MOVIEW SNS:Twitter Instagram YouTube

『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』第2部サブタイトルは「サン オブ ブライト」

現在公開中の『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』。
興行収入21億円を超える大ヒットを記念して毎週開催されているスタッフトークイベントに成田剣さんが登壇。
第2部のサブタイトル「サン オブ ブライト」(仮題)を発表!

機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ

合計12回開催された『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』大ヒット記念スタッフトークイベント。その最後となった9月2日のイベントにブライト・ノア役の成田剣さんがゲストとして登場し、ブライト・ノアについて、また第2部の最新情報まで語られました。

『機動戦士ガンダムUC』以来に舞台挨拶に登壇した成田さんは、ブライト・ノアに対して「仕事のできるタイプだが、不器用で、生きるのが上手ではない気がしています。ですがとても正義感があり、立身栄達ではなく、地球のため、人のために仕事をするタイプ。私は、立身栄達を望むので私とは違いますね(笑)」と印象を語りました。

ここからスクリーンを使い、『機動戦士ガンダム』いわゆる「ファーストガンダム」の時代からブライト・ノアの歴史を観客とともに、振り返ります。

そして成田さんが演じた『機動戦士ガンダムUC』の話題に。成田さんは「こちらはオーディションでした。まずガンダムのオーディションを受けられること自体が嬉しかったですね。結果が3ヵ月くらいこなくて、決まらなかったんだなと落ち込んでいたが、実は決まっていたということで、嬉しかったのを覚えていますね。ずっと演じていらっしゃった鈴置洋孝さんの声を聞いちゃうと、そのイメージが抜けず、できなくなっちゃうのであえて見ないように聞かないようにしていました。」と当時を振り返ります。

機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ

司会を務めた小形尚弘プロデューサーは「TVアニメ『犬夜叉』のアフレコ収録の時に、ブライトさん誰にしようかなと思っていたら、ふっと聞こえてきた声がブライトさんで、それが成田さんのお声だったんです。それがきっかけで、オーディションを受けていただいたんです。」という裏話も明かされました。

そして『閃光のハサウェイ』の時代へ。まず小形プロデューサーは「ブライトさん的にはハサウェイが地球で植物監視官として元気にやっているんだなと思っていて、まさかマフティーだとは思っていないんです」と第2部で出てくるブライト・ノアについても語られました。

そして最後に、第2部のサブタイトル『サン オブ ブライト』(仮題)を発表。小形プロデューサーは「サンという英語ですが、息子(SON)という意味もあれば、太陽(SUN)という意味もあります。「ブライトの息子」「ブライトの太陽」など捉え方によっていろんな意味があると思います。このタイトルをもとに、現在鋭意製作中です。ここからブライト・ノアである成田さんにも登場していただき、物語の佳境になっていきます。」と完成が楽しみとなる発表がなされました。

ここで時間が来てしまい、最後の挨拶に。
成田さん「先ほど、見させていただきましたが、映像のリアリティ、音、キャストの芝居など、第2部から登場させていただけるようなので、誠心誠意やらせていただきます。よろしくお願いいたします。」

機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ

小形プロデューサー「6月11日にスタートし、ロングランをさせていただいて、まだまだ上映させていただいているのはみなさんの応援のおかげだと思っております。本当にありがとうございます。来週以降もやっておりますので、ぜひ見にきて欲しいです。また、スタッフトークは一旦ここで終了なのですが、また『閃光のハサウェイ』を楽しんでいただける催し物を近々発表できればと思いますので、楽しみにしていて欲しいです。また第2部は、3部作の映画の中で一番小説と違った話になるかと思います。小説を書かれた富野(由悠季)さんからも「普通に小説のままやったら持たないからやめろ」と忠告を受けているもののいろいろとプラスアルファしているので、近い将来、第2部を楽しみにしていてください。」と締めくくりました。

機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ

『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』
大ヒット公開中!
配給:松竹ODS事業室

©創通・サンライズ

●次の記事もオススメ ——————
DG細胞におかされた人を救いたいという気持ちは、だれにも負けない。

『SDガンダムワールド ヒーローズ』第21話 曹操たちの前に現れた因縁の相手・呂布シナンジュ

→『ガンダム』の記事を探す