MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

氷頭は生きていた『GONIN サーガ』根津甚八が本作限りの復活!

バイオレンスアクション大作『GONIN』から19年……新たな伝説が始まる!
監督:石井 隆×主演:東出昌大
『GONIN サーガ』

前作・氷頭が今回のGONIN最後の一人に!
根津甚八が本作限りの復活!
前作に続き、佐藤浩市、鶴見辰吾の出演も決定!

GONIN サーガ

前作『GONIN』(1995)にて汚職で警察をクビになった元刑事・氷頭(ひず)を演じた根津甚八。その圧倒的な演技で見る者の心を鷲掴みにした。氷頭は前作のラストでビートたけし演じる京谷の銃弾を受けるが、本作ではそれから19年後。銃弾を受けながらも生死の境をさまよい、植物状態で生きていた氷頭が本作のGONIN最後の一人として登場します!

唐十郎主宰の状況劇場で圧倒的スターとして人気を博した根津甚八は、1975年に『娘たちの四季 愛は素直に』(CX)でエランドール賞を受賞。1980年には黒澤明監督の『影武者』に出演。1982年『さらば愛しき大地』で数々の映画賞を受賞。1985年に再び『乱』(黒澤明監督)で世界的評価を得るなど日本映画界を代表する存在として数多く作品に出演。

しかし俳優業を続ける中で体調を崩し、その後、2001年には右眼下直筋肥大の病気で複視を患いながらも俳優業を続けていましたが、映画『るにん』(2004/奥田瑛二監督)の出演を最後に、役者としての活動を休止。復帰のためのリハビリとトレーニングを続けていましたが、2010年に発行された書籍「根津甚八」の中で、事実上の俳優業の引退を表明しました。

しかし「“氷頭は生きていた”を糸口にした『GONIN』のその後を根津さんとどうしても撮りたかった」という、監督からの想いのこもったオファーを受け、根津もそれに応える形で、本作への出演を決意。映画作品としては11年ぶりの出演となり、さらに本作が映画出演50作目の作品となります。

石井監督との付き合いは長く7本の作品に出演。根津本人の出演映画作の中でも石井監督作品への出演が最多となり、まさしく盟友と呼べる存在。今回、監督渾身の企画である『GONIN サーガ』で一度限りの復活を果たします。

さらに、その想いに答えるかのように、佐藤浩市、鶴見辰吾も前作と同じく、それぞれ万代(ばんだい)、久松(ひさまつ)役での出演が決定! まさしく19年の時をこえた時代を繋ぐ壮大なサーガのキャスティングが実現しました!

GONIN サーガ

●根津甚八コメント
自分自身が志すような演技者であることが、困難になったため、引退を決めたが、今回、石井監督自ら、自宅に来て丁寧に「どうしても手伝ってほしい、根津さんでなければ……」という殺し文句と「できるかできないか脚本を読んで決めてほしい」という熱心な説得で、本をじっくり読んで、これなら、今の自分に出来るという気持ちがわいてきた。

今迄の石井監督へ感謝の気持ちもあり、素直な気持ちで、今一度、自分自身を試してみようと思った!

撮影が始まってからは、久しぶりの撮影現場の空気に気持ちが高揚して、自分はこの仕事が心底好きなんだと改めて感じた。

自分のための、セット作りも大変だったと思うのに、無理のないようにと細やかな心遣いをして、いただいた。心からの、お礼を言いたい。

全ての撮影が終わった後、若い役者達が車まで追いかけてきてくれた。皆と握手をして、車が見えなくなるまでずっと手を振って見送ってくれたことが忘れられない。そして、完成された作品を見て、素晴らしい役者達に恵まれた映画になったと心から、思えた。

最後に……石井監督でなければ、この仕事は受けなかった。自分を理解してくれ、役者としての自分を最大限に生かしてくれると無条件で信頼できる人。

天が再び機会を与えてくれるものなら、仕事を続けたかった思いももちろんある。
でも、監督や共演者を始め、スタッフ全員の支えがあって、やり遂げたことで、未練を捨てて、終止符を打てたと思うし、そう思える機会を与えてくれた方々に深く感謝している。

●石井監督からのコメント
出逢いは赤テントで間近に見た“根津甚八”で、僕が監督二作目の『月下の蘭』で幸運にもご一緒出来た時には“ハードボイルドが似合うアクションスター根津甚八”だった。

以来、僕の劇に同居するハードボイルドな村木と思索型の村木、僕にとっての“二人の村木”と何本映画を撮ったのか。撮影で落馬して腰を痛めているからとベルトを巻いて現場に出ているのを知っていたのに、ハードなアクションシーンで何度もテストをやるものだから、「石井組は何時もこれだよ、シンドイ」と、あの目で笑いながら、あの声で言われたものだ。

そんな根津さんとどうしても撮りたかったのが、“氷頭は生きていた”を糸口にした『GONIN』のその後で、僕は随分前にその脚本を書き下ろしていた。だから根津さんが体調不良と言うのはメールのやり取りで知っていたが、突然の引退のニュースは無念だった。しかし、奥さんが著した『根津甚八』、そこに載っていた車椅子に腰をかけ、窓辺で佇んで外を見ている陰影の深い根津甚八の近影——そこには大スター・根津甚八が居るではないか。

僕は迷惑も顧みず、取り憑かれたように根津さんに何度目かのオファーをしていた。スクリーンの中で根津甚八に再会したかったから。だが正直に言えば、「思うような芝居が出来ない」と引退した根津さんの気持ちを知るだけに、再び一緒に映画の現場に立ちたいという僕の思いは、根津さんに会うまで引き裂かれていた。駄目だったらこの物語は僕の中で葬ろうーーそう思っていた。ところが、根津さんは受けてくれた。

凄い! やはり根津甚八はどこまでも役者・根津甚八だ、僕は現場で皆からなんと思われようとも、役者と監督と言う形で向き合わなければ失礼だ、と心に決めて現場に臨んだ。根津さん、もう一回! もっと粘って! もっと! もっと!と、“根津甚八の今”を撮るのが恩返しと思って現場で叫んでいた。

●根津甚八さんへのキャストからのコメント
・東出昌大 主演:久松勇人(ひさまつはやと)役
GONINの五人目が、根津さん(役名、氷頭)だと初めて聞いた時は、映画ファンの皆さんと同じように驚嘆しました。

病院のシーン。テストをするかと監督が根津さんに確認すると、「本番」と一言仰有り、現場は並々ならぬ緊張感に包まれました。

這う格好の氷頭が僕らを睨み、台詞を一言。

氷頭のあの迫力に圧倒されたその時、現場で声を荒げたり怒鳴ったりした事のない石井監督が「氷頭さん顔上げて」と叫ぶ様に演出をなさいました。ご病気で麻痺の残る根津さんに叫ぶ監督の声は、自分の身も引きちぎる思いと共に叫んだ声なのだと瞬間に理解しました。

その日の帰り、根津さんのお車を送り出す時、僕は何も言葉が浮かんでこなかった事を覚えています。

感動とか、言葉にするだけ無駄な思いを、根津さんと共演させて頂き、感じました。

・桐谷健太 大越大輔(おおごしだいすけ)役
役者として、これまで歩んできた道で気づけた事、これからも血がかよった役をまっとうしていきたいとゆう想い。その真ん中で、今回根津甚八さんと いう役者と出逢えた事や現場を共にできたことは本当に素晴らしい経験になりました。

役者魂という言葉では足りないくらいの強く、しなやかな信念を僕たちに感じさせてくださいました。

役者って本当に最高だと、改めて想わせてくれた根津さんに心から感謝。
根津さん、石井監督、スタッフキャストの皆さん、本当にありがとう。また逢いたいです。

・土屋アンナ 菊池麻美(きくちあさみ)役
多くの人々から尊敬され、映画の世界でも素晴らしい実績を残されている根津さんとこの素晴らしいGONINという作品に共演でき嬉しく思います。今回の作品での彼の演技は誰もが鳥肌を立ててしまうくらい感動するのではないかと思います。根津さんという1人の才能の持ち主とご一緒できて光栄です。

・柄本 佑 森澤慶一(もりさわけいいち)役
初日、現場に入られた根津さんのお顔が紅くなっているのを見て「あっ緊張してらっしゃる」 と、思いました。しかし、1回目のテスト。監督の「よーい」の声がかかった途端、 みるみる顔から緊張が消えていき、間違いなく氷頭要の狂気が浮かび上がってきました。驚きました。しかも、表情だけでなく「よーい」を聞いた途端根津さんの中で何かが沸騰していくような、湧き上がってくるようなものを自分も間違いなく感じたんですものっ。

それからは撮影が 進んでいくうちにどんどん若々しく、瑞々しくお顔もどこか端正になられていく根津さんの表情を見て役者……いや、それを通り越して人 間ってすげぇなと実感しました。根津さんと共演させていただけたことは自分の中で財産となりました。ありがとうございます。試写を観させ ていただいきましたが……根津さんマジで1番カッコ良かったっす!!

・安藤政信 式根誠司(しきねせいじ)役
石井作品での根津さんの演技は全ての芝居がもう完璧と言っても言い過ぎじゃないと思っていました。

石井監督と根津さんの二人の間の深い愛を石井作品ファンとして現場で見れたこと、そして全てをさらけ出す根津さんの役者としての姿に心を掴まれました。二十代半ばで根津さんと共演してからまた再会できたことが凄く嬉しいです。

勉強になりました。ありがとうございます。

・プロデューサー(KADOKAWA:二宮直彦)よりコメント
監督の最も拘ったキャスティングでした。
しかし根津さんは俳優業を引退されており、監督がご自宅まで行かれて直接口説かれご出演の快諾をい ただきました。
根津さんも相当な覚悟でお受けになられたと思います。

現場にいらっしゃった根津さんはまさにGONINの【氷頭 要】として役に入りこまれており、凄味を感じました。

現実と映画が交錯し張り詰めた現場の空気の中、最後の壮絶なアクションシーンはスタッフ全員が涙しながら撮りました。

これで新たな伝説のGONINが揃いましたね。
劇場の大きなスクリーンでご堪能ください。

●今回発表のキャスト・キャラクター紹介
・氷頭 要(ひず かなめ)役 根津甚八
御職で警察をクビになった元刑事。19年前の事件で、妻と娘を五誠会に殺され、勇人(東出昌大)と大輔(桐谷健太)の父親、久松茂(鶴見辰吾)と大越康正(永島敏行)に復讐を果たすが、ヒットマン・京谷(ビートたけし)の銃弾に倒れる。それから19年後。銃弾を受けながらも生死の境をさまよい、植物状態のまま現在に至るが……。

・万代 樹彦(ばんだい みきひこ)役 佐藤浩市
19年前のディスコ「Birds」のオーナー。かつてはバンドのギタリストで、バブル時代にはヤングエスタブリッシュメントとしてマスコミにももてはやされたこともあったが、バブルがはじけ大越組に多大な借金をしていた。19年前のGONINのリーダー格で現金を強奪するも、京谷達により射殺。

・久松 茂(ひさまつ しげる)役 鶴見辰吾
19年前の事件当時、大越組の若頭。GONIN組に現金を強奪されるが氷頭に殺害される。妻は安恵、息子は勇人。

●スタッフ・キャスト
東出昌大 桐谷健太 土屋アンナ 柄本 佑 安藤政信
テリー伊藤 井上晴美 りりィ 福島リラ 松本若菜 菅田 俊 井坂俊哉 / 根津甚八
鶴見辰吾 / 佐藤浩市(友情出演) / 竹中直人

監督・脚本:石井 隆
劇中歌:「紅い花」歌:ちあきなおみ
「ラスト・ワルツ」歌:森田童子
エグゼクティブ・プロデューサー:井上伸一郎
企画:菊池 剛 加茂克也
プロデューサー:二宮直彦 阿知波 孝
撮影:佐々木原保志(JSC)山本圭昭
照明:祷 宮信
美術:鈴木隆之
録音:郡 弘道
音楽:安川午朗
ラインプロデューサー:小橋孝裕
キャスティング:東 快彦
助監督:日暮英典
制作担当:高見明夫
製作:KADOKAWA ポニーキャニオン 電通 ファムファタル ソニーPCL
制作プロダクション:ファムファタル
配給:KADOKAWA/ポニーキャニオン

『GONIN サーガ』
9月26日(土)TOHOシネマズ 新宿他、全国ロードショー

(C)2015『GONINサーガ』製作委員会

●次の記事もオススメ ——————
石井隆監督作『GONIN サーガ』クランクアップ、キャストコメント到着

石井隆監督作『GONIN』新たな物語が幕を開ける。『GONIN サーガ』公開決定