MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』興収60億円、動員400万人突破!

“恐竜”に 巨匠・スティーヴン・スピルバーグが命をふきこみ、かつて誰も観たことがなかったリアルでスリリングな映像体験に世界中の人々が心を躍らせ、映画史に偉大な足跡を残した『ジュラシック』シリーズ。

2015年には世界的に爆発的ヒットとなったシリーズ新3部作の第1章『ジュラシック・ワールド』が公開され、現在、その2章目にあたる最新作『ジュラシック・ワールド/炎の王国』が、大ヒット上映中! 公開された69の国と地域でNo.1を獲得し、全世界累計興行収入は約12億ドル(約1350億円)を突破!

ジュラシック・ワールド/炎の王国

7月13日(金)に待望の日本公開を迎え、2015年度公開映画の“年間興行収入No.1”に輝いた前作『ジュラシック・ワールド』の初週成績を大幅に更新する驚異的な数字とともに、2週連続No.1の特大ヒットスタートを切った本作。そして夏休みまっただ中の8月8日(水)には、累計観客動員数4,063,360人、累計興行収入6,033,233,200円を突破!
2018年に公開された洋画作品初となる60億円超えを達成しました!

圧倒的なスケールと、誰とでも楽しめるエンターテイメント性の高さで、大人気シリーズの続編映画が多数公開中の今夏において恐竜級の存在感を放っている本作。IMAX、MX4D、4DXなど様々な上映形態がある事から、最高のアトラクション体験を涼しい映画館で楽しめる映画として幅広い観客層の支持を集めており、来週に控えるお盆休みを前に、さらなる盛り上がりが期待されています。

ドラマチックな内容についての言及も多く、前作を超える衝撃的な展開が繰り広げられているとして「ジュラシック・ワールドって、そういうこと…!? ここに来て明かされたタイトルの本当の意味…!」、「こんな結末が待っているとは…。ジュラシックで泣くと思わなかった」など、鑑賞後は様々な反応が見受けられ、同時に「次回作が楽しみすぎる! それまでに何回か炎の王国も観ないと…」、「今後の展開が待ちきれない!」と、すでに製作が決定している最終章への期待も高まっています。

さらにその人気ぶりは映画館を飛び出し、東京で最大8時間待ち、過去にPARCOで開催したコラボカフェ史上最大級の大ヒットを記録し、老若男女が問わず大勢のジュラシックファンが来場した「ジュラシック・ワールド カフェ」が、8月10日(金)から大阪・心斎橋でオープン! まだまだこのジュラシック旋風はとどまるところを知りません!

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』
7月13日(金)全国超拡大ロードショー!

(C)Universal Pictures

●次の記事もオススメ ——————
シリーズ最多の恐竜登場『ジュラシック・ワールド/炎の王国』特別映像

シリーズ最新作『ジュラシック・ワールド/炎の王国』第一弾予告解禁!

→『ジュラシック・ワールド』の記事を探す