MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube

『ぼくらの7日間戦争』青春エンターテインメントの金字塔がアニメ映画化

1985年に刊行され、宮沢りえ主演で実写映画化されたベストセラー小説「ぼくらの七日間戦争」を原作としたアニメ映画『ぼくらの7日間戦争』を製作、12月に公開決定!
特報解禁!

ぼくらの7日間戦争

30年以上にわたって多くの読者をとりこにしてきた累計発行部数2,000万部を超える「ぼくら」シリーズの第1作「ぼくらの七日間戦争」を原作としたアニメ映画が2019年12月に公開されることが決定しました。

大ヒットした宮沢りえさん主演の実写映画『ぼくらの七日間戦争』で、親や教師からの管理教育に反抗し、廃工場に立てこもって大人たちをやっつけた少年少女たちの“七日間戦争”から30年ほどの時が流れた2020年が舞台となり、原作のスピリットを受け継いだ新たなストーリーがアニメーション映像によって展開されます。

過去に映画脚本を書いたこともある原作者の宗田理さんはアニメ映画化に対して「わくわくする」と期待を寄せ、その脚本に太鼓判を押しました。その新ストーリーの象徴として、タイトルは漢数字の「七」ではなく、アラビア数字の「7」で、『ぼくらの7日間戦争』とし、昭和の名作実写映画が時を超えて、令和に生きるすべての「ぼくら」ファンに贈るアニメーション映画が劇場公開されます。

ぼくらの7日間戦争

企画の発端は、1988年の実写映画公開から30年を迎え、「ぼくら」シリーズの累計発行部数が2,000万部を超えたことがきっかけ。「ぼくらの七日間戦争」の刊行当時は、学生運動をした世代の管理教育といった社会背景が下地にあったことで中高生を中心に人気を呼んで大ベストセラーとなり、1988年に公開された実写映画は、数々の作品で主演女優賞を総なめにしている宮沢りえさんの女優デビューにして初主演作として注目を集め、戦車や廃工場でのアクションといった大胆な演出が反響を呼びました。

また映画の主題歌となったTM NETWORKが歌う「SEVEN DAYS WAR」は、ファンの記憶に強く残るメロディーラインでした。その後も30年にわたって40作を超える続編が発表され、「ぼくら」シリーズの世界では、主人公の菊地英治や中山ひとみは中学生から高校生、大学生、そして大人へと成長していく姿が描かれています。

91歳となった今なお現役でシリーズの新作を書き続けている原作者・宗田理さんに、「ぼくら」の世界で現代の少年少女たちが戦う“7日間戦争”をアニメーションで表現したいと提案したところ、シリーズのテーマである「大人への挑戦」と「ユーモラスな戦い」を描くことを条件に再映画化を快諾。世代を超えて愛される大ベストセラーのアニメ映画化の製作が決定しました。

ぼくらの7日間戦争

監督を務めるのはテレビアニメ『ブレイブビーツ』で監督デビューし、『ドリフェス!』などの話題作を手がけてきた村野佑太さん。脚本を務めるのは、映画『ブレイブストーリー』やNETFLIXで話題となった『DEVILMAN crybaby』など、数々のアニメ大作を執筆してきた大河内一楼さん。実績のあるアニメストリーテラーと新鋭の監督が率いる制作チームによって“7日間”の冒険が紡がれます。

公開されたティザービジュアルは舞台となる雄大な山々に向かい、これから始まる7日間に期待に胸をふくらませる少年少女6人が描かれています。特報では主人公の守を中心に、それまでの何気ない日常生活から大人に対する抵抗の始まりと、少年少女が大人へと成長する始めの一歩、“スタートライン”を表しています。

彼らにとっての戦争は何か?
彼らが対峙していく敵とは何なのか?
そして英治とひとみは登場するのか?

原作ファンの想像を膨らませる特報映像となっています。
アニメーション制作は公開に向けて順調に進行しており、少年少女たちを演じる豪華俳優陣は後日、発表されます。

●スタッフ
原作:宗田理『ぼくらの七日間戦争』(角川つばさ文庫・角川文庫/KADOKAWA刊)
監督:村野佑太
脚本:大河内一楼
キャラクター原案:けーしん
キャラクターデザイン:清水 洋
制作:亜細亜堂
配給:ギャガ KADOKAWA
製作:ぼくらの7日間戦争製作委員会

『ぼくらの7日間戦争』
12月、全国ロードショー
公式Twitter:@7dayswar_movie

(C)2019 宗田理・KADOKAWA/ぼくらの7日間戦争製作委員会

→『ぼくらの7日間戦争』の記事を探す