MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

新生『キャプテン翼』2018年4月より放送開始!記者発表会レポート到着

キャプテン翼世界中を虜にしたあの不朽の名作が、再びテレビアニメに!

「新しい『キャプテン翼』を楽しみにしてください!」
高橋先生の力強いコメントと共に、キャプテン翼始動!!

1981年~「週刊少年ジャンプ」、「週刊ヤングジャンプ」を経て、現在「グランドジャンプ」(集英社刊)にて連載されている高橋陽一原作の国民的人気漫画『キャプテン翼』が新たなスタッフ、キャストを迎え、装いを新たにテレビアニメで復活! 新たなアニメスタッフとキャストそしてPVも発表となりました。

12月13日、正午からはキャプテン翼の情報を総合的に扱うポータルサイト【ボールはともだち.com】も公開。今後はこのサイトを中心にキャプテン翼の情報が発信されます。

そしてこの度、本作『キャプテン翼』のアニメ化決定記者発表会が行われました!

●『キャプテン翼』アニメ化決定記者発表会
日時:12月13日(水)
場所:テレビ東京 11階プレゼンテーションルーム
登壇者:原作者・高橋陽一
声優・三瓶由布子、鈴村健一
ゲスト・北澤 豪、武井 壮

1981年より連載されている国民的人気漫画『キャプテン翼』が、この度、新たなスタッフ、キャストを迎え、装いを新たにテレビアニメで復活することが発表されました。

記者発表会会場はマスコミ・関係者が押しかけ満席状態に! 多くの人がこの会見に駆けつけました。記者発表会が始まると、原作者の高橋陽一先生、ゲストの北澤豪さん、武井壮さんが登壇!!

一見サッカーと関わりのないような武井さんですが、「僕は葛飾区にある修徳中学校/高等学校を卒業したのですが、北澤先輩が高校の先輩で、僕が中学に入ったタイミングで北澤さんが全国大会に出られてと、それを応援しに行ってという繋がりがあります。葛飾区が、サッカーで盛り上がった頃の語り部として今日は来ました(笑)。」と登壇経緯を説明。

また北澤さんも「『キャプテン翼』で翼のライバル高校のモデルとして修徳が描かれていたことに誇りを感じていましたね。」と、当時からの『キャプテン翼』との繋がりを語ります。その後も葛飾区のキャプテン翼ブーム語りは止まらず、「地元は半端じゃなかったですよ! 葛飾の公園は野球ができるようにフェンスがついていたんですけど、『キャプテン翼』が始まってから過半数くらいがサッカーに変わっていきましたね! 皆ネットに向かってシュートを打ち出して。」と熱く語る武井さんに、高橋先生も少し照れた様子で笑みを浮かべます。

そしてここで、本作のキービジュアルが解禁! 北澤さんと武井さんのカウントダウンに合わせ、高橋先生が除幕を行うと、オーバーヘッドキックを決める大空翼の姿と、それに立ち向かう若林源三の姿が映しだされたキービジュアルが登場!

このビジュアルに対し高橋先生も「翼の物語は翼と若林の対決で始まるので、良いビジュアルだと思います。」とコメント。まさに『キャプテン翼』の原点ともいえるビジュアルに会場の期待値も上がります。

また今回のアニメ化について、「今回、原作に忠実に作っていただけるとのことで、ありがたく思っています。また一番初めのアニメ化は80年代ですが、携帯があったりと細かい設定は現代風に変わっていますので、今のお子さんたちにも楽しめる設定になっています。」と、今の子供たちが楽しめるように細かい設定にはアレンジを加えていることを明かします。

そして続いて、世界初公開となる本作のPVが上映! PVには主人公の大空翼をはじめ、若林源三、岬太郎、石崎了、日向小次郎、ロベルト本郷といったキャラクターが続々登場! 迫力のあるシュートシーンや想像力溢れるプレイのシーンが映し出されたPVを見て、北澤さんも「発想やアイデアがサッカー選手を目指すうえで大事になってくるので、身近なものをどう使うかであったり、そういったシーンはアニメを見て学ぶことがあると思いますね。」と、元日本代表選手としての立場から本作の見所を語りました。

ここで、主人公・大空翼役を演じる声優の三瓶由布子さん、そして若林源三役の鈴村健一さんが登壇。三瓶さんは「まさか自分の人生の中で大空翼役を名乗る日が来るとは思いませんでした!」と、国民的作品の主人公を演じることに自分自身未だ驚きを隠せない様子。

また鈴村さんは「15、6年前にアニメ化された際にも若林役をやらせていただいておりまして、こうして再び演じさせていただけることに縁を感じています。以前演じさせていただいた時は、やっと声優としてご飯を食べていけるようになった頃でしたが、今は当時よりもっと、練りに練った若林を演じられると思いますので楽しみにしています。」と、自身のキャリアの成果を発揮するとコメント。

高橋先生もお二人の演技について、「デモテープの時から聴かせていただきましたが、完璧だと思います。」と、原作者お墨付きの演技であると語ります。そして他のキャスト・スタッフ情報も解禁。錚錚たる製作陣に登壇者たちも声を唸らせます。

そして発表会は質疑応答の時間に。お気に入りのキャラクターについて問われると、鈴村さんは「若林に決まってるでしょ!!」と並々ならぬい想いを吐露! 三瓶さんは「アフレコがもう始まっていまして、翼君を演じていると、一緒に会話をする石崎君や岬君が可愛いなと思っています。」とコメント。

また高橋先生は、「基本的にその時描いているキャラクターに感情移入してしまうのですが、今はアニメ化されるということで翼君に感情移入しています。」と、あらためてのアニメ化に感慨深い様子です。

そして北澤さんのお気に入りの選手は、自身がモデルとして描かれたという葵新伍! また武井さんも「子供の頃に憧れたのは、やっぱり日向君ですね! 黒い服を着て袖をまくってスポーツをしていました!」と、今のタンクトップ姿のルーツが日向であると、冗談交じりに話しました。

続いて本作の見所についての質問に。鈴村さんは「現場が、原作に忠実に映像化を目指そうという空気感ですので、昔見ていた人も楽しめますし、よりドラマティックなアニメになっていると思います。」、三瓶さんは「『キャプテン翼』を好きな人が現場に多いので、皆の目がキラキラしていて、その情熱を表現できればなと思っています。また漫画のセリフが、強調するような吹き出しが特徴的ですので、そこも表現できるように、チーム一丸でチャレンジしています。」と、現場の熱い空気感を語りました。

高橋先生も「できるだけ原作に忠実に作ってくださいとお願いしておりますので、当時楽しんでいただいたお父さん、お母さんや、そのお子さんも楽しんでいただけたらなと思います。」と世代を超えて楽しんでほしいとコメント。

北澤さんは「困っている人がいたら助けてあげようというキャラクター同士のやり取り、励ましが、今の子供たちにとってすごく良い教訓になるんじゃないかと思います。」と、世代を問わず作品の強いメッセージが感じられると思うとコメントし、武井さんは、『キャプテン翼』ならではのシュートを打つまでの焦らしが楽しみであると答えました。

そして最後に、高橋先生から「新しい『キャプテン翼』を楽しみにしてください!」と力強い挨拶をいただき、会見が終了しました。

●スタッフ
監督:加藤敏幸
シリーズ構成:冨岡淳広
キャラクターデザイン・総作画監督:渡辺はじめ
音楽:松尾早人
音響監督:岩浪美和
アニメーション制作:デイヴィッドプロダクション

●キャスト
大空 翼:三瓶由布子
キャプテン翼

若林源三:鈴村健一
キャプテン翼

岬 太郎:福原綾香
キャプテン翼

石崎 了:田村睦心
キャプテン翼

日向小次郎:佐藤拓也
キャプテン翼

ロベルト本郷:小西克幸
キャプテン翼

ポータルサイト:ball-ha-tomodachi.com
公式Twitter:@tsubasa_news

(C)高橋陽一/集英社・2018キャプテン翼製作委員会

●次の記事もオススメ ——————
東洋の守護神 鉄壁のガードを誇るゴールキーパー若林源三

サッカーは自由だ。そしてまた人生も自由だ。

→『キャプテン翼』の記事を探す

→2018年4月アニメ新番組特設ページ