MOVIEW SNS:Twitter Instagram YouTube

『グッドモーニング、眠れる獅子』高岩さんら登壇で完成披露イベント開催

高岩成二さんがスーツなしで初主演『グッドモーニング、眠れる獅子』、キャスト登壇で一日限りの上映会・完成披露イベントを実施。オフィシャルレポートが到着しました。

グッドモーニング、眠れる獅子

4月23日よりひかりTVにて放送・配信を開始する『グッドモーニング、眠れる獅子』の完成を記念して、一日限りの上映会・完成披露イベントが実施されました。一日限りのスクリーン上映イベントのチケットは、全3回・総数2,000席以上が完売となるなか、実施されました。

高岩さんのスーツなしでの初主演に注目が集まるのはもちろん、ヒロインを演じる渡邉美穂さん(日向坂46)の劇中歌への初チャレンジ、歴代仮面ライダー主演俳優(椿 隆之さん、井上正大さん、西銘 駿さん、佐野 岳さん)と高岩さんの初の直接対決など、初めてだらけの見どころが満載の本作。

舞台上には高岩成二さん、椿 隆之さん、井上正大さん、西銘 駿さん、佐野 岳さん、坂本浩一監督が顔を揃えました。仮面ライダー主演俳優たち、そして「中の人」こと高岩さんの異色の並びに会場は期待値MAX! 異様な熱気に包まれる中、各キャストのトークで大いに盛り上がりを見せます。

顔出し初主演での役作りに高岩さんは「くたびれた感じもアクションも、今の自分をそのままに出した」と語り、「大好きな役所広司さんや中井貴一さんに近づけたらいいなと思って演じた」と、ひそかに目標にする俳優たちを明かしました。

グッドモーニング、眠れる獅子

仮面ライダー主演俳優4人へ出演のオファーについての質問には、真っ先に井上さんが「出演オファーが来たときに、高岩さんをボコれると聴いて、これは出るしかないと!」と回答し、会場から笑い声と大きな拍手が。

西銘さんは「ライダーの先輩方と一緒でライダーの現場のような懐かしさもありつつ、また新たに成長する機会になりました」と有意義な現場であったことを語り、高岩さんも西銘さんへ「ライダーの現場でも一度向かい合った回があったね」などとコメント。「それ僕の回!」と坂本監督が拾うと、「これライダーの現場ですか!?」との井上さんのツッコミに会場に沸きます。

佐野さんは「アクションの“師匠”高岩さんとご一緒でき、顔出し初主演という記念すべき作品に嬉しい。かねてからご一緒したいと話をしていた坂本監督とも作品づくりに携われてよかった」と自身にとっての本作出演の意義を語り、椿さんは「高岩さんはドラゴンボールの孫悟空みたいな人。どんなピンチもチャンスに変える存在で、現場でも安心感があった。仮面ライダー主演俳優たちも僕にとってはある種運命的な存在で、とても自然に現場に入れた」と現場の和気あいあいとした雰囲気を伝えました。

グッドモーニング、眠れる獅子

坂本監督は俳優高岩の魅力について「最初の仕事・仮面ライダーWから10年以上の付き合い。仮面ライダー撮影中、テストではマスクを脱いでお芝居をしていた高岩さんをずっと見てきた。それをどうにか皆さんにお見せしたいなと」と語り、長年ヒーローを演じてきた高岩さんが、これまでもマスクの下でしっかりと演技をしてきたという、高岩さんの俳優としての一面を明かします。

また、監督の坂本にはキャストの4名からは監督の撮影スピードの速さを明かす声が上がり、「その場でアクション作り上げていく高岩さんと坂本監督のプロフェッショナル同士のスピード感は、超一流だと改めて感じた」と佐野さん。

登壇を予定していたが新型コロナウイルス感染のため欠席となったヒロインの渡邉美穂さんについて、女優魂を感じたエピソードは?との問いに、高岩さんはクライマックスの泣き演技のシーンをの思い出を上げました。

坂本監督は「本人から、自分で泣きたいので時間をくださいと申し出があり、何度もテイクを重ねたが、毎回真剣にシーンに取り組んでいた」と、渡邉さんの演技への姿勢を語りました。また劇中歌の曲やダンスについても、普段の日向坂46での楽曲やダンスと違う方向性のものにあえて取り組んだという監督としての意図も明かしました。「ダンスの覚えも早かった」と舞台挨拶MCでダンス指導の幸からコメントが入ると、高岩さんはアクションを覚えるのは早いのに劇中で披露するオタ芸を覚えるのは遅かったという話に飛び火。井上さんからのオタ芸披露のフリを受け、その場で披露するサービス精神を見せます。

作品中のキーアイテムでもある「ブレスレット」の販売告知などもあり、井上さんから「変身ベルトみたいなもの?」との問いに高岩さんが「つけたら強くなれるかも」と応じ会場は大いに盛り上がりました。

グッドモーニング、眠れる獅子

そして終盤には、欠席の渡邉美穂さん(日向坂46)から作品ファンへのお手紙を、MCの幸さんが舞台上で代読。「私もこの日をすごく楽しみにしていたので、とても悔しいです」と舞台挨拶へ登壇できない無念さを語るとともに、現場で渡邉さんが感じた作品の魅力を「生でアクションを拝見したのですが、すごくカッコよくて迫力満点で、思わず子どものようにはしゃいでしまいました(笑)」と紹介。「私のゴスロリ衣装を代わりに高岩さんに着てほしい」等、まさかの“高岩いじり”も飛び出し、和気あいあいとした現場の空気感を感じる文章に、思わず高岩さんと坂本監督も次回作で……?と応じました。

最後に主演の高岩さんは「新型コロナウイルスの影響などもあり困難も多かったが、今後もエンターテインメントとして皆様に楽しんでいただける作品作りに取り組んでいきたい。本作も、ひとりでも多くの皆様に見ていただければ嬉しいです。楽しかった・かっこよかったと触れ回ってください!」と話し、完成披露イベントは幕を閉じました。

公式サイト:https://sites.google.com/view/goodmorning-sleepinglion
4月23日(土) ひかりTVにて放送・配信!

©2022「グッドモーニング、眠れる獅子」製作委員会

●次の記事もオススメ ——————
襲い来る平成仮面ライダー主役4人!『グッドモーニング、眠れる獅子』予告編解禁

『グッドモーニング、眠れる獅子』高岩成二さん初主演作にライダー俳優が花を添える!

→『グッドモーニング、眠れる獅子』の記事を探す