MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『コードギアス』イベント、生アフレコやサプライズ発表で大盛り上がり

『コードギアス 反逆のルルーシュ』10周年を記念し、福山潤さん、櫻井孝宏さんらメインキャストが出演するイベント「コードギアス 反逆のルルーシュ キセキのアニバーサリー」を開催!

アーティストライブ、生アフレコなどで、お祝いにかけつけたファンは大興奮。
さらに劇場総集編3部作、新プロジェクト『コードギアス 復活のルルーシュ』がサプライズ発表!

出演者のオフィシャルコメントも到着!

コードギアス 反逆のルルーシュ キセキのアニバーサリー

TV放送から10周年を迎えた『コードギアス 反逆のルルーシュ』。
その10周年を記念し、メインキャストが登壇するイベント「コードギアス 反逆のルルーシュ キセキのアニバーサリー」が11月27日、舞浜アンフィシアターにて開催されました。

取材した昼の部はもちろん満席。そのあまりの応募数のため、夜の部を追加、さらにイベントの様子をライブビューイングで他会場へ生中継するなど、多くのコードギアスファンがお祝いに参加しました。

このイベントにはルルーシュ・ランペルージ役の福山潤さん、枢木スザク役の櫻井孝宏さん、C.C.役のゆかなさん、紅月カレン役の小清水亜美さんが出演。進行はジェレミア・ゴッドバルド役の成田剣さんが担当し、さらに主題歌を担当したALI PROJECT、Hitomiさんがライブパフォーマンスを披露しました。

コードギアス 反逆のルルーシュ キセキのアニバーサリー

イベント来場者には招待状が送られていたのですが、その中に暗号が仕組まれており、その謎を解くべく、『コードギアス 反逆のルルーシュ』を振り返る映像に合わせ、キャスト陣による生アフレコが行われます。

ルルーシュとC.C.の契約から始まる『コードギアス 反逆のルルーシュ』。親友でありながら、時には敵対し、時には共闘するルルーシュとスザク。日本の独立のためにブリタニア帝国に戦いを挑んでいくルルーシュことゼロと黒の騎士団。ギアスの暴走により悲劇にみまわれるユーフェミア、ルルーシュが愛してやまないナナリーなど、2期にわたって描かれたルルーシュの戦いが、メインキャストが目の前で生アフレコを行うという贅沢な舞台となりました。

コードギアス 反逆のルルーシュ キセキのアニバーサリー

クライマックスとなるルルーシュの最期のシーンでは、ハンカチで涙をぬぐうファンの姿があちらこちらで見受けられるほど、臨場感あふれる生アフレココーナーは、ALI PROJECTによる「勇侠青春謳」「わが臈たし悪の華」、Hitomiさんの「Innocent Days」「Continued Story」などのパフォーマンスと、FLOW、ORANGE RANGEからのメッセージ映像を間に挟みながら、『コードギアス 反逆のルルーシュ』がつむいだ物語を蘇らせました。

コードギアス 反逆のルルーシュ キセキのアニバーサリー

生アフレココーナーの後は、キャスト陣によるトークが行われ、それぞれが10周年への想いを語ります。また、当初敵だったジェレミアがR2でルルーシュの臣下になった際の福山さんと成田さんのエピソードや、オーディションの話といった裏話も語られ、10周年記念イベントならではのトークに会場は大盛り上がり。

そして招待状に仕組まれた暗号について、「魔神の復活」という言葉が隠されていたこと、生アフレコによってルルーシュが復活したことを指しているという謎解きが行われます。

最後に福山さんが「この作品に関わったことで変わった1人だと思っています。これからの10年もこの作品を愛してください」というメッセージを伝え、キャストが舞台を後にすると、スタッフロールがスクリーンに映し出されイベントは終了……と思いきや、ステージ上にゼロが登場!

コードギアス 反逆のルルーシュ キセキのアニバーサリー

「魔神の復活……10年の時を待った者たちよ、聞け!」というゼロの言葉の後、スクリーンには新たな映像が登場。「ゼロレクイエムから数年後」というテロップから始まったこの映像には、『コードギアス』のキャラクターたちの姿が映し出され、スザクやルルーシュが映し出されると観客席は大きくどよめきました。

そして、「劇場総集編『コードギアス 反逆のルルーシュ』全3章 制作決定!」という表示の後、「Next Project『コードギアス 復活のルルーシュ』企画始動!」という文字が映し出されると、会場のどよめきはファンからの歓声に変わります。

ここで谷口悟朗監督、シリーズ構成の大河内一楼さんが登場。新たなプロジェクトの話題へ。キャスト陣も数時間前に観たばかりというこのPVは、作品制作前のイメージボード代わりに作成した映像とのこと。

この後の話題はもちろん劇場総集編と『コードギアス 復活のルルーシュ』について。劇場総集編はTVシリーズ全50話を3本に編集するだけでなく、新作パートも加わるとのこと。セリフを含めた音声はすべて録り直すという監督の言葉に小清水さんは「新作パートだけじゃなくて!?」と驚いた後、「ルルーシュ……」と呼びかける自分の声を確認していました。

そして『コードギアス 復活のルルーシュ』については、大河内さんが「主人公はルルーシュ。別世界のルルーシュですとか、偽者のルルーシュです、ということはしないです」と断言。さらにR2のラストとなったゼロレクイエムから数年後の話で、時間軸としてそのままつながる続編であることが明らかにされます。

谷口監督からは「みなさんのおかげで次のステージに進めます。『コードギアス』を知らない人にも広めていきたいと思いますし、これからも応援よろしくお願いします」と、ファンへの感謝と次のプロジェクトへ向けてのメッセージが語られました。

さらにここでサプライズとして、accessによる「瞳の翼」のライブパフォーマンスが行われ、会場は大きく盛り上がりました。

コードギアス 反逆のルルーシュ キセキのアニバーサリー

最後は福山さんによる「ルルーシュ・ヴィ・ブリタニアが命じる。次にまみえるそのときまで、刮目して待て!」の言葉で、イベントが終了しました。

この10周年イベント「コードギアス 反逆のルルーシュ キセキのアニバーサリー」は、12月23日からアニメイトチャンネルにて期間限定で独占配信されるほか、Blu-ray&DVDが2017年4月21日に発売されます。このBlu-ray&DVDには、イベントで上映されたPVが特典映像として収録されます。

●「コードギアス 反逆のルルーシュ キセキのアニバーサリー」キャストオフィシャルコメント
コードギアス 反逆のルルーシュ キセキのアニバーサリー・福山潤さん(ルルーシュ・ランペルージ役)
10年の重みというのは私も十分に感じておりまして「またやれるんだ!」、「またあの熱量をまた自分たちで絞りだすんだ!」というところもありながらも、その戦いが大変待ち遠しいという気持ちもございます。これからちょっとずつ、また自分でも積んでいかないといけないなと思っております。

自分にとっての『コードギアス 反逆のルルーシュ』で過ごした当時の2年間というのはそれほど濃密な熱量がありました。だからその熱量に負けない、それ以上のものを今度の劇場3部作で、振り返るだけではなく、新たな熱量で皆様をお迎えしたいと思っております。

その先に『復活のルルーシュ』というものがあります。ただ、そこはまだ考えないようにいたします。まずは目の前にあるものを一個一個、積み重ねていって、その先にきっと、僕が谷口さんに掛けられたギアスがパワーアップするのではないかなと思っております。

皆様にはこれからの10年と言わず、我々が送り出す一つ一つの大きなものに、是非とも皆様のお力を添えて頂けましたら幸いです。本日は誠にありがとうございました。

コードギアス 反逆のルルーシュ キセキのアニバーサリー・櫻井孝宏さん(枢木スザク役)
本日はどうもありがとうございました。
「モザイクカケラ」が流れて「ああこれで終わりか」って思いました? びっくりしました?

あの怒涛の発表があって、実際に大河内さんと谷口さんの声と言葉でその先があるという話を聞けて、とても嬉しかったです。僕らもさっき映像を観たばっかりなので、ほとんどみなさんと同じような気持ちです。

今日は、この10年の軌跡をぎゅっと絞り出したようなステージだったんですが、この作品がまた10年も楽しめるのかと思うと感無量です。

またみなさんと一緒に『コードギアス』を作っていきたいと思っておりますので、これからの10年もよろしくおねがいいたします。


コードギアス 反逆のルルーシュ キセキのアニバーサリー・ゆかな(C.C.役)
お越しくださった皆様、ライブビューイングで全国からご覧になっている皆様、今日は本当にありがとうございました。今日こうして10年間のみなさんの愛情をいただきまして、本当に光栄です。

これから先、今日お目にかかった皆様、そして今日まだお目にかかっていない皆様も、またどこかでお目にかかれる日を本当に楽しみにしています。

C.C.としてもギアスを預けた責任をとても感じる10年でした。この先きっとC.C.もまだ見てない10年が彼の力で紡がれていくんじゃないかと。そういうのも見てみたいかなって個人的にも思っています。

私たちも先のことはまったく聞いておりません。ですのでこれはただの願望ですけれども。そんなこともあったらいいなと思います。

本当に今日はありがとうございます。またどこかで。C.C.役ゆかなでした。

コードギアス 反逆のルルーシュ キセキのアニバーサリー・小清水亜美さん(紅月カレン役)
今日は本当にもりだくさんなイベントでしたね! いろいろと新発表を聞いて、うれしいこともあり、それと同時にこれからに備えなければと思うこともたくさんありました。というのも、私はカレンももちろんのこと、兼ね役も結構やらせていただいていまして、それを振り返らなきゃいけないなって思いました。

今日のイベントの生アフレコでも「そうだマオの子供時代は私がやってたんだっけ」と思い出したりしまして、まずは収録し直すという劇場3部作に向けて、今からウォーミングアップを始めたいなと思います。

今日イベントをやらせていただいて、みなさんとこうしてお別れをするときに「また、いつかわからないけどまたね」ってお別れするのかなって思っていたんですけれども、またすぐに会えるっていう、笑顔でお別れができるっていうのは、とてもうれしいです。

ちょっとフラットな感じになりますけれども、みんな、すぐまたね! ありがとうございました。

コードギアス 反逆のルルーシュ キセキのアニバーサリー・成田 剣さん(ジェレミア・ゴッドバルド役)
本当に10年なんてあっという間に過ぎちゃうし、あっという間に年を取ります。イベントは帰るまでがイベントです。気を付けて帰ってくださいね。それからライブビューイングのみなさん、観てますか?

来年また会いましょうね。いい年になるようにがんばりましょう。ありがとうございました。


コードギアス 反逆のルルーシュ キセキのアニバーサリー●谷口悟朗監督、大河内一楼さんオフィシャルコメント
・これまでの10年について
大河内さん:10年前は本当に何もないところから始まりました。最初は、谷口監督と、サンライズの河口さん、バンダイビジュアルの湯川さんのたった4人で、何もないところからはじまって、それがTVアニメになったり、ゲームや本になったり、フィギュア、おもちゃ、遊技機、舞台いろんなものになって、10年間広がって、続いて、本当にありがたいことだと思います。これも10年間『コードギアス』を愛してくれた皆さんのおかげです。改めてお礼を言わせてください。本当にありがとうございます。

・これからの10年について
谷口監督:まずは、ファンの皆さんにお礼を言わせてください。ありがとうございました。その上で、『コードギアス』はNext Stageに移ります。次の10年を見据えて、元々の出発点であります『反逆のルルーシュ』編をきちんと見つめなおそうということになりました。ここを含めた上で、次の10年、さらに、さらにより高いステージをめざし、頑張っていきたいと思います。よろしくお願い致します。

・新作PVについて
谷口監督:通常、作品を作る時はイメージボードを起こすのですが、今回はより多くのスタッフ共通認識を持ってもらおうと静止画ではなくムービーにしました。私と大河内さんが考えている内容を表したイメージムービーで、これから始まるNext Stageの起点になる映像になります。

・劇場総集編について
大河内さん:TVシリーズ50本を、3本にまとめたものです。初めて本作に触れる人が、この3本を観れば大体大丈夫だというものになるのではないかと思っています。とはいえ、ただ切って繋げただけではありません。

谷口監督:情報量のとても多い作品ですので、情報を圧縮し、整理して伝えてあげないと訳が分からなくなる、ということが起こってしまいます。先ほど大河内さんもおっしゃっていた新規のファンもきちんと見据えていきたいと思っています。分かりやすくするため、新作パートも何カットか加えます。音声に関しても、セリフを書き起こしまして、新しく録り直していこうと思っています。今までのところも全て新録したいと思います。

コードギアス 反逆のルルーシュ キセキのアニバーサリー・ネクストプロジェクト『復活のルルーシュ』
谷口監督:ルルーシュが生きていてまた新しいお話が始まるのかどうか、とのことですが、キャラクターが生きているのか死んでいるのかは、どうでもよいことだと思っています。それ自体は私は特に何をどうこうということは考えていなくて……その部分に関しては実作業を行われる脚本の大河内さんにも聞いてみましょう。

大河内さん:主人公はルルーシュです。それが、別世界のルルーシュですとか偽物のルルーシュです。ということにはしないです。あの結末からどうなってそうなるかは期待してください。

谷口監督:本プロジェクトが次に向かうにあたってまずやらなければいけないのは、『反逆のルルーシュ』編を整理することです。そのために、TVシリーズの再編集を行い、まとめなければいけませんので、その作業をきちんとやっておきたいと思っています。

その上でファンの皆様に対し、私の口から言っておかねばならないことがあります。放送開始から10年です。キャストにしろ、スタッフにしろ作品に本来関わって欲しい人たちも、もはや関わることができない状態になっていることもいくつかあります。

今年の10月に玉城真一郎役の田中一成氏が逝去されました。その連絡を受けた時に、一度私の中ではキャラクター自体を封印しようかと悩んでいた時期がありました。その後、大河内さんから言われまして「田中一成さんが生きていたら、なんて言うかな。やはりキャラクターを全うしてほしいと言うんじゃないか」と。その言葉を受け、私なりに考えなおしました。

残った私たちが想いを引き継いで未来に繋げていく。それが『コードギアス』というものなんだろうと。そのように考えております。そういう考えのもとで、まずは総集編3部作、そしてその先にありますネクスト・プロジェクト『復活のルルーシュ』こちらに全力をあげて取り組んでいきたいと思います。

・ネクスト・プロジェクト『復活のルルーシュ』について
谷口監督:『R2』の後の時代になりますので、時間軸自体はそのまま続いています。ここは間違いないです。

大河内さん:『R2』の続編ととらえていただいて大丈夫です。

「コードギアス 反逆のルルーシュ キセキのアニバーサリー」公式HP:http://www.geass.jp/lelouch_10th/
公式Twitter:@GEASSPROJECT

(C)SUNRISE/PROJECT GEASS Character Design (C)2006-2008 CLAMP・ST

●次の記事もオススメ ——————
『反逆のルルーシュ』の続編『コードギアス 復活のルルーシュ』が始動!

『コードギアス 反逆のルルーシュ』豪華キャスト集合、10周年イベント!

→『コードギアス』の記事を探す