MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

小栗旬が「オールナイトニッポン」で『ミュージアム』ギリギリトーク!

興行収入45億を記録した大ヒット映画『信長協奏曲』を始め、主演映画が連続ヒット、今最も勢いのある俳優・小栗旬と、『るろうに剣心』シリーズで累計興行収入125億円を叩き出し、日本映画に新風を巻き起こした大友啓史監督の史上最強のタッグが世におくる衝撃のノンストップスリラーエンターテイメント『ミュージアム』が、ついに本日11月12日(土)全国公開!

そして11月11日(金)25:00~、主演・小栗旬が、この日限定で「オールナイトニッポン」に復帰! ニッポン放送にて『#小栗旬 のオールナイトニッポン 映画「ミュージアム」公開前夜祭』特別番組を放送しました。

ミュージアム

映画『ミュージアム』公開前夜に、あえて小栗本人がその熱を“生”で伝えたいということで実現。小栗は約5年半ぶりにパーソナリティを務め、野村周平、主題歌を担当したロックバンド「ONE OK ROCK」のヴォーカル・Taka、大友啓史監督ら、「前夜祭」に相応しい豪華ゲストの面々がスタジオに勢揃いし、関係者もヒヤヒヤするほどの、深夜ならではのギリギリトークを繰り広げました。

軽快なオープニングでスタートした特番。この日はラジオ放送のほか、「LINE LIVE」でも生配信を実施。複数セッティングされたカメラに囲まれ、思わず劇中で主人公・沢村が閉じ込められる“監禁部屋”のようだと一同ニヤリ。

本日公開ということで、リスナーの質問に答えながら、今だからこそ語れる過酷な撮影現場でのエピソードや、「ワクワクするほど本当にカッコいい!」と小栗、野村、大友監督絶賛の主題歌「Taking Off」誕生秘話、小栗が仕掛け話題となった「ハロウィン」「東京国際映画祭」サプライズイベントの裏トークを展開。

「ドッキリ大好きなんですよ。気合を入れて、唐突にそのお客さんのためにだけに仕掛けたい」と小栗は吐露。大友監督も「本当にビックリさせられた。そういえば、あの日は関係者の様子がおかしかったんだ」と振り返りました。

ミュージアム

さらに、もうひとりのサプライズゲスト・妻夫木聡は収録コメントで参加し、2時間もかかる特殊メイクで撮影に臨んだ妻夫木は、カエル男のマスクで視界が狭く、思いっきりカメラに突っ込んでしまった失敗談を披露。小栗旬の暴露話まで飛び出し、笑いを誘いました。

最後に映画の見所について、野村は「衝撃のスリラーエンターテイメント! 見たことない、聞いたことない作品になっています。ぜひ皆さんに見て欲しいです」とコメント。大友監督は「いろんな世代の方が、いろんな見方が出来る作品。深いドラマを意識して作りました。ハラハラドキドキの展開に悲鳴をあげて、それぞれ何かしらの感想を持ち帰って欲しい」と語り、Takaは「とにかく俳優さんたちの演技がヤバかった! 見終わった最後に、“良かったな”と思ってもらえるように意識した曲に仕上げました」とアピール。

特番は午前3時にまでおよび、最後に小栗は「この時間は流石にキツイと思ったけど、2時間もしゃべるとテンションあがるね。今日はこんな感じのギリギリトークでしたが、今度はクリーンな内容を目指して、食レポありの午後3時にでもラジオにまた戻ってきたいね(笑)。そして、いよいよ本日公開! がんばったと思うので是非見て欲しいです」と締めくくりました。

『ミュージアム』
11月12日(土)全国ロードショー

(C)巴亮介/講談社 (C)2016映画「ミュージアム」製作委員会

●次の記事もオススメ ——————
悪魔のアーティスト・カエル男『ミュージアム』明日11月12日公開

→『ミュージアム』の記事を探す