MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

flumpool「ナミダリセット」、『サクラダリセット』後篇EDテーマに決定

誰も出会ったことのない物語――傑作青春ミステリー小説、二部作にて実写映画化!

flumpool新曲「ナミダリセット」
映画『サクラダリセット』後篇エンディングテーマに決定!

サクラダリセット

昨年、第8回大学読書人大賞を受賞した「いなくなれ、群青」から始まる<「階段島」シリーズ>が累計50万部を突破し、ますます注目を集める作家・河野 裕の原点にして最高傑作。ライトノベル界屈指の名作「サクラダリセット」シリーズが待望の実写映画化を果たし、3月25日(土)より前篇、5月13日(土)より後篇、2部作連続にて全国ロードショーされます。

「リセット」の一言で、世界を最大3日分巻き戻すことができる―この卓越した能力を巡って、能力者たちが暮らす街“咲良田”を舞台に、想像を超えた物語が展開。驚異的な「記憶保持」の能力を持つ高校生・浅井ケイが、「リセット」の能力を持つ春埼美空と共に、2年前に死んでしまった同級生、相麻 菫をよみがえらせるために、様々な能力を組み合わせた作戦に挑みます。

時制が錯綜する緊迫のミステリーであると同時に、刹那のときめきと哀しみが胸打つ青春ラブストーリーでもあるの主題歌は、ヴォーカル山村の月9ドラマ「突然ですが、明日結婚します」出演でも話題を呼び、今年5月から日本武道館にて行われる2days公演を皮切りに秋からは全国ライブツアーも予定しているflumpoolの「ラストコール」(作詞:山村隆太/作曲:阪井一生)。どこか優しさとせつなさを感じるメロディと、未完成な青春の脆さ、そして強さを表現した歌詞が、壮大な物語の世界を繊細に彩っています。

そしてこの度、主題歌「ラストコール」に続いて、flumpoolによる書き下ろしの新曲「ナミダリセット」(作詞:山村隆太/作曲:阪井一生)が、後篇のエンディングテーマに決定しました。

「過去の呪縛との戦いだった前篇から一転、咲良田の未来との対峙を描いた後篇では、まったく違ったエンディング楽曲が聴きたい」と映画プロデューサーより2曲目の書き下ろしを依頼。主題歌「ラストコール」は、前篇のエンディングでありながら、二部作の折り返しを担い、物語が終着した達成感、それ以上のどんでん返しがまだ進む先(後篇)へと駆り立てる疾走感、ふたつを兼ね備えています。

一方、後篇エンディングテーマ「ナミダリセット」は、前後篇すべての伏線が見事に美しく収束する結末をやさしく包み込むバラードとなっており、劇中のひとつひとつのシーンを思い返せるような作品の余韻を心に刻みます。

前後篇「ラストコール」、「ナミダリセット」は、映画公開時期と同じ2017年春に作品としてリリースが決定、また、flumpoolのこの作品を象徴する新たなビジュアルもflumpoolオフィシャルサイトにて公開されました。

flumpool●山村隆太さん(flumpool)コメント
涙をテーマにした歌です。
人が、人生の中で1番ドキッとする瞬間、心が動く瞬間、優しくなれる瞬間、強くなれる瞬間。
それは好きな人や大切な人が泣いた瞬間です。

身体中から喜びがこみ上げることもあれば、生きてきたすべてを悔やむこともあります。
新しい命の誕生に震えることもあるでしょう。

きっと一粒の涙が人を、そして世界を変えていきます。
サクラダリセットの世界も、僕らの世界も。
涙の力を歌にしました。ぜひ聞いてください。

●深川栄洋監督コメント
目を瞑って曲の世界に身を任せてみれば、理想を持って戦い続けた若者の、それぞれの姿がまぶたの裏のスクリーンに浮かぶ。優しくて強いバラード。

●春名 慶プロデューサーコメント
過去の呪縛との戦いだった前篇から一転、咲良田の未来との対峙を描いた後篇では、まったく違ったエンディング楽曲が聴きたくなり、ワガママをお願いしました。未来は、大人の理屈じゃなく子供たちによってつくられていく。そういったメッセージを託して欲しくて、少年少女のコーラスをリクエストしました。

進むべき未来に少しでも悲しみがなくなって欲しいと果敢に挑む、その奮闘の最終地点を優しく包み込むバラードを産んでいただけました。

『サクラダリセット』
【前篇】3月25日(土)【後篇】5月13日(土)二部作連続公開!

(C)2017映画「サクラダリセット」製作委員会

●次の記事もオススメ ——————
flumpool「ラストコール」、映画『サクラダリセット』主題歌に決定!

→『サクラダリセット』の記事を探す