MOVIEW SNS:Twitter Instagram YouTube

『組長娘と世話係』最終回 霧島が両親の墓前に供えるために買ったカランコエ

好評放送中のTVアニメ『組長娘と世話係』。
その最終話となる第12話の場面カットが届きました。

組長娘と世話係

●第12話「お嬢の世話係」
かつては「桜樹組の悪魔」「ヤクザ潰し」と恐れられた霧島も、今ではすっかり世話係が板に付き、八重花と穏やかな日々を過ごしていた。
そんな2人をあたたかく見守る、桜樹、杉原、香菜美、葵。

組長娘と世話係

ある日、霧島は八重花と共に、両親の墓前に供える花を買いに向かう。
霧島が手にしたのは、母との思い出の花・カランコエ。その花言葉は――。

組長娘と世話係

組長娘と世話係

●第12話放送記念 感想ツイートキャンペーン
第12話放送を記念して、北条零役 羽多野渉さんサイン入り第12話台本を、3名にプレゼントします。

組長娘と世話係

応募方法:公式Twitterアカウントをフォローし、ハッシュタグ #組長娘と世話係 と #組長娘と世話係12話感想 をつけてツイート
応募締切:9月28日(水) 23:59まで

公式サイト:https://kumichomusume.com/
公式Twitter:@kumichomusume

©つきや・マイクロマガジン社/組長娘と世話係製作委員会

●次の記事もオススメ ——————
『組長娘と世話係』第11話 八重花の世話係として、再び穏やかな日々を過ごす霧島

『組長娘と世話係』第10話 目覚めてしまった、霧島の中の「悪魔」

→『組長娘と世話係』の記事を探す

→2022年7月アニメ新番組特設ページ