MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube

『メアリと魔女の花』世界155ヵ国・地域で公開へ始動!

メアリと魔女の花7月8日(土)より全国で大ヒット上映中の、スタジオポノック第一回長編作品、映画『メアリと魔女の花』(監督:米林宏昌、配給:東宝)が全世界に向けて始動します。

本映画制作期間中から日本公開の準備段階中である、昨年12月15日(木)に国内で製作発表記者会見を実施した際に30秒の特報映像をWEBにて情報解禁しました。

同映像を海外向けに英語字幕付の特報としてスタジオポノックYOUTUBEにて配信を行ったところ、早くも映画への期待の声が高まり、SNSで世界中に特報映像が拡散されたことをきっかけに、アメリカ、イギリス、フランス、オーストラリア、中国、韓国。その他、南米、中東、アフリカ諸国など全大陸(但し南極大陸はのぞく)の国・地域の配給会社及びエージェントからのオファーがスタジオポノックへ殺到。

日本を皮切りに公開された『メアリと魔女の花』は、今後、全世界155ヵ国・地域の公開に向けて展開されます(7月13日現在)。
なお、英語吹替え版では、大物俳優による声の出演も予定しています。

●世界公開に向けて、スタジオポノック・西村義明プロデューサーによるコメント
前作『思い出のマーニー』でフィンランドの映画祭に参加したときに、5歳くらいの女の子が緊張しながら米林監督にサインを求めてきました。監督が描き終えた『マーニー』の絵を見て、大喜びしていたその子の笑顔が『メアリと魔女の花』の原動力です。『メアリ』が日本だけでなく世界中の方々、3DCG作品ではなく初めて日本の手描きアニメーションに触れる子どもたちにも、愛されることを期待しています。

メアリと魔女の花●『メアリと魔女の花』
この夏、メアリは出会う。
驚きと歓び、過ちと運命、そして小さな勇気に。
あらゆる世代の心を揺さぶる、まったく新しい魔女映画が誕生!

赤い館村に引っ越してきた主人公メアリは、森で7年に1度しか咲かない不思議な花《夜間飛行》を見つける。それはかつて、魔女の国から盗み出された禁断の“魔女の花”だった。

一夜限りの不思議な力を手にいれたメアリは、雲海にそびえ立つ魔法世界の最高学府“エンドア大学”への入学を許可されるが、メアリがついた、たったひとつの嘘が、やがて大切な人を巻き込んだ大事件を引き起こしていく。

魔女の花を追い求める、校長マダム・マンブルチューク。
奇妙な実験を続ける、魔法科学者ドクター・デイ。
謎多き赤毛の魔女と、少年ピーターとの出会い、そして……。

メアリは、魔女の国から逃れるため「呪文の神髄」を手に入れて、すべての魔法を終わらせようとする。しかしそのとき、メアリはすべての力を失ってしまう――。
しだいに明らかになる「魔女の花」の正体。
メアリに残されたのは一本のホウキと、小さな約束。

魔法渦巻く世界で、ひとりの無力な人間・メアリが、暗闇の先に見出した希望とは何だったのか。
メアリは出会う。驚きと歓び、過ちと運命、そして小さな勇気に。
あらゆる世代の心を揺さぶる、まったく新しい魔女映画が誕生する。

・スタッフ・キャスト
英題:Mary and The Witch’s Flower
キャスト:杉咲花 神木隆之介
天海祐希 小日向文世 / 満島ひかり 佐藤二朗 遠藤憲一 渡辺えり / 大竹しのぶ
原作:メアリー・スチュアート(KADOKAWA刊)
脚本:坂口理子
脚本・監督:米林宏昌(『借りぐらしのアリエッティ』『思い出のマーニー』)
音楽:村松崇継
プロデューサー:西村義明
制作:スタジオポノック
製作:「メアリと魔女の花」製作委員会

『メアリと魔女の花』
全国東宝系にて★大ヒット公開中★

(C)2017「メアリと魔女の花」製作委員会

→『メアリと魔女の花』の記事を探す