MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『ジュリエットからの手紙』公開・邦題決定のお知らせ

ロミオとジュリエットの物語はまだ終わっていなかった──
事実から生まれた感動の物語
ショウゲートではこの度、不朽の名作「ロミオとジュリエット」の舞台であるイタリアのヴェローナを舞台にした、美しい愛の物語『ジュリエットからの手紙』(原題:LETTERS TO JULIET)を、初夏、全国ロードショーすることと、邦題が決定しました。
「50年分の愛を抱えて、あなたに会いに来ました。」
1通のジュリエットの手紙から始まる、50年前の初恋を捜す旅
世界遺産の愛の都ヴェローナには、物語のモデルとなったジュリエットの生家があり、永遠の愛を貫いたヒロイン・ジュリエット宛に、恋の悩みを綴った手紙が、今も世界中から年間5000通も届いている。そして、“ジュリエットの秘書”と呼ばれる女性たちがその手紙1通ずつに返事を書いている。彼女たちが交わす手紙の中には、信じられないような美しい愛の物語が隠れている─。
今もなお実際に行われている“ジュリエットレター”を題材に、決して遅すぎることのない“真実の愛”を鮮やかに描いた珠玉の感動作。


ロンドンに暮らすクレア(ヴァネッサ・レッドグレイヴ)のもとに手紙が届いた。それは50年前にクレアがジュリエットへ送った恋の悩みへの返事だった。その頃、クレアはイタリアで出会ったロレンツォと恋に落ちていたが、彼との愛を貫けず、その苦しい胸の内をジュリエットにだけ打ち明けていた…。
ジュリエットからの手紙に背中を押されたクレアは、ロレンツォとの再会を決意し、イタリアへ向かう。返事を書いたソフィー(アマンダ・セイフライド)と共に、初恋の人を探す旅が始まった。クレアを最後に待っていたものは─?
ジュリエットからの手紙に書かれていたこととは─?
監督:ゲーリー・ウィニック(『シャーロットのおくりもの』
出演:アマンダ・セイフライド(『マンマ・ミーア!』)、ヴァネッサ・レッドグレイヴ(『ジュリア』『つぐない』)、ガエル・ガルシア・ベルナル(『モーターサイクル・ダイアリーズ』『バベル』)、フランコ・ネロ(『続・荒野の用心棒』)ほか
2010/アメリカ/英語/スコープサイズ/ドルビーデジタルDTS/1時間45分
配給:ショウゲート
提供:ショウゲート、テレビ東京、東宝
(C)2010 Summit Entertainment, LLC. All rights reserved.
『ジュリエットからの手紙』
初夏、Bunkamuraル・シネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国公開
→『ジュリエットからの手紙』の記事を探す