MOVIEW SNS:Twitter Instagram YouTube

『継母の連れ子が元カノだった』第11話 水斗の初恋の人について尋ねる結女

好評放送中のTVアニメ『継母の連れ子が元カノだった』。
その第11話の場面カットが届きました。

継母の連れ子が元カノだった

●#11「元カップルは帰省する「よく、笑う人だったかな」」
田舎に帰省した伊理戸一家。結女はそこで、水斗のひいおじいさんが書いたという自費出版の小説を読ませてもらう。

継母の連れ子が元カノだった

継母の連れ子が元カノだった

その小説を読んで、ふときっかけをもらった結女は、水斗に初恋の人を尋ねる。水斗から「よく笑う人だった」と聞いた結女は、その相手がはとこにあたる円香だと確信する。

継母の連れ子が元カノだった

継母の連れ子が元カノだった

●追加キャスト情報
第11話で登場する水斗のはとこ・種里円香を日笠陽子さん、種里竹馬を佐藤日向さんが担当します。

種里円香 CV:日笠陽子  種里竹馬 CV:佐藤日向

継母の連れ子が元カノだった

公式サイト:https://tsurekano-anime.com/
公式Twitter:@tsurekano

© 紙城境介・KADOKAWA/連れカノ製作委員会

●次の記事もオススメ ——————
『継母の連れ子が元カノだった』第10話 相手を意識せざるを得ないシチュエーションが続く水斗と結女

『継母の連れ子が元カノだった』第9話 クラスが別れ、すれ違いが増えていった水斗と結女

→『継母の連れ子が元カノだった』の記事を探す

→2022年7月アニメ新番組特設ページ