MOVIEW SNS:Twitter Instagram YouTube

ボルテスVが実写リメイク! 『VOLTES V LEGACY(原題)』2023年フィリピンで地上波放送決定!

1977年から放送されたTVアニメ『超電磁マシーン ボルテスV』を実写リメイクし、今年、フィリピンで地上波TV放送がされることが決定しました。

VOLTES V LEGACY

TVアニメ『超電磁マシーン ボルテスV』の人気は日本だけに留まらず、海を越え、フィリピンでも当時、絶大な人気を誇りました。フィリピンでは、子どもたちをはじめ、フィリピン国民全体が『超電磁マシーン ボルテスV』に熱狂し、今なお堀江美都子さんのアニメオープニング主題歌「ボルテスVの歌」を日本語のまま歌える人も多く、現地での人気の高さがわかります。

超電磁マシーン ボルテスV

そして今年、45年以上の時を経て、『超電磁マシーン ボルテスV』が待望の実写リメイク・TVシリーズ化。フィリピン最大規模の地上波TV局GMAネットワークが製作する「VOLTES V LEGACY(原題)」となって甦ります。

1月1日よりGMAネットワークのYouTubeチャンネルにリリースされた「メガ・トレーラー」は、公開わずか3日間で再生回数が130万回再生を突破。その注目度の高さが伺えます。

2023年内にフィリピンではGMAネットワークにて地上波放送を開始予定。日本ほか世界各地での放送・配信については続報をお待ちください。

・東映 TVプロデューサー・白倉伸一郎さんコメント
「ボルテスV」を長きにわたって愛しつづけ、数々の試練を越えて、この巨大プロジェクトを実現にこぎつけたフィリピンの方々、ありがとうございます。一方、日本では、「ボルテスV」はすっかり忘れ去られてしまった……かというと、そんなことはありません。「ボルテスV」の流れは、後番組「闘将ダイモス」(1978)を経て、「バトルフィーバーJ」(1979)から実写シリーズにクラスチェンジしました。今でいうスーパー戦隊シリーズです。

時代は変わっても、その基本構図──圧倒的な侵略者を前に、選ばれし5人の若者たちが、5体合体ロボを駆使して立ち向かう──は変わりません。「ボルテスV」のDNAは、日本を代表する特撮ヒーローシリーズとして脈々と受け継がれ、世界中の子供たちを魅了しつづけています。とはいえ。世代を経るごとに洗練された反面、何か大切なものが抜けおちていったのかも知れません。そのことを教えてくれたのが「VOLTES V LEGACY」。

デカくて重くてとにかく強く、立ち姿だけでションベンちびる巨大ロボ。《男の子》の魂を持つ者なら、今もだれもが憧れて
やまない、灼熱のスーパーロボット魂がここにある!

・スタッフ・キャスト
監督:Mark A. Reyes
キャスト:Ysabel Ortega、Radson Flores、Matt Lozano、Raphael Landico、Miguel Tanfelix、Martin Del Rosario、Liezel Lopez、Carlo Gonzalez、Neil Ryan Sese、Epi Quizon、Gabby Eigenmann、Albert Martinez、Carla Abellana、Dennis Trillo

© TOEI CO.LTD, Telesuccess All Rights Reserved
© 東映

→『ボルテスV』の記事を探す