MOVIEW SNS:Twitter Instagram YouTube

松田優作氏が最新テクノロジーによりデジタルヒューマンとして蘇る!

新たな映像表現を目指して過去の偉人をデジタルヒューマン技術で蘇らせる取り組みを行っている東映 ツークン研究所では、今回は名優・松田優作氏の復活に挑戦、AIによる形状と音声の復元などのテクノロジーを掛け合わせたアプローチでデジタルヒューマン化を進めています。

松田優作

東映 ツークン研究所が昨今注力しているのがデジタルヒューマンの取り組み。2017年に専門チームを編成、2019年からは3年間に及ぶデジタルヒューマン研究開発プロジェクトを進めてきました。機械学習、LightStageといったテクノロジーと、従来のコンテンツ制作で蓄積したノウハウを組み合わせることで様々な案件で一歩先の作品作りを体現。今回は、唯一無二の名優・松田優作氏を現代の作品に登場させるべくデジタルヒューマンとして蘇らせます。

●AIによる復元
AIによる形状復元では、LightStageで取得した複数人の超高精細3DCGデータをもとに機械学習を使った顔モデル生成を行っています。肌の表現、動きの再現にも新たな解析や推定技術を取り入れました。

さらに声の復元でも新たな取り組みに挑戦。ゲーム開発の3DCG制作から音声合成・声質変換を活用したソリューションまでを手掛けるORENDAが、音声復元および音声部分の総合ディレクションを担当。TARVOが開発したAI音声変換技術を使用して復元に挑みます。

●ショートムービーを制作中
今後の映像制作における革新的な一歩にすべく、専門技術を結集させデモ動画を制作中。監修は、松田優作氏のクリエイティブ全般を担う松田美由紀さんが務めます。コンテンツの未来におけるデジタルヒューマン技術の普及を目指します。

東映 ツークン研究所:https://zukun-lab.com/
公式Twitter:@ToeiZukunLab