MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

V3達成! 映画『SUPER 8/スーパーエイト』3週連続、動員No.1!! .

V3達成!
映画『SUPER 8/スーパーエイト』
3週連続、動員No.1!!
観客動員数100万人突破!!
洋画復興の兆し! 9週連続<洋画>が1位占有!
今週末のハリーポッター、翌々週のトランスフォーマーへ バトンをつなぐ!
映画界の巨匠スティーブン・スピルバーグとJ.J.エイブラムスが初タッグを組んだ、この夏注目の衝撃と感動のSF超大作『SUPER 8/スーパーエイト』(パラマウント ピクチャーズ配給、全米公開6月10日)が、6月24日に公開。公開3週で、動員100万人超え、興収12.5億円を記録し週末の興行ランキングにおいて動員数、3週連続の首位をキープしております。


TOPICS 1:V3達成! 興収ランキング動員数において3週連続、第1位!!
今年公開された洋画で、パイレーツ、ナルニアに次ぐ、第3位のオープニング興行成績を記録し、公開後3週間連続、動員1位となり、動員数100万人を突破しました。
[6月24日~7月10日の17日間計]観客動員数1,007,153人、興行収入1,251,705,900円(全国517スクリーン)
TOPICS 2:2011年下半期、興収ランキングは、洋画が占有!
2011年開始は、『相棒』の1位のスタートで始まり、相棒2週連続、ソーシャルネットワークの2週連続、ガンツが4週、ナルニア1週1位にランキング後、ドラえもん1週─>SP 3週─>仮
面ライダ─>コナン2週─>ガンツ1週─>コナン1週─>岳1週と、2011年上半期は、10週連続邦画にランキング1位を占有されていたが、ブラックスワン1週─>パイレーツ5週─>スーパーエイト3週─>のち、『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』(7月15日公開)、『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』(7月29日公開)の公開を控え、洋画が10週以上1位を占有することは確実。
スーパーエイトの大健闘で、邦画作品に譲ることなく洋画で首位独占、洋画復興の兆しが!!
●イントロダクション
映画を愛する全ての人へ、スピルバーグ&JJが贈る 衝撃と感動のSF超大作!!
1979年、アメリカの秘密軍事施設・エリア51から“何か”を輸送中、脱線事故 が発生。
偶然8ミリ映画の撮影をしていた少年たちが、その一部始終を撮影してしまう。
そこで彼らは永遠に忘れられない未知との出会いを経験する──
●ストーリー
映画の舞台は、1979年。オハイオの町で、ジョーと5人の仲間たちがスーパーエイトカメラで映画撮影をしていると、トラックと貨物列車の衝突事故に遭遇する。脱線した貨物列車には「アメリカ空軍」の文字。アメリカ政府は空軍施設エリア51を閉鎖し、オハイオ州のある場所へ研究素材の全てを移送中だったのだ。
燃え上がる現場に残されたカメラは事故の一部始終を撮影してしまう。そして、ジョーたちが忘れた8mmフィルムの空き箱を発見した米軍は、極秘情報が何者かに目撃されてしまったことに気づき、町中を捜索しはじめる。
同じ頃、町中から飼い犬がいなくなり、行方不明者が出るなど不可解な出来事が次々に発生する・・・。
タイトル:『SUPER 8/スーパーエイト』( 原題:『SUPER 8』)
監督・脚本:J.J.エイブラムス
製作:スティーブン・スピルバーグ、J.J.エイブラムス、ブライアン・パーク
音楽:マイケル・ジアッキーノ
撮影監督:ラリー・フォン
編集:メリアン・ブランドン、メリー・ジョー・マーキー
美術デザイン:マーティン・ウィスト
コスチュームデザイン:ハ・ヌンイェン
キャスト:ジョエル・コートニー、エル・ファニング、カイル・チャンドラー、イリー・グリフィス、ライアン・リー、ガブリエル・バッソ、ザック・ミルズ、ロン・ルード
全米公開:2011年6月10日
配給:パラマウント ピクチャーズ
宣伝:KICCORIT
『SUPER 8/スーパーエイト』
TOHOシネマズ 日劇他、全国大ヒット公開中!
→『SUPER 8/スーパーエイト』の記事を探す
→スピルバーグの記事を探す
→J.J.エイブラムスの記事を探す