MOVIEW SNS:Twitter Instagram YouTube

『半妖の夜叉姫』第13話 弥勒の前に現れた四凶の一人、人食い妖怪・饕餮

好評放送中のTVアニメ『半妖の夜叉姫』。
その第13話の場面カットが届きました。

半妖の夜叉姫

●第13話
徳の高い僧侶や神主を食う妖怪が現れた。翡翠は、父法師の護衛を琥珀から頼まれる。同行するとわとせつな。翡翠の父、弥勒はかつて何でも吸い込む風穴を右手に持っていた。しかし、奈落を滅して呪いから解放され、今は風穴がなくなっていた。ある妖怪との戦いで無力さを痛感した弥勒は、神通力を得るための千日の修行を開始。すでに二年が経つという。

半妖の夜叉姫

半妖の夜叉姫

一方、人食い妖怪の饕餮は実は四凶の一人。虹色真珠に導かれ弥勒の前に現れる。

半妖の夜叉姫

公式サイト:http://hanyo-yashahime.com/
公式Twitter:@hanyo_yashahime

©高橋留美子/小学館・読売テレビ・サンライズ 2020

●次の記事もオススメ ——————
『半妖の夜叉姫』第12話 「朔」が訪れ、妖力を失ってしまうとわ

『半妖の夜叉姫』第11話 人も獣も鳥も喰うという人喰い沼の妖怪

→『半妖の夜叉姫』の記事を探す

→2020年10月アニメ新番組特設ページ