MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube

『ソードアート・オンライン』の伊藤智彦監督作品『HELLO WORLD』公開決定

監督:伊藤智彦『ソードアート・オンライン』
脚本:野﨑まど『正解するカド』
キャラクターデザイン:堀口悠紀子『けいおん!』
制作スタジオ:グラフィニカ『楽園追放』
アニメ界における稀代のクリエイターが大集結!
オリジナル劇場アニメ『HELLO WORLD』2019年秋公開決定!

HELLO WORLD

電撃文庫から刊行され、全世界発行部数が2000万部を超える人気小説『ソードアート・オンライン』。2012年7月にアニメ放送され、バーチャルとリアルの世界観が融合した多彩な演出は、多くのアニメファンを魅了し、SNSを中心に話題沸騰。

根強い人気でシリーズ化し、2017年に劇場アニメ『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』が公開され、興行収入25億(全世界43億円)を突破する驚異的な大ヒットを記録しました。

それらの『SAO』ムーブメントを巻き起こした立役者・伊藤智彦監督による初のオリジナル劇場アニメ『HELLO WORLD』(ハロー・ワールド)が、2019年遂に公開が決定しました!

脚本は本作で伊藤監督と初タッグを組む野﨑まどさんが担当。2017年4月に放送したアニメ『正解するカド』で脚本を務め、その作風はアニメファンの度肝を抜くだけでなく、SF愛好者すらも唸らせました。キャラクターデザインは「キャラクターの心情がダイレクトに伝わってくる」とアニメファンの中でも長年高い評価と人気を誇る堀口悠紀子さん。京都アニメーション在籍時にキャラクターデザインを担当した『らき☆すた』や『けいおん!』は今なお幅広く愛されており、本作が『たまこラブストーリー』(2014)以来の銀幕復帰作となります。

さらに、アニメーション制作を担当するのは、デジタルアニメーションの先駆者として名高い制作会社グラフィニカ。2014年に公開された劇場オリジナルCGアニメ『楽園追放 -Expelled from Paradise-』でアニメーション制作を担当し、グラフィックの美しさや戦闘シーンの精巧な動きで目の肥えたアニメファンに衝撃を与え、『ラブライブ!The School Idol Movie』(2015)や『ガールズ&パンツァー 劇場版』(2015)、「ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション」(2018)など話題作の主要CGパートも担当。まさにアニメーションの新時代を切り拓く存在です。

そんな錚々たるクリエイターたちの手によるオリジナル劇場アニメ『HELLO WORLD』。伊藤監督を中心にそれぞれのジャンルで異彩を放ち、3Dならではのダイナミックなアクションと2Dさながらのフェイシャル造形で新次元のエンタテイメント作品を目指します。

●伊藤智彦監督コメント
新元号となる年に、新たなチームと、新しい映画を作ることができて大変ありがたく思っています。野﨑さん、堀口さんをはじめ、このチームだからこそ目指すことのできる、“いま、つくるべき映画”として、この作品をみなさんに早くお届けしたいという気持ちでいっぱいです。

現時点ではまだタイトルだけしかお知らせできませんが、どうぞご期待ください。メインスタッフそれぞれを応援してくださっているファンの方だけでなく、世界中の方に楽しんでいただけるエンターテインメント作品となるよう、完成までがんばります!

『HELLO WORLD』
2019年秋 全国東宝系ロードショー

(C)2019「HELLO WORLD」製作委員会

→『HELLO WORLD』の記事を探す