MOVIEW SNS:Twitter Instagram YouTube

『宇宙戦艦ヤマト2205 新たなる旅立ち』前章、10月8日劇場上映決定!

白色彗星帝国との戦いから三年──。
ヤマトの新たな旅が始まる――。
『宇宙戦艦ヤマト2205 新たなる旅立ち』前章 –TAKE OFF-
10月8日より期間限定上映決定!

宇宙戦艦ヤマト2205 新たなる旅立ち 前章 –TAKE OFF

シリーズ最新作『宇宙戦艦ヤマト2205 新たなる旅立ち』は、1979年に放送され、高視聴率を獲得したテレビスペシャル『宇宙戦艦ヤマト 新たなる旅立ち』 をモチーフに、全二章で描く完全新作。その「前章 –TAKE OFF-」が10月8日より、劇場上映、Blu-ray特別限定版販売、デジタルセル配信をスタートします。

●次世代クルー、土門竜介や徳川太助らが登場
宇宙戦艦ヤマト2205 新たなる旅立ち 前章 –TAKE OFF

・新キャラクター・土門竜介を演じる畠中 祐さんコメント
歴史ある作品「宇宙戦艦ヤマト」に関われること、本当に嬉しく思います。土門竜介は、とある過去の辛い出来事を抱えながら、ヤマトを、そして古代進を自分の目で見極めるためにこの船に乗り込みます。彼は不器用で、気持ちも揺れやすいですが、真っ直ぐな心を持った青年だと思います。演じていてとても考えさせられる人物です。新人乗組員らしく、心を揺らしながら、体当たりで演じていけたらと思います。これからどうぞ、よろしくお願いします!!

●メカニック紹介
宇宙戦艦ヤマト2205 新たなる旅立ち 前章 –TAKE OFF

●第1弾特典付き前売券(ムビチケカード)、Blu-ray&DVD情報
数量限定!ティザービジュアルボスター付き前売券(ムビチケカード)の発売が決定しました。
・『宇宙戦艦ヤマト2205 新たなる旅立ち』 前章 –TAKE OFF- 第1 弾特典付き前売券(ムビチケカード)
発売日:6月11日(金)
価格:1,600円(税込) ※当日料金 1,700円(税込)均一
仕様:前売券(ムビチケカード)+ティザービジュアルポスター(B2 サイズ)
販売場所:メイジャーWEBサイト、上映劇場 ※一部劇場を除く

・Blu-ray 特別限定版 上映劇場・ A-on STORE・ヤマトクルーのみの限定販売
上映劇場:10月8日(金)発売/A-on STORE
ヤマトクルー:10月15日(金)発売

「宇宙戦艦ヤマト2205 新たなる旅立ち 1 Blu-ray 特別限定版 (数量限定生産)」
価格:1万1000 円(税込)
品番:BDOT-0265

「宇宙戦艦ヤマト2205 新たなる旅立ち 1 Blu-ray&DVD」
11月26 日(金)一般発売 ※レンタル専用DVD 同時リリース
Blu-ray 価格:9,680円(税込)
品番:BCXA-1663

DVD 価格:8,580円(税込)
品番:BCBA-5092

●『宇宙戦艦ヤマト2205 新たなる旅立ち』前章 –TAKE OFF-
白色彗星帝国との戦いから三年──。
滅びに瀕したガミラス民族を救うべく、新たな母星の探索を続けていたデスラー総統は、天の川銀河の一画に条件に見合う星を見出す。が、そこは、強大な星間国家の領域内であった。
銀河で勃発した領土紛争は、ガミラスと安全保障条約を結ぶ地球を否応なく巻き込んでゆく。

地球に軍事的・経済的優位性をもたらしてくれた時間断層という魔法は、自分たちの命と引き替えに消滅してしまった──自責の念に駆られながらも、ヤマト新艦長の任についた古代進は、来るべき有事に備えて新クルーらと共に訓練航海に旅立つ。その中に、自分をつけ狙う何者かが紛れ込んでいるとも知らずに。

かつてない不安の時代に、新たなる旅立ちの時を迎えるヤマト。その行く手では、想像を絶する新たな敵が待ち構えていた……。

・スタッフ
原作:西﨑義展
製作総指揮・著作総監修:西﨑彰司
監督:安田賢司
シリーズ構成・脚本:福井晴敏
脚本:岡 秀樹
キャラクターデザイン:結城信輝
メカニカルデザイン:玉盛順一朗、石津泰志、明貴美加
音楽:宮川彬良
音響監督:吉田知弘
CGディレクター:後藤浩幸
アニメーション制作:サテライト
配給:松竹ODS事業室

・キャスト
古代 進:小野大輔
森 雪:桑島法子
真田志郎:大塚芳忠
アベルト・デスラー:山寺宏一
スターシャ:井上喜久子
土門竜介:畠中 祐
徳川太助: 岡本信彦
京塚みや子: 村中 知
坂東平次:羽多野 渉
坂本 茂:伊東健人

公式サイト:https://starblazers-yamato.net
公式Twitter:@new_yamato_2199

©西﨑義展/宇宙戦艦ヤマト2205 製作委員会

●次の記事もオススメ ——————
『「宇宙戦艦ヤマト」という時代』前売り特典に『2205』複製原画

『「宇宙戦艦ヤマト」という時代 西暦2202年の選択』6月11日公開決定

→『宇宙戦艦ヤマト』特設ページ