MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

TOEI HERO NEXT 第1弾 仮面ライダーオーズの映司×アンクが主役の『PIECE ~記憶の欠片~』

《仮面ライダーオーズ》の2人が挑む、新感覚ミステリー!
『PIECE ~記憶の欠片~』

piece.jpg

“若手俳優の登竜門”として名高い『仮面ライダー』『スーパー戦隊』シリーズ。
その出演者たちが“スーパーヒーロー”としての仮面を脱ぎ捨て、次なるステージへと挑む新レーベル「TOEI HERO NEXT」。
記念すべき第1弾が、ここに始動する――。


「TOEI HERO NEXT」第1弾の主役は、『仮面ライダーオーズ』<映司×アンク>の名コンビでおなじみの渡部秀と三浦涼介。
今度の2人は<トラウマを抱えた元エリート記者×五重の人格を持つカメラマン>という難役へ生身の演技で挑み、新境地を切り拓く。
監督は『SHINOBI』などの劇映画や、TVドラマ、MVなど多方面で活躍する下山天。
脚本には数多くの漫画・アニメの原作者であり『仮面ライダーW』のメインライターとしても話題を集めた三条陸。
2つの才能が紡ぐ斬新な映像世界とスリリングな物語が、等身大のヒーローたちを魅惑的に描き出す。
●ストーリー
元エリート記者・千野智紀(渡部秀)は、3年前に恋人を亡くしたことをきっかけに堕落した生活を送っていた。
そんな中、人間が石化して死亡する怪事件が連続発生。マスコミは都市伝説的な扱いで“大都会のゴーゴン事件”として取り上げる。
事件によって3年前の記憶が呼び起こされた智紀は、独自に捜査を進める中、五重人格のカメラマン/零(三浦涼介)に出会う。
零が追うのは怪事件の現場で発見される謎の金属片=PIECE。
過去の真相を追う智紀と、PIECEを追う零。2人がコンビを組んだとき、隠された謎が次第に解き明かされていく。
恋人の死の真相、ゴーゴンの正体、そしてPIECEとは。
すべての謎はやがて、パズルのピースのように重なり合い、2人は衝撃の真実を目の当たりにする。
(C)「PIECE」製作委員会
『PIECE ~記憶の欠片~』
9月1日(土)公開
→『PIECE ~記憶の欠片~』の記事を探す