MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube

『ソードアート・オンライン アリシゼーション』10月放送開始!

ソードアート・オンライン アリシゼーション名前は、アリス。
絶対に忘れてはいけないはずの、大切な名前――。
『ソードアート・オンラインTVアニメ第3期《アリシゼーション》編、10月から放送開始!

足立慎吾描き下ろしキービジュアル&ティザーPV公開!
そして新監督に小野学など、新スタッフ情報を発表!

原作小説第9巻から第18巻にかけて展開した、『ソードアート・オンライン』シリーズ最高峰にして集大成の大長編を監督するのは、数々の実績を持つ小野学監督(『魔法科高校の劣等生』、『学戦都市アスタリスク』ほか)に決定しました!

・スタッフ
原作:川原 礫(「電撃文庫」刊)
原作イラスト・キャラクターデザイン原案:abec
監督:小野 学
キャラクターデザイン:足立慎吾、鈴木 豪、西口智也
制作:A-1 Pictures

●小野監督×伊藤監督の対談を実施!
小野監督と伊藤監督による新旧監督対談を実施しました!

・「これまでのアニメ『ソードアート・オンライン』から受け継ぎつつ、原作の面白さを大切に描きたい」
「実績をお持ちの小野さんならば安心だと思いました」

――『ソードアート・オンラインアリシゼーション』のアニメ化がいよいよ具体的に発表されました。まず、伊藤さんがこの一報を聞いて思ったことをお聞かせください。

伊藤監督:そもそもアニメ化にあたり俺は原作をWeb版で全部読んでいたので、『ソードアート・オンライン』の第1期のアニメをつくる前から《アリシゼーション》編のことは知っていました。ただ、これを映像化するのは大変だろうなと感じていました。もちろん「《アリシゼーション》編までアニメ化できると良いですね」とは思っていましたけど……。だから、劇場版のラストシーンは誰がやってくれるのかわからないけれど「このバトンを受け取ってくれ」という想いでラストシーンをつくっていたんです。

――『劇場版ソードアート・オンライン-オーディナル・スケール』のラストシーンにはそういう意味があったんですね。では、小野監督が《アリシゼーション》編の監督を引き受けた経緯をお聞かせください。

伊藤監督:話を聞いたのは、いつでしたか?

小野監督:劇場版の試写が行われている時期ですね。それ以前からアニプレックスのスタッフから「『ソードアート・オンライン』シリーズは原作の最後までアニメ化する予定です」とは聞いていました。

――小野監督が《アリシゼーション》編のアニメ化を引き受けた理由はなんでしょうか?

小野監督:TVシリーズも第1期、第2期とあって、劇場版もある人気のシリーズですし、引き受けたときのプレッシャーの大きさも当然考慮していました。ただ、このスケールの作品をやれるのは、今だけだろうなと感じたんです。TVシリーズの現場は大変ですが、気力、体力ともに今ならベストだろうと思えたのは、大きい理由になりましたね。

――お二人は原作の《アリシゼーション》編にどんな印象をお持ちですか?

伊藤監督:まずボリュームが大きい。ストーリーも長いし、戦争も描かなくちゃいけない。「(アニメ化するには)どうしたらいいんだ?」という印象がありました。おそらくアニメ化するには一期からのべ10年はかかるだろうと、原作を読んだときには感じていましたね。

小野監督:僕も伊藤さんと感想は同じで、スケールが大きくて大変な内容だなと感じていました。ただ、伊藤さんが原作をお読みになったころには「10年かかるだろう」と感じた表現が、昨今さまざまな技術が向上したことでTVアニメでも表現できるところまで来ている感覚がありまして。「チャレンジはできるだろう」と思っているところもあります。

伊藤監督:新キャラクターも登場するし、物語としてはちょうど切れ目になる展開もあるので、ここで監督を交代するのも良いんじゃないかと(笑)。アリスとユージオの見せ方は小野監督の色に染めていただいて良いと思っています。

小野監督:ありがとうございます。伊藤監督がおっしゃるとおり、《アリシゼーション》編で作品のカラーがガラッと変わるところは僕が今回引き受けた理由のひとつでもあります。とはいえ、キャラクターデザインは前作から引き続き、足立(慎吾)さんなので作品の背骨は変わりません。新しい設定やキャラクターの見せ方に自分なりの思いを込めていきたいと思います。

――これまでのアニメ『ソードアート・オンライン』については、小野監督はどんな印象を受けていらっしゃいましたか?

小野監督:僕はリアルタイムで第1話を拝見していて、すごく興味を引く、理想的な第1話だなと思っていました。キリトやアスナの魅力やアクションのカッコよさや、ストーリーのアイデアが面白いなと。

全体としては、キャラクター同士が素直に感情をぶつけあうところに面白さを感じていました。ある種の「生っぽさ」ですよね。《アリシゼーション》編にもそういう生っぽさはあるので、そこは自分なりにチャレンジしてみたいところだと思っています。

伊藤監督:実績をお持ちの小野さんに監督を引き受けていただけて、安心しました。これまでいろいろなところで「《アリシゼーション》編を期待しています」と言われていたので、やっと「監督、俺じゃないんですよ」と言えるようになったなと胸のつかえが取れたような気持ちです。

小野監督:第1期、第2期、劇場版の流れを受け継ぎつつ、あくまで『ソードアート・オンライン』という作品の面白さを追求していきたいと思っています。

――小野監督は《アリシゼーション》編を具体的にどんな作品にしたいと考えていますか?

小野監督:原作の《アリシゼーション》編の序盤はキリトとユージオの友情を中心に描いていくので、アニメ版でも男の友情をしっかりと描いて、見ている人たちの心を熱く動かしたいなと思っています。キリトについては11歳の姿を描くので、11歳らしさをどう表現していくかがひとつのポイントになりますね。作品を見た人たちが、「一体どんな展開になるの?」と感じてもらえたら良いなと思っています。

――最後に伊藤さんから小野監督に贈る言葉があればぜひ、お聞かせください。

伊藤監督:『ソードアート・オンライン』の現場は、意識を失って救急車に運ばれる監督がいたり(笑)、骨を折ったりするキャラクターデザイナーがいるような、怪我人、病人が多い現場なので、くれぐれも身体にお気をつけください!

小野監督:ありがとうございます、本格作業の前に人間ドックに行っておきます。(笑)

伊藤監督:小野監督による《アリシゼーション》編を楽しみにお待ちください!

●『ソードアート・オンライン アリシゼーション』
「ここは……どこだ……?」

気づけばキリトは、なぜか壮大なファンタジーテイストの仮想世界にフルダイブしていた。
ログイン直前の記憶があやふやなまま、手がかりを求めて辺りを彷徨う。
そして、漆黒の巨木《ギガスシダー》のもとにたどり着いた彼は、一人の少年と出会う。

「僕の名前はユージオ。よろしく、キリト君」

少年は、仮想世界の住人――《NPC》にもかかわらず、人間と同じ《感情の豊かさ》を持ち合わせていた。
ユージオと親交を深めながら、この世界からのログアウトを模索するキリト。そんな彼の脳裏に、ある記憶がよみがえる。
それは、幼少期のキリトとユージオが野山を駆け回る想い出――本来、あるはずのない記憶。

さらにその想い出には、ユージオともう一人、金色の髪を持つ少女の姿があった。
名前は、アリス。
絶対に忘れてはいけないはずの、大切な名前――。

・スタッフ
原作:川原礫(「電撃文庫」刊)
原作イラスト・キャラクターデザイン原案:abec
監督:小野 学
キャラクターデザイン:足立慎吾、鈴木豪、西口智也
制作:A-1 Pictures

・キャスト
キリト(桐ヶ谷和人):松岡禎丞
アスナ(結城明日奈):戸松 遥
アリス:茅野愛衣
ユージオ:島崎信長

公式サイト:http://www.swordart-online.net/
公式Twitter:@sao_anime

(C)2017 川原 礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/SAO-A Project

●次の記事もオススメ ——————
SAO『ガンゲイル・オンライン』OPテーマは藍井エイル「流星」に決定!

今のわたしにできること!

→『ソードアート・オンライン』の記事を探す

→2018年10月アニメ新番組特設ページ