MOVIEW SNS:Twitter Instagram YouTube

『TENET テネット』公開5日間で興行収入7億5000万円を突破!

全米で3週連続No.1を達成!
クリストファー・ノーラン監督最新作『TENET テネット』、3ヵ月振りに洋画作品が週末興行ランキングNo.1獲得!

TENET テネット

本年度最大の問題作『TENET テネット』が、遂に日本でも公開。コロナ禍以降、初の洋画超大作として、9月18日(金)から全国488スクリーンの劇場で封切られた本作は、公開2日間(9月18日~9月19日)で過去のクリストファー・ノーラン監督作品の『ダンケルク』(最終興収16億4000万円)、『インターステラー』(最終興収12億8000万円)のオープニング成績を凌ぐ、興行収入3億2678万5290円(観客動員数19万9559名)を記録し、週末興行ランキング1位を獲得。洋画作品が、週末興行ランキング1位を記録するのは、6月19日公開『ドクター・ドリトル』以来、3ヵ月ぶりとなります。

そして9月18日~9月22日の5日間の累計興行収入は、7億5299万6550円を記録する、大ヒットスタートとなりました。すでに全世界興行収入は260億円を突破し、全米でも3週連続No.1を記録(※9月20日時点。全てBOX OFFICE MOJO調べ)。世界中で、TENET現象が吹き荒れています。

日本でも9月18日0時の最速上映回がチケット販売開始約10分で完売。最速上映回は拍手喝采が巻き起こり、公開初日には「TENET」がTwitterでもトレンド入りを果たしました。

SNS上では「1ミリも理解できないけど、切なすぎて号泣」「今すぐ、誰か話そうよ!」「後、10回はテネってくる」「普通の映画には戻れない」といった、内容に関わるコメント以上に、困惑し、興奮し、発狂するコメントで異様なほどの大きな賑わいを見せています。

配給:ワーナー・ブラザース映画

『TENET テネット』
大ヒット上映中!

© 2020 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

→『TENET』の記事を探す