MOVIEW SNS:Twitter Instagram YouTube

『魔女の旅々』第7話 仲の悪い2つの国と、ぶどう酒で競い合う2つの村

好評放送中のTVアニメ『魔女の旅々』。
その第7話の場面カットが届きました。

魔女の旅々

●第7話「旅人が刻む壁」/「ぶどう踏みの少女」
脚本:筆安一幸
絵コンテ:高橋 順、平池芳正
演出:高橋 順
総作画監督:吉田巧介
作画監督:森本明慧、小島 彰

魔女の旅々

「旅人が刻む壁」
人によって隔てられた、競い合う2つの土地のお話。『ニケの冒険譚』に綴られた、壁で分断された仲の悪い2つの国。ある日役人が旅人のニケに、壁のこちら側がいかに素晴らしいかを自慢したいと相談する。ニケはおもむろに壁に賞賛の文字を掘り始める。

魔女の旅々

魔女の旅々

「ぶどう踏みの少女」
ぶどう酒が特産の「こっちの村」は、道を挟んで競い合う「あっちの村」の姑息な販売商法に対抗するため、イレイナの擁立を企む。最初は乗り気でなかったイレイナも、あれよあれよと担がれるうち、闘志に火が付いてしまう。

魔女の旅々

魔女の旅々

公式サイト:https://majotabi.jp/
公式Twitter:@majotabi_PR

©白石定規・SBクリエイティブ/魔女の旅々製作委員会

●次の記事もオススメ ——————
『魔女の旅々』第6話 一見普通だが、殺伐とした空気が漂う街

『魔女の旅々』第5話 追いかけっこの末に待っていたのは師匠・フラン

→『魔女の旅々』の記事を探す

→2020年10月アニメ新番組特設ページ