MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『シン・ゴジラ』興行収入80億円を突破! 実写邦画では3年振りの記録

第1作の『ゴジラ』(1954年)が公開されてから60年以上、現在までに国内で、計29作品が製作され、日本を代表するシリーズ映画として君臨する「ゴジラ」。29作目として、7月29日(金)に封切られた、『シン・ゴジラ』は公開以来、空前の大ヒットを記録。

迫力の映像、圧倒的な情報量、緻密な取材に基づくリアリティで、これまでのゴジラシリーズでは考えられないほど幅広い層の観客を獲得、数多くのリピーターも生み出し、社会現象となっています。

シン・ゴジラ

公開から11月16日(水)までの111日間で、観客動員551万人、興行収入は遂に80億円を突破しました。

興行収入80億円超えの記録は、邦画実写映画としては2013年12月21日に公開された『永遠の0』(最終興行収入87.6億円)以来となる記録となりました。

●『シン・ゴジラ』最新動員状況(11月16日現在、公開111日時点)
・観客動員:5,513,652人
・興行収入:8,001,673,200円

『シン・ゴジラ』
全国東宝系にて大ヒット公開中!

(C)2016 TOHO CO.,LTD.

●次の記事もオススメ ——————
これはやばいゴジラ。愛くるしい姿で登場の通称“蒲田くん”

『シン・ゴジラ 』デジカメ、笑撃のサンプルフォト第2弾が発表

→『ゴジラ』の記事を探す