MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

トム・クルーズ、ジャパンプレミアでファンサービス2時間超え!

『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』ハリウッド映画“初”新宿にレッドカーペット!
夏を熱くする男トム・クルーズ、ファンサービスに2時間超え!
ジャパン・プレミアでファン1000人が熱狂!

伝説のスパイ、イーサン・ハントに絶対不可能なミッション発令?
ハリウッド映画“初”新宿歌舞伎町レッドカーペッド(長さ61m)
スカイカーペット(高さ40m)も登場! ジャパンプレミア開催

ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション

超人気シリーズ『ミッション:インポッシブル』の最新作『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』の今月8日の日本公開に先駆けて、本作のPRのため、21回目の来日を果たしたトム・クルーズ、クリストファー・マッカリー監督、ブライアン・バークプロデューサーが登場するジャパン・プレミアが、本日ハリウッド映画“初”となる新宿歌舞伎町で、開催されました!

会場には全国からファンが1000人以上、マスコミはムービーカメラ50台、スチールカメラ60台、記者40台人以上が詰めかけ熱気に包まれる中、伝説の敏腕スパイ:イーサン・ハントを演じるトム・クルーズが、笑顔でレッドカーペットに到着すると、この日一番の大歓声が巻き起こり、会場の熱気は最高潮に! その後、監督、プロデューサーと登場し、レッドカーペット上は大盛り上がり。

この日は気温30度以上の炎天下の中、朝早くから待ち望んでいたファン1000人は、こぞってトムや監督にサインや写真撮影をリクエストすると、トムは笑顔で一人一人に丁寧に応じ、たっぷり約2時間を超えるファンサービスを行いました。

またこちらもハリウッド映画では“初”となるスカイカーペットを実施したプレミアのステージイベントでは、イーサン・ハントに扮したパフォーマーがゴジラステージから登場し、地上40メートルにて空中スタントを披露しました。

ステージ上で、トムは日本のファンに向けて、「また日本に帰ってこられてうれしい。今回が21回目の来日になるんだ。いつも来られてうれしいよ。今日のような暑い中、集まってくれて本当にありがとう! 『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』はとても自信作です。暑い夏にポップコーンを食べながら観るのがぴったりの最高のエンターティンメント作品に仕上がっています。アクション、サスペンス、ユーモアのある映画が観たい人には本当にオススメするよ。是非涼しい映画館で楽しんでくださいね! ドーモアリガトウ!」とコメントを寄せました。

同じく登壇したクリストファー・マッカリー監督も「日本に再び来られてとても嬉しいです! 私たちを迎えてくれた新宿のみなさん、ありがとうございます!」と2回目の来日を喜びました。

さらにこの日特別ゲストとして、ステージイベントのオープニング登場したサムライ・ギタリスト MIYAVIさんは、自身がアレンジを担当した、本作『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』の日本版テーマ曲を生演奏し、会場を沸かせました。

テーマ曲のアレンジで本作に参加したMIYAVIさんは「日本人のアーティストとして、こんなに歴史のある、誰もが知っているテーマ曲のアレンジに携わることができて、俳優としてではなく映画に関われたことは光栄です。僕としても誰もが知るこの音楽に今の音楽をどうミックスできるか、非常に困難なミッションでした。映画は素晴らしく、不可能なミッションにチャレンジし続ける姿勢にすごく刺激を受けました」とコメント。

また、MIYAVIさんの演奏についてトムは、「すごかった!! 彼はすごいミュージシャンだね! カッコいいし、才能たっぷりなミュージシャンだよ。」と大絶賛し、クリストファー・マッカリー監督も「彼は伝説的なミュージシャンだよ! 素晴らしい!」と賛辞を送り、大盛り上がりの中、ジャパンプレミアイベントは終了しました。

『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』
8月7日(金)より全国公開!

(C)2015 Paramount Pictures. All Rights Reserved

●次の記事もオススメ ——————
『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』全米&海外興収初登場No.1

トム・クルーズ「やっぱりやるんじゃなかったかな……」来日記者会見

『M:I』シリーズ最高傑作を引っ提げ、トム・クルーズ来日!

イーサン・ハントの日記念 ノンスタイル井上が迫力の飛行機スタントに挑戦!?

シネマコンで、シュワルツェネッガーとトム・クルーズの2ショットが実現!