MOVIEW SNS:Twitter Instagram YouTube

『怪獣8号』アニメーション制作はProduction I.G、怪獣デザイン&ワークスはスタジオカラーが担当!

累計1000万部超えの人気コミックを原作とするアニメ『怪獣8号』、2024年放送決定!
アニメ―ション制作はProduction I.G、怪獣デザイン&ワークスはスタジオカラーが担当!

怪獣8号

集英社のマンガ誌アプリ「少年ジャンプ+」にて2020年7月より連載中、数々のマンガ賞に輝き、既刊8巻にして全世界累計発行部数が1000万部超(デジタル版含む)の、松本直也さん原作コミック『怪獣8号』。

そのアニメは2024年に放送されることが決定しました。そして、アニメーション制作:Production I.G×怪獣デザイン&ワークス:スタジオカラーという超強力タッグが実現し、制作することになりました。

圧巻の作画演出とミリタリー/メカニックの表現に定評のあるProduction I.Gと、』。さらに、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズをはじめとしたアニメ制作をおこなうスタジオカラーが、災害として無慈悲に日常を脅かす圧倒的スケールの「怪獣」を表現します。

怪獣8号

本作のアニメ映像としては初となるティザーPVが公開されました。

冷たい雨が降りしきる中、怪獣によって破壊された街の中でたたずむ主人公・日比野カフカ。そしてその後ろ姿と重なるように現れる人型の怪獣、その名も怪獣8号。振り返ったその瞳に映るものとは……。止まない雨と荒廃した都市、そして孤独な怪獣の後ろ姿が不穏さと哀愁を感じさせながらも、これから始まる壮大な物語の序章として期待感が湧き上がる映像になっています。

アニメ化発表特報同様に本編劇伴作家による書き下ろしの楽曲が、その雰囲気をさらに引き立てます。

●『怪獣8号』
日常的に怪獣が人々をおびやかす世界。
怪獣を討伐する「日本防衛隊」への入隊を志していた日比野カフカは、いつしかその夢を諦め、怪獣専門清掃業者で働いていた。

「二人で怪獣を全滅させよう」

かつてそう誓い合った幼馴染の亜白ミナが第3部隊隊長として脚光を浴びるなか、彼女と共に戦えない不甲斐なさを抱えるカフカ。
しかし、防衛隊を目指す市川レノとの出会いをきっかけに、止まっていた時が動き出す。
ミナの隣に立つために。怪獣から人々を守るために。カフカは再びかつての夢を追い始める。

――だが彼は知らなかった。
怪獣の脅威が、思いもかけない形で近付いていたことを。

怪獣8号

・放送情報
2024年放送

・スタッフ
アニメーション制作:Production I.G
怪獣デザイン&ワークス:スタジオカラー
ティザーPV 公開!!

公式サイト:https://kaiju-no8.net/
公式Twitter:@KaijuNo8_O

©防衛隊第3部隊 ©松本直也/集英社

→『怪獣8号』の記事を探す