MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube

世界線を移動する感覚を感じる岡部『シュタインズ・ゲート ゼロ』第4話

好評放送中のTVアニメ『シュタインズ・ゲート ゼロ』
その第4話の場面カットが届きました。

シュタインズ・ゲート ゼロ

●第4話「亡失流転のソリチュード」
「アマデウス紅莉栖」に接しているうちに、まるで本物の紅莉栖がそこにいるかのように錯覚し始める岡部。そんな彼を見ていられず、真帆は「ここにいるのはアマデウス。牧瀬紅莉栖じゃない」と非情な現実を突きつける。

シュタインズ・ゲート ゼロ

シュタインズ・ゲート ゼロ

その瞬間、岡部は世界が歪む感覚にとらわれる。それは久しく感じることのなかった、世界線を移動する感覚「リーディング・シュタイナー」だった。

シュタインズ・ゲート ゼロ

シュタインズ・ゲート ゼロ

公式サイト:http://steinsgate0-anime.com/
アニメ公式ツイッター:@SG_anime

(C)2018 MAGES./KADOKAWA/未来ガジェット研究所

●次の記事もオススメ ——————
紅莉栖が戻ってきた錯覚に陥る岡部『シュタインズ・ゲート ゼロ』第3話

心がベースの人工知能「アマデウス」『シュタインズ・ゲート ゼロ』第2話

→『STEINS;GATE』の記事を探す

→2018年4月アニメ新番組特設ページ