MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『この世界の片隅に』動員ランク2週目も10位!前週比124%で10万人突破!

日本中の想いが結集!
100年先も伝えたい珠玉のアニメーション『この世界の片隅に』

全国映画動員ランキング、2週目も10位にランクイン(興行通信社調べ)
週末動員 前週比124%、はやくも10万人突破!

この世界の片隅に

片渕須直監督が6年の歳月をかけて作り上げたアニメーション映画『この世界の片隅に』が絶賛上映中です。本作は戦時下の広島・呉を舞台に、大切なものを失いながらも前を向いて生きる女性、すずを描いた珠玉のアニメーション映画です。

2週目の、11月19日(土)、20日(日)の週末興行成績は5679万8980円、動員は3万9638名で、公開館数は68館(初週より+5館)、前週比124%の動員となり、全国映画動員ランキングで再び10位にランクインを果たしました。累計動員は11万7332名、累計興収は1億6289万9760円と、早くも10万人を突破しています。

初週土日は、男女比8:2で、30~40代が中心となっていたが、平日にシニアや学生が多数来場し、土日比で大幅に落ちることなく、満席の映画館も続出しました。

2週目となったこの土日は、男女比5:5、ファミリーや学生の姿も多くみられ、都市部では外国人客の来場も増えており、性別・年齢を問わず幅広い層が劇場に詰めかけました。

テアトル新宿においては、1週間の興行収入がこの10年間での歴代1位の記録を達成しています(※テアトル新宿 11月12日(土)~18日(金) 【週計】 動員:7687人 興収:1135万9400円)。

片渕須直監督は公開後も勢力的に、11月14日東京・テアトル新宿、11月18日広島・福山駅前シネマモード、11月19日山口・イオンシネマ防府、11月20日東京・テアトル新宿(バリアフリー上映)での舞台挨拶を行っており、『この世界の片隅に』を伝えるべく全国行脚しています。

今後も、11月24日大阪・テアトル梅田、11月27日宮城・チネ・ラヴィータ、109シネマズ富谷、12月4日滋賀・イオンシネマ近江八幡、京都・イオンシネマ京都桂川、など劇場からの舞台挨拶依頼も殺到しています。

「この映画をみてほしい」、「この映画をまたみたい」という熱が、都市部から日本全国へとさらに拡がりをみせており、今週末11月26位置(土)からは78館に拡大。さらに勢いを増してきた『この世界の片隅に』、どうぞご注目ください。

●原作コミック(上・中・下3巻)は相次ぐ重版で、60万部を突破。
コトリンゴによるオリジナルサウンドトラックは、iTunes「サントラ」ジャンルで、11月19日~21日にかけてアルバムランキングで1位、シングルではオープニングテーマ「悲しくてやりきれない」が1位、エンディングテーマ「たんぽぽ」と主題歌「みぎてのうた」もTOP10内にランクインしています(11月21日17時現在)。

『この世界の片隅に』
テアトル新宿、ユーロスペース他大ヒット公開中!!!!!

(C)こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会

●次の記事もオススメ ——————
『この世界の片隅に』全国映画動員ランキング10位にランクイン!

『ワカコ酒』アニメ化記念展示も!広島ゆかりの作家、作品展開催

→『この世界の片隅に』の記事を探す