MOVIEW SNS:Twitter Instagram YouTube

『啄木鳥探偵處』第6話 人気役者・乙次郎が活人形にかみ殺される猟奇事件

好評放送中のTVアニメ『啄木鳥探偵處』。
その第6話の場面カットが届きました。

啄木鳥探偵處

●第六首「忍冬(すいかずら)」
脚本:宮尾百合香
絵コンテ:伊藤達文
演出:臼井文明
総作画監督:山口飛鳥
作画監督:浮村春菜、田中亜優

啄木鳥探偵處

人気役者の橘乙次郎が活人形「金銀花」にかみ殺されるという猟奇事件が話題となる。ほどなくして乙次郎の後輩である泉若が自首したことで落着を見ていたが、泉若はミルクホールで働く季久と恋人同士だった。

啄木鳥探偵處

啄木鳥探偵處

吉井は、片思い中の季久から泉若の無実の証明を頼まれる。そこに、京助と絶交中で金欠の啄木が割込み、吉井と二人で事件を調べることに……。

啄木鳥探偵處

啄木鳥探偵處

公式サイト:http://kimikoe.com/kitsutsuki/
公式Twitter:@kitsutsuki_DO

©2020 伊井圭・東京創元社/「啄木鳥探偵處」製作委員会

●次の記事もオススメ ——————
『啄木鳥探偵處』第5話 啄木への餞別を託して去る女郎・おえん

『啄木鳥探偵處』第4話 新聞を賑わす凌雲閣の幽霊目撃騒動

→『啄木鳥探偵處』の記事を探す

→2020年4月アニメ新番組特設ページ