MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『リズと青い鳥』種﨑敦美、東山奈央、本田望結、山田尚子監督初日挨拶

本日4月21日(土)ついに全国公開!
種﨑敦美さん、東山奈央さん、本田望結さん、山田尚子監督が登壇し、『リズと青い鳥』初日舞台挨拶を実施!

リズと青い鳥

京都アニメーション制作の最新作『リズと青い鳥』が、本日より公開されました。本作は、高校生の青春を描いた武田綾乃の小説『響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部、波乱の第二楽章』をアニメーション映画化。吹奏楽部でオーボエを担当する鎧塚みぞれ(よろいづかみぞれ)と、フルートを担当する傘木希美(かさきのぞみ)の2人の少女の儚く美しい一瞬を切り取った青春ストーリーです。

この度、公開初日の4月21日(土)に新宿ピカデリーにて豪華ゲスト登壇の初日舞台挨拶が実施されました。舞台挨拶には、本作のWヒロインで、仲良しの友達だけれど高校最後のコンクールを前にどこかギクシャクしている、鎧塚みぞれ役の種﨑敦美さんと傘木希美役の東山奈央さん、劇中に出てくる童話の中の登場人物・リズと青い少女の一人二役を好演した本田望結さん、そして山田尚子監督が登壇。ついに公開を迎えた本作について存分に語り尽くしました!

トークセッションで種﨑さんが本作について「顕微鏡を見てる時って息しないなというか、見てる時は息を潜めてしまう作品と言うのが伝わったかなと思います」と語り「顕微鏡なんて例えで大丈夫でしたか?!」と焦った様子を見せるよ、東山さんは「良い例えです!」と返し、山田監督も「最高です!」と、本作を表現する例えに太鼓判を押しました。

また本作でリズと少女を演じた本田さんが「他のキャストの皆さんの声が本当に素敵で、私のシーンで観てくださっている皆さんに、違和感を覚えさせてしまわないかと本当に不安でお許し頂きたいのですが」と語ると、種﨑さんは「みぞれと希美が言葉を発しない、気持ちの裏側を演じて頂いて、お芝居も声も真っ直ぐでストレートで素晴らしかったです!」と語り、東山さんは「うちら(希美とみぞれ)は素直じゃないから『そばにいて』とか『大好きよ』『私もよ』とか言えないから、言ってくれてありがたいです!」と大絶賛のコメントを返しました。

リズと青い鳥

●『リズと青い鳥』初日舞台挨拶(上映後の舞台挨拶)
日程:4月21日(土)12:30~13:00
場所:新宿ピカデリー SC1
登壇者:種﨑敦美(鎧塚みぞれ役)、東山奈央(傘木希美役)、本田望結(リズ/少女役)、山田尚子監督

Q:初日を迎えた感想
種﨑敦美さん:本日、初日を迎えて皆様の前でご挨拶させて頂けて、率直に嬉しいです。
上映前には言葉ではなかなか伝えられなかったことが、本編を観て頂けた今、伝わったかなと思います。
みぞれと希美の瞬間瞬間の解像度を上げたことがわかると思いますが、顕微鏡を見てる時って息しないなというか、見てる時は息を潜めてしまう作品と言うのが伝わったかなと思います。

東山奈央さん:この作品について、早く皆さんと語り合いたいと、今日という日を待ち遠しく過ごしてきました。本作に込めたたくさんの想いや、自分達でも気付かなかった見所など話したいです。

本当に私たちのセリフのままではなく、その裏側の気持ちや一言に込めた想いが伝わったかなと思います。1シーン1シーン小さなことの積み重ねで、雪のようにシンシンと積み重なってきたものが、気がついたら厚く積もっていて、作品のなかで最後に希美が言った一言に繋がっているんだと思います。

本田望結さん:すごく楽しみにしていたので嬉しいのとともに、プロの声優ではない自分の声を許してもらえるか不安でしたが、今日を楽しみにしていました。他のキャストの皆さんの声が本当に素敵で、私のシーンで観てくださっている皆さんに、違和感を覚えさせてしまわないかと本当に不安でお許し頂きたいのですが、本作の1ファンとしても今日という日を迎えられてとても嬉しく思います。

Q:キャストの感想を聞いた感想?
山田監督:皆さんのお話を聞いていて、思わずグッときてしまいました。本当に良い映画だったなと思います(笑)

リズと青い鳥

Q:本作で印象に残っているところは?
種﨑敦美さん:本作のキャッチコピーにもある「ずっと一緒だと思っていた」という言葉が、ふたりが物理的に離れていくだけではなく、いろんな意味を含んだ言葉で、すごいキャッチコピーだなと思いました。私が書いたわけではないんですが(笑)。

東山奈央さん:これまでの希美は、明るくて「この子は人から憧れられる子なんだ」と思わせるような子だったのですが、本作で彼女の解像度を上げることで、人間味をクローズアップして見ると、まっすぐなだけじゃないことがわかりました。

希美がみぞれに「プールに行こうよ」と言った時、みぞれが「他にも誘いたい人がいる」と言ったときの動揺が意外でしたが、みぞれが自分の知らないところで羽ばたき始めているところに気付くシーンでもあり印象的でした。

Q:締めの一言挨拶
種﨑敦美さん:本日は公開初日にお越し頂き、本当にありがとうございます。
言葉にしてしまうと壊れてしまいそうな、本作のいろんなものを、観て頂ければ伝わっていたら良いなと思います。観るたびに違う面が見えてきて、いろんな方向から観ることができる、たくさんの想いが詰まった作品です。何度でも劇場に足を運んで頂きさらに『リズと青い鳥』をより深いところまで楽しんで頂けると嬉しいです。これからも本作を宜しくお願い致します。

東山奈央さん:本日は本当にありがとうございます。アフレコをする前から「この作品は自分にとって特別な作品になるだろうと思って台本を開きました。『響け!ユーフォニアム』シリーズのひとつとして以上に、1本の映画として自分が思っていた以上に特別な作品になりました。

「あの表情はなんだったんだろう?」と疑問に思ったことなどをみんなで語り合える作品になっています。また皆様に会えるといいなと思いつつ、この作品について語り合えるのを楽しみにしてます。

本田望結さん:本当に素敵な作品で、今日ここにいられることが幸せな気持ちでいっぱいです。映画館に最低でも10回は観に行きたいと思います。
青春を描いた作品ですが、この作品が私の青春の一ページになりました。一生懸命演じた作品ですので、皆さんにも伝われば嬉しいです。本日は本当にありがとうございました。

山田監督:一見静かな映画かなと思われるのですが、本当は少女の機微がおしゃべりな作品です。
公開初日を迎えて、多くの方々に観て頂けて、感無量です。これからも何回でも観て頂けると嬉しいです。
映画館でしか聞こえないような音響設計でマニアックな作りになっています(笑)。これからも何回でも映画館で観てください。
本日はありがとうございました。

『リズと青い鳥』
大ヒット上映中!
公式ツイッター:@liz_bluebird

(C)武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会

●次の記事もオススメ ——————
京都アニメーション『リズと青い鳥』特報解禁! スタッフも発表!

劇場版『響け!ユーフォニアム』舞台挨拶!京アニ映画最新作も発表!

→『リズと青い鳥』の記事を探す