本を代表するクリエイターである浦沢さんのお二人によるスペシャルトークショーを実施します。

ULTRAMAN ARCHIVES・Blu-ray&DVDセット発売
『ウルトラQ』 Episode 19 「2020年の挑戦」Blu-ray & DVD
発売予定:2019年2月末予定
販売予定価格:4,800円(税別)
発売元:円谷プロダクション
販売元:ポニーキャニオン
特徴:厳選エピソードについての制作スタッフ、キャストによる証言、記録や、各界識者の評論を、本編映像とともに収録した商品シリーズ。

『ウルトラQ』より「2020年の挑戦」を、HDリマスターモノクロ版と、2011年にカラーライズされた『総天然色ウルトラQ』(カラー版)で収録。Blu-rayとDVDをセットにした商品です。 ※収録内容は同一です

※発売スケジュール等、詳細につきましては、後日発表予定です。

・書籍展開 ULTRAMAN ARCHIVES VISUAL BOOK
「ULTRAMAN ARCHIVES VISUAL BOOK 2020年の挑戦」

ULTRAMAN ARCHIVES

発売:11月17日(土) 「Premium Theater」会場にて先行発売 ※2019年一般販売予定
販売予定価格:1,019円(税別)
発行・発売元:円谷プロダクション
仕様:36P、A4横型
特徴:モノクロ・TVシリーズ作品でありながら、劇場映画用と同じ35mmフィルムで撮影した『ウルトラQ』の35mmオリジナルネガから、今回新規に高解像度でスキャニングした素材も使用し、テレビフレームを超える迫力のスケールで鮮やかに作品を再現。
ケムール人を筆頭に、登場するキャラクターやセットの質感を、より細部まで楽しめるともに、あらためてネガに遡ることで見えてきた、「特撮技術」の創意工夫が解るカットも収録。

・CLASSIC ARTS
「ULTRAMAN ARCHIVES」プロジェクトでフィーチャーする厳選エピソードを中心に、作品内に登場する「ヒーロー」「怪獣」「防衛メカ・装備品」などを、「ハイクオリティなアート作品」として商品化。 

高山良策作怪獣人形「ケムール人」
製作:海洋堂

ULTRAMAN ARCHIVES

特徴:高山良策氏が当時制作したが、商品化されなかった原型をもとに初商品化。
同氏が晩年遺した怪獣モデルの一つ「ケムール人・人形」の原型を使用して復刻。
高山氏が遺した全7種の怪獣人形をシリーズ化。コレクション性も高い逸品。

発売元:円谷プロダクション(完全受注生産商品)
受注開始日:11月17日(土)※2019年6月末発送予定
販売予定価格:29,800円(税別)
販売:円谷プロダクション 公式オンラインショップ

古谷敏氏 直筆サイン入りフレームアート「ケムール人」

ULTRAMAN ARCHIVES

特徴:現存するスチール写真を高い水準までクリアに処理。
フレームの一つ一つに裏打ちする、美術館仕様とも言われるハンドメイド手法を採用。
幻想的な夜の遊園地で不気味にそびえ立つケムール人が美しいともいえる名シーンをアートとして捉えた商品。
ケムール人を演じたスーツアクター・古谷敏氏の直筆サインが入った、貴重なフレームアート商品。古谷氏は後に『ウルトラマン』にてウルトラマンを演じた。

発売元:円谷プロダクション(完全受注生産商品)
受注開始日:11月17日(土) ※2019年6月末発送予定
販売予定価格:15,000円(税別)
販売:円谷プロダクション 公式オンラインショップ

●「ULTRAMAN ARCHIVES」今後の展開スケジュール
・2018年11月~2019年秋
『ウルトラQ』作品から、厳選エピソード4タイトル「2020年の挑戦」、「ガラモンの逆襲」、「カネゴンの繭」、「東京氷河期」にて順次展開。

ULTRAMAN ARCHIVES

・2019年末~
『ウルトラマン』、『ウルトラセブン』、『帰ってきたウルトラマン』各シリーズにて順次展開。

「ULTRAMAN ARCHIVES」:https://m-78.jp/ultraman-archives/

(C)円谷プロ

●次の記事もオススメ ——————
ウルトラダークヒーローが主役『DARKNESS HEELS』プロジェクト始動!

ウルトラマンオーブダークの正体が明らかに! 変身するのはあの人……

→『ウルトラマン』の記事を探す