MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『ヘヴィーオブジェクト』第2話、捕虜となったエリートを待つのは悲劇

好評放送中の『ヘヴィーオブジェクト』。先日の電撃文庫 秋の祭典2015のステージで、花江夏樹さんが「戦闘シーンの砲撃やオブジェクトの走行音、音楽などの音の中で石川界人さんと2人でどなりあった」と語った第2話が本日から放送。

「絵に勝っていた、圧勝だった」と勝利宣言を行った花江さんに対し、ありえない数のカットを行い、さらに完成度を高める作業をしたというその第2話のあらすじと場面写が届きました。

ヘヴィーオブジェクト

●第2話「ガリバーを縛る雑兵たち アラスカ極寒環境雪上戦II」
脚本:吉野弘幸
絵コンテ:渡部高志
演出:藏本穂高
作画監督:関口雅浩

「正統王国」アラスカ前線基地に迫る「信心組織」のオブジェクト。氷雪地帯での戦闘に特化した「ウォーターストライダー」と呼ばれるそれは、「ベイビーマグナム」を大破させ、さらに移動基地に狙いを定める。

ヘヴィーオブジェクト

ヘヴィーオブジェクト

その時、脱出したミリンダから、敵の注意を引きつけるための救難信号が発信される。オブジェクトの蹂躙から味方を守るため、自分を犠牲にしたその行為に、愕然とするクウェンサー。機密の一端である「エリート」が捕虜となった場合、待ち受けているのは悲劇だけ。

ヘヴィーオブジェクト

ヘヴィーオブジェクト

オブジェクトを相手に、いつも自分たちを守ってくれていた「お姫様」を救うため、クウェンサーとヘイヴィアは彼女の元へ向かう――。

ヘヴィーオブジェクト

ヘヴィーオブジェクト

公式HP:http://heavyobject.net/
公式ツイッター:@ho_anime
※推奨ハッシュタグ:#heavyobject

(C)2015 鎌池和馬/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊/PROJECT HO

●次の記事もオススメ ——————
核兵器にも耐える、大型兵器オブジェクトは戦争の常識を変える

『ヘヴィーオブジェクト』第1話、その平穏は轟音と共に破られる。

本日放送開始!『ヘヴィーオブジェクト』キャスト座談会開催

→2015年10月アニメ新番組特設ページ