MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット』吹替キャスト発表

スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット小山力也ら超豪華吹替キャストによる予告編解禁!
=LOVEがハリウッド作品に大抜擢!
『スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット』最新ポスタービジュアル&予告編解禁!

今もなお根強いファンに支持される、昆虫型生命体“バグ”と人類との戦争をポール・バーホーベン監督が描いた90年代を代表するSF映画傑作『スターシップ・トゥルーパーズ』。シリーズ20周年を記念して製作されたシリーズ第5作目となる劇場版長編フルCG映画『スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット』が、2018年2月10日(土)に公開日が決定しました。

『ロボコップ』、『スターシップ・トゥルーパーズ』シリーズを手掛けてきたエド・ニューマイヤーが脚本を担当し、『スターシップ・トゥルーパーズ インベイジョン』でメガホンを取った荒牧伸志監督と本作が監督デビュー作となる新進気鋭の松本勝監督によって、前作を遥かに上回る傑作が誕生しました。

本作の公開日決定と共に、新たに作成された日本オリジナルのキービジュアル&予告編映像が完成。シリーズを象徴する“バグ”に埋め尽くされた火星の地を背にしたリコと初登場となる“はぐれ小隊”の面々が初お披露目。

スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット

併せて公開された予告編では、シリーズのファンにはたまらないカルメン、カール、1作目で死んだはずのディジー、地球連邦軍司令官のエイミーが不敵な笑みを浮かべるシーンなど新たな映像が解禁されました。

また本作の吹替キャストを一挙に解禁!
前作は字幕版での公開でしたが、本作では、小山力也、上坂すみれ、小野賢章、喜多村英梨、内田彩、寺島惇太と実力派の豪華声優陣をキャスティング。そして、代々木アニメーション学院×指原莉乃プロデュースアイドル「=LOVE(イコールラブ)」がハリウッド作品に大抜擢。ストーリー上重要なキャラクターをかけたファン参加の選抜オーディション企画を明日11月22日よりライブ配信プラットフォームSHOWROOMにて行います。豪華声優陣と洋画初吹替の彼女らがおりなす化学反応に是非ご期待ください。

スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット

●キャラクター紹介
・ジョニー・リコ CV:小山力也
<左遷された元将軍>歴戦の戦士にして連邦軍の元将軍。
地球防衛圏内にバグの侵攻を許したことから、火星に左遷させられた。

スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット

・ディジー・フロレス CV:上坂すみれ
<死んだはずの恋人>リコの元恋人。勝ち気な女戦士だったが戦闘中に命を落とした。
死後、20年を経てなぜかリコの前に姿を現わす。

スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット

・カール・ジェンキンス CV:小野賢章/役
<何かを企む超能力者>地球連邦の超能力戦略担当大臣。
他人の心と交信する超能力の持ち主。スナップに反抗したため拘束される。

スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット

・カルメン・イバネス CV:喜多村英梨
<男勝りの敏腕女艦長>ジョン・A・ウォーデン号艦長。
ハイスクールの同期であるリコやカールに、今も強い連帯意識を抱いている。

スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット

・エイミー・スナップ CV:内田 彩
<支持率命の総司令官>連邦軍最年少の総司令官。
「人類史上最も聡明な女性」と言われているが、権力に憑かれた野心家でもある。

スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット

・トシ・ババ CV:寺島惇太
<火星育ちの補佐官>火星で生まれた、はぐれ小隊の一員。
リコの補佐官を務めているが、ミスも多い。動画のアップロードが趣味。

スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット

・タミ・カマチョ CV:=LOVEより1名選抜
<はぐれ小隊の紅一点>男勝りでぶっきらぼうだが、仲間との連帯意識は強く、思いやりもある。
大量のバグに体を張って立ち向かう勇敢な歩兵。

スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット

=LOVEの配役に関しては、監督審査+ライブ配信プラットフォームSHOWROOMでのイベント結果を参考に決定します。イベント期間中の配信内容、獲得ポイント数、順位等は審査過程の参考とさせて頂きますが、直接的に合否には関係ありません。

●荒牧監督・松本監督、本作の劇伴を担当する高橋哲也氏からのコメントが到着!
荒牧伸志監督:『スターシップ・トゥルーパーズ』ファンの人には必ず喜んでもらえるように、そうじゃない人でもきっちり楽しんでもらえるように松本監督や精鋭のスタッフと共に並々ならぬ努力を尽くして作りましたので、皆さん是非大画面でお楽しみ下さい。今回は見渡す限りの大量のバグどもが皆さんを最後までおもてなしします!

松本勝監督:原作(宇宙の戦士)や実写映画版にはコアなファンが大勢います。荒牧監督もそのひとりであり、自分もまたそうでした。必然、こだわりがないハズはありません。そして映画版の原作者エドが加わり……風呂敷を畳むのが大変でした。しかし前作インベイジョンのスタッフを中心に新しく良いスタッフにも恵まれ完成させることができたわけです!

髙橋哲也(劇伴担当):音楽制作用のムービーがアップデートされる毎にキャラクター達の表情、ディティールの細かさ、バグの数(笑)がどんどん凄いことになってゆくのをワクワクしながら音楽を作っていました。全作に関わるエド・ニューマイヤー氏や、リコ役のキャスパー・ヴァン・ディーン氏の参加等、マニアックなファンにも、一見さんにも楽しめる作品になっていると思います。是非、劇場でご覧になってください!!

スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット

●東京コミコン2017出展決定 12月1日(金)~12月3日(日)
展示ブースでは、実写映画シリーズの撮影で実際に使用したプロップなどを展示予定。
東京コミコン公式サイト:http://tokyocomiccon.jp/>

●『スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット』
はぐれ小隊VSバグVS連邦軍、火星を制するのは誰だ!

スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット

舞台は地球の植民惑星となった火星。戦争とは無縁のこの星で、歴戦の猛者リコは“はぐれ小隊”と呼ばれる落ちこぼれ新兵の訓練に当たっていた。だが、平和であるはずの火星に、突如バグの群れが出現する。背後には、地球の総司令官の陰謀が潜んでいた。

戦士の自我を取り戻すため、そして火星を守るため、リコははぐれ小隊を率いて立ち上がる。先に待つのは救済か、地獄か――!?

スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット

・キャスト
小山力也/上坂すみれ/小野賢章/喜多村英梨/内田彩/寺島惇太/=LOVE

・スタッフ
原題:STARSHIP TROOPERS: TRAITOR OF MARS
監督:荒牧伸志 松本 勝
脚本:エド・ニューマイヤー
プロデュース:ジョセフ・チョウ
エグゼクティブ・プロデューサー:キャスパー・ヴァン・ディーン エド・ニューマイヤー 鎌形英一
プロデューサー:西 雅太郎 橋本トミサブロウ
音楽:高橋哲也
制作:SOLA DIGITAL ARTS
企画・製作:Lucent Pictures Entertainment  Sony Pictures Worldwide Acquisitions
配給:KADOKAWA

『スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット』
2018.2.10公開日決定!! 2週間限定全国ロードショー[吹替版のみ]
公式Twitter:@sst_mars

(C)2017 Sony Pictures Worldwide Acquisitions Inc., All Rights Reserved.

●次の記事もオススメ ——————
『スターシップ・トゥルーパーズ』第5作『レッドプラネット』公開決定!

『スターシップ・トゥルーパーズ インベイジョン』コミコン プレミア上映レポート!

→『スターシップ・トゥルーパーズ』の記事を探す