MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『スター・ウォーズ』アニメ最新作はポリゴン・ピクチュアズが制作!

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』へ至る歴史を描くアニメシリーズ『Star Wars: Resistance』。その制作をポリゴン・ピクチュアズが担当することが発表されました。

ポリゴン・ピクチュアズは、エミー賞を2年連続受賞したフル3DCGテレビシリーズ『スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ』の制作に参加し、今回、『スター・ウォーズ』のアニメーション制作を再び担当することになります。

Star Wars: Resistance

『Star Wars: Resistance』の物語の全容はまだ公開されていませんが、ファースト・オーダーの動向を探るスパイとしてパイロットに採用された青年、カズダ・ズィオノ(Kazuda Xiono)に焦点を当て、腕利きのXウィングパイロットのポー・ダメロンや、恐ろしいキャプテン・ファズマといったお馴染みの人物たちも登場する予定です。

『Star Wars: Resistance』は、今秋アメリカのディズニー・チャンネルで公開。その後、ディズニーXD他、世界中で公開される予定です(日本での公開については続報をお待ちください)。

(C) 2018 & TM Lucasfilm Ltd. All rights reserved. Used under authorization.

●次の記事もオススメ ——————
『フォースの覚醒』以前を描くアニメ『STAR WARS RESISTANCE』制作決定

反乱軍の主力戦闘機で、30年後もレジスタンスに使われているXウィング

→『スター・ウォーズ』の記事を探す