MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

4月アニメ放送開始『神々の悪戯』キャストインタビュー第2弾到着!

神々の悪戯4月5日より放送が開始されたアニメ新番組『神々の悪戯』
そのキャストインタビュー第2弾が届きました!


Q:本作のアニメ化が決定したときの感想をお聞かせください。
入野自由さん(アポロン・アガナ・ベレア役/以下、入野):誰のエピソードをどういう風にアニメ化するのかが気になりました。全キャラクターのエピソードを知っているわけではないですし、アポロンのどのエピソードがアニメで使われるのか、そこに他のキャラクターのストーリーがどう絡んでくるのか、その辺りがすごく気になったんですよ。
現時点ではアポロンのルートのとあるエピソードが序盤にあって、その後にもうひとつ……とこれ以上は言えませんが、あるエピソードが出てくるとは聞いているので、ゲームをプレイされている方は想像しながらお待ちください。また、エンディングが悲恋なのかハッピーエンドなのか、はたまたそれ以外なのかと、最終的な結末がどうなるのか期待していてほしいです。
豊永利行さん(戸塚 尊役/以下、豊永):ゲームは、収録が終わってしまえばその時点で声優の仕事は終わってしまうことが多いので、アニメ化のお話を聞いたときは、また尊のお芝居ができるうれしさがありましたし、ゲーム収録で反省したことを活かして、もうちょっと上のお芝居を目指すきっかけを与えてもらった気がしたので、ファンのみなさん、スタッフのみなさんに感謝したいです。
細谷佳正さん(ロキ・レーヴァテイン役/以下、細谷):ロキはいろいろな表情や側面があって、『神々の悪戯』のキャラクターのなかで一番変化が多いキャラクターだと思っています。とはいえ、ゲームでは静止画がほとんどですので、そのなかで動きや変化、表情をイメージしてもらえるように自分でもいろいろと考えて自由度高くセリフを言わせていただいていました。縦横無尽に自由なキャラクター、として表現していたので、アニメ化と聞いてうれしいのと同時に、この自由に演じたキャラクターがアニメでどう描かれるのか、どう表現されるのかなと思いました。僕が想像している動きと実際のアニメーションが同じなのか、変わってくるのかに合わせて自分の演技も変化するので、今後のアフレコが楽しみでありつつ、緊張しています。

神々の悪戯

Q:アフレコを終えての感想をお願いいたします。
入野:ゲームで様々な感情表現をするアポロンを演じてきたので、アニメだからどうしようということはなくすんなりとアフレコを終えることができました。すでにちゃんと作りこまれている役だったので演じるうえでの難しさもありませんでした。
豊永:尊に限ってですが、彼は“神化”するとアクションシーンが多く、恋愛ルートもザ・ファンタジーストーリーみたいな感じなので、それがアニメ化によって動きや色遣いが想像を超えてここまで派手になるんだ、きれいになるんだと驚かされました。また、結衣ちゃんが学園にきてからのハリウッド映画感がすごいです。
細谷:ホグワーツ的なね!
豊永:そうそう(笑)。背景はもちろん、世界観の厚みや奥行きのある描写がものすごく表現されているなと思いましたね。あとアニメだと演者さんがそろってお芝居ができるので楽しいです。他の方のお芝居を見ることで僕も触発されるので、とても恵まれた機会だなと思っています。
細谷:先ほども言いましたが、ロキは表情や動きの変化がものすごくあるので演じがいと同時に大変さもあります。アニメならではの描き方もされるでしょうし、それに自分があわせられるか緊張感もあります。でも、トッシーも言うように、他の演者さんのお芝居を間近で聞くことができるので楽しいですね。また、僕やトッシーはストーリーの鍵や転換点になるような仕掛けをする側なので、そういう瞬間は演じていておもしろいし、ワクワクします。
あと、僕はゲームをやった人だけしか見ないアニメにはしたくなくて、アニメを見てもゲームをやりたい、ゲームをやったからこそアニメも見たいという作品にしたかったんです。ですので、音響監督さんと演技プランやアニメにおける世界観、設定というのを話しあってキャラクターをある意味、再構築しました。
Q:「アニメ化される」ということで、はじめて本作に触れる方もいらっしゃると思います。そこで、ご自身が演じるキャラクターについて、その魅力とあわせてご紹介をお願いいたします。
入野:アポロンは太陽神なので、天真爛漫で明るいところが一番の魅力です。また、見た目は美青年で周囲をひっぱっていく存在でありながら、意外と子どもっぽいところもあってかわいいんですよ。でも、じつは……というところが隠されているので、そのギャップも魅力のひとつです。特徴は、同じことを2度繰り返して言うところです。ゲームの収録のときからどういう風に言おうかとスタッフさんと話してやってきたので、アニメではそれがどう表現されたのかをぜひ見てほしいです。
基本的に思っていることがまっすぐ出ていくキャラクターなので、言葉の意味の裏を考えるというよりも、そこに書いてある言葉通りの意味を表現できるように意識しながら演じています。甘さも兼ね備えていますが、彼の素直さと天真爛漫さにミックスされて、他のキャラクターのセクシーさとは違うものがありますね。
豊永:尊は日本神話の神様です。性格は恥ずかしがり屋で、人見知りが究極までいくとこうなるのかなという子です。ただ、犬みたいなところもあるので、気を許した相手には人懐っこくなりますし、素直だし、わからないことはわからないと言える竹を割ったような部分もあります。こんな子になれたら人生は楽だろうなぁと思いながら尊を演じています(笑)。また、月人という兄がいて、彼のことを「あにぃ」と呼んで慕っています。ここまで見ると、尊はツンデレなだけの神様と思いがちですが、じつは心に深い傷を負っていて、それがわかってくると「ふてぶてしいやつだなぁ」という見方から随分変わってくると思うので、注目して見てほしいです。
細谷:ロキは北欧神話の神様ですが、かなり人間っぽい神様です。嫉妬もするし、寂しがるし、感情がすぐ表に出るし、とにかくわがままです(苦笑)。かなりいたずら好きでもあるんですが、じつは愛されたいんじゃないかなと僕は思っています。誰にも愛されなくてひとりぼっちだから、いたずらをして自分を見てほしいと思っているんですよ。例えるなら子どもが大きな力を持つとこうなるんだな&思春期の、言うことをきかない問題児でしょうか(笑)。
Q:最後に、放送を楽しみにしているファンへのメッセージをお願いいたします。
入野:ゲームをプレイした方にはぜひ見ていただきたいですし、どのエピソードがアニメに反映されているのかドキドキ、楽しみにしながら見てほしいです。また、アニメではじめて『神々の悪戯』を知ったという方にはアニメを見つつ、ゲームもプレイしてほしいです。キャラクターソングも発売していますし、全部を堪能してもらえたらうれしいです。
豊永:恋愛シュミレーションゲームは選択肢があって、それを選んで進めていくことで、自分でストーリーを作り上げていくという作品に対して介入度が高いものだと思います。ですので、ユーザーさんが「このキャラクターが好きだから、このお話を進めたい!」、「このキャラクターを攻略したい!」、「あのルートに行きたい!」と自分の意思で進んでいくと思いますが、アニメは介入するというよりも「見て楽しむもの」なので、自分が介入していたからこそ、あまり見えていなかった部分が俯瞰で見ることができると思うので、ゲームとは一味違った楽しみ方をしてもらえたらうれしいです。
細谷:わかりやすい金八先生です! 美男の神様と人間が織りなす物語をぜひ見てください。よろしくお願いします!!
『神々の悪戯』アニメ公式サイト:http://www.kamiaso-anime.com/
アニメ公式Twitter:@kamiaso_anime
原作公式Twitter:@kami_aso
(C)BROCCOLI/神あそ製作委員会
→2014年4月アニメ新番組特設ページ
→『神々の悪戯』の記事を探す
→アニメニュースはこちら