MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

サンリオキャラリーマン総選挙発アニメ『アグレッシブ烈子』全世界配信

アグレッシブ烈子海外でも話題!
日本のOL生活のストレスをコメディタッチに描くサンリオキャラクター
『アグレッシブ烈子』
Netflixがオリジナルアニメを2018年春、全世界配信決定!

2015年にサンリオが生み出し、2016年4月よりTBSの情報番組「王様のブランチ」で短編アニメがオンエア中のOL生活のストレスをコメディタッチに描いたキャラクター『アグレッシブ烈子』(英語名:Aggretsuko)の15分、10エピソードからなる短編アニメーションシリーズがNetflixオリジナルとして2018年春全世界配信されることが決定しました!

制作スタッフはTVアニメシリーズのスタッフが結集。監督、脚本にラレコ。アニメーション制作はファンワークスが務め、Netflixオリジナルでは、さらにハイテンションにパワーアップしたアニメシリーズ作品を全世界に向けて発表します。

●『アグレッシブ烈子』とは?
一流商社でOLとして働く主人公でレッサーパンダの烈子は、毎日ムカつく上司からの仕事や同僚の愚行に不満がたまりつつも、言い返せず我慢する日々を送っている……。

そんな烈子の趣味は、仕事帰りに一人でカラオケに行き、デスボイスでメタルを歌ってストレス発散すること!

同じ会社で働くバリバリのキャリアウーマン・ゴリ部長や、敏腕美人秘書の鷲美など個性的なキャラクターと、会社というサファリパークで日々奮闘する姿を描く、ハイテンションギャグアニメです。

2015年にサンリオが開催した、会社員をテーマとした新キャラクターの一般人気投票企画「サンリオキャラリーマン総選挙」から誕生しました。

2016年12月には、サンリオの米国法人が『アグレッシブ烈子』の紹介アニメの英語字幕版をYouTubeにて公開したところ、欧米・アジアで瞬く間に話題となり、海外メディアでも大きく取り上げられました。

主人公の烈子に自分を重ねあわせる人、職場でのストレスに共感を覚える人、ハローキティに代表されるサンリオキャラクターのイメージとの違いに驚いた人など、ネット上でも様々なコメントが寄せられました。

2017年米国サンディエゴで開催されたCOMIC CON INTERNATIONALでのプロモーション
アグレッシブ烈子

脚本、監督のラレコは2005年、インターネットで発表され社会現象となった『やわらか戦車』を皮切りに、ヒット作品を続々と生み出してきました。アニメーション制作のファンワークスは、『英国一家、日本を食べる』(NHK)、『兄に付ける薬はない!-快把我哥帯走-』(テンセント)などのラレコ作品の他、『がんばれ!ルルロロ』(NHK)、『Caribadix』(サンリオ原作 テレビ東京)など、個性的でキャッチーな短編アニメーション制作に定評があります。

●キャラクター紹介
・烈子(れつこ)
キャラリーマン商事株式会社の経理部で働くレッサーパンダ。
憧れの商社で華の丸の内OL生活と思いきや、現実は無茶な仕事を押し付けてくる上司や自分勝手な同僚に振り回される毎日。言い返せないが怒りがたまると我慢できず、一人カラオケでデスメタルを歌ってストレスを発散するのだ。

アグレッシブ烈子

・ゴリ部長
マーケティング部門で働くバリバリの女部長。見た目の迫力とは裏腹に意外と繊細な心の持ち主で、思ったことを言えないことが多い。コンサバファッションでオシャレなのに外見がアレなのでいじられ、家に帰って枕を濡らす。

アグレッシブ烈子

・鷲美 (わしみ)
社長秘書を務める美人ヘビクイワシ(秘書の鳥)。社長の痒い所に手が届く敏腕秘書だが社長の人使いの荒さとメンタルの弱さにうんざりしている。仕事ではクールだがプライベートは派手なほう。

アグレッシブ烈子

サンリオ公式サイト「アグレッシブ烈子」:http://www.sanrio.co.jp/character/aggressiveretsuko/
アグレッシブ烈子Facebook:https://www.facebook.com/retsuko.anime/

(C)’15,’17, SANRIO サンリオ/TBS・ファンワークス

→『アグレッシブ烈子』の記事を探す

→2018年4月アニメ新番組特設ページ