MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

2011年9月の記事

檀れい、ミラ対面!『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』ロンドンプレミア

ハリウッドと日本の華が艶やかな2ショット!
吹き替え版声優 檀れいが着物姿でミラと登場 ロンドンプレミア
『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』が10月28日(金)より全国公開します。
この秋、もっとも注目度の高い本作のUKワールドプレミアが10月4日(現地時間)に行われることとなりまして、ミラ・ジョヴォヴィッチ、オーランド・ブルーム他豪華キャストが出演します。

→続きを読む

2011年の映画ニュース, 映画ニュース          MOVIEW

『マイウェイ 12,000キロの真実』オダギリジョー<日本人俳優>として初の審査員に!

日本、ソ連、ドイツ。捕虜になり3つの軍服を着ることになった数奇な運命。
アジアからノルマンディーまで、12,000kmを生き抜いた、真実の物語
製作途中の作品ながら、釜山国際映画祭で異例のメイン作品枠での公式記者会見に!!
オダギリジョー<日本人俳優>としては初めての審査員に!!
釜山国際映画祭史上“初”作品&審査員でのW参加が決定
2012年1月14日(金)全国公開の『マイウェイ 12,000キロの真実』が、10月6日(木)より、韓国釜山市で開催される同映画祭に、製作途中の作品ながらメインイベント扱いで参加することが明らかになりました。

→続きを読む

2011年の映画ニュース, 映画ニュース          MOVIEW

『1911』日本版ポスター&予告が全世界プロモーションツールに!!

ジャッキー・チェン出演100作目にあたる記念すべき超大作『1911』(配給:東映)が11月5日(土)、丸の内TOEI他にて全国超拡大ロードショーされます。
今回、世界での『1911』のプロモーションに際し、日本の宣伝ツール(特報・予告・ポスター)が、全世界でのプロモーションツールのマスターに採用されました。
日本版ポスターが一部の国で採用された例はありましたが、日本で制作した予告やポスターが全世界プロモーションツール(公式デリバリー宣材)となるのは今回が初めてです。

→続きを読む

2011年の映画ニュース, 映画ニュース          MOVIEW

巨大な惑星メランコリアが世界の終わりをもたらす『メランコリア』公開決定!

ブロードメディア・スタジオ配給『メランコリア』2012年2月 公開決定!
『奇跡の海』『ダンサー・イン・ザ・ダーク』のラース・フォン・トリアー監督最新作 第64回カンヌ国際映画祭主演女優賞 キルスティン・ダンスト受賞
『奇跡の海』でカンヌ国際映画祭グランプリ、『ダンサー・イン・ザ・ダーク』で同映画祭パルムドールを受賞した鬼才、ラース・フォン・トリアー監督の最新作『メランコリア』が、2012年2月TOHOシネマズ渋谷他全国公開となります。

→続きを読む

2011年の映画ニュース, 映画ニュース          MOVIEW

『インモータルズ -神々の戦い-』優木まおみが日本語吹替版声優に決定!

映像の魔術師ターセム・シン『300<スリーハンドレッド>』製作スタッフが生み出した 独創的なギリシャ神話の世界を舞台に、壮絶な神々の戦いを描く3Dアクション・スペクタクル超大作
優木まおみ、ギリシャ神話の「知恵の女神」アテナ役でハリウッド実写映画で自身初の日本語吹替版声優出演決定!
東宝東和配給、11月11日に公開される『インモータルズ -神々の戦い-』 (原題『IMMORTALS』)に登場する神々の一人で、才色兼備の「知恵の女神」アテナ役にマルチな分野で活躍し「エロかしこい」の代名詞で人気を誇る優木まおみが日本語吹替版の声優出演が決まった。優木の声優出演は、劇場版アニメ『名探偵コナン 天空の難破船(ロスト・シップ)』(2010年)以来となるが、ハリウッド実写映画では初となる。

→続きを読む

2011年の映画ニュース, 映画ニュース          MOVIEW

Vol.151 『ニューヨーク1997』

ニューヨーク1997観賞映画振り返りコラムの56回目は1981年に観た『ニューヨーク1997』。友人2人と日比谷映画で観賞。ジョン・カーペンター監督の近未来SF。
島全体を高い壁で囲い、重犯罪者のみを収容する刑務所となっているマンハッタン島に大統領専用機が墜落してしまう。乗っていた大統領を救うために白羽の矢を立てられたのは元軍人の犯罪者スネーク。小型爆弾を体内に注入されてしまったスネークが大統領救出にかけられるタイムリミットは24時間。力こそがすべての刑務所からはたして大統領を救い出すことができるのか?

→続きを読む

SF映画, コラム          MOVIEW

『電人ザボーガー』<FANTASTIC FEST>ファンタスティック部門監督賞受賞!

全米最大のファンタスティック系映画祭<FANTASTIC_FEST>ファンタスティック部門にて『電人ザボーガー』井口昇 監督賞受賞!
9月26日(月)(日本時間27日(火))、ファンタスティック・フェスト(アメリカ・テキサス州)にて、『電人ザボーガー』の監督:井口昇が、ファンタスティック部門にて監督賞を受賞いたしました!
部門は、長編にはホラーと、コメディーとファンタスティックの3部門がありそのうちのひとつ。このファンタスティック部門に、昨年は園子温監督の『冷たい熱帯魚』がこの部門の脚本賞を受賞しています。

→続きを読む

2011年の映画ニュース, 映画ニュース          MOVIEW

『奇跡』是枝監督サン・セバスチャン国際映画祭最優秀脚本審査員賞受賞!

奇跡是枝裕和監督最新作『奇跡』
第59回サンセバスチャン国際映画祭コンペ部門で最優秀脚本審査員賞受賞!
是枝監督&まえだまえだの受賞後コメント到着!
この度、スペインで開催された第59回サンセバスチャン国際映画祭コンペティション部門の審査結果が現地時間24日に発表され、映画『奇跡』の是枝裕和監督が優秀脚本審査員賞を受賞いたしました。是枝監督は『ワンダフルライフ』で同映画祭国際批評家連盟賞、『歩いても歩いても』で脚本家協会賞を受賞したことはあるが、本賞での受賞は4度目の参加にして初めてとなります。さらにカトリックメディア協議会(SIGNIS)からもSIGNIS Awardを受賞!

→続きを読む

2011年の映画ニュース, 映画ニュース          MOVIEW

ジャッキー・チェン『1911』香港チャリティ・プレミア&記者会見

ジャッキー・チェン出演100作目にあたる記念すべき超大作『1911』(配給:東映)が11月5日(土)、丸の内TOEI他にて全国超拡大ロードショーされます。
近代中国の新たな道しるべとなった、1911年の≪辛亥革命≫から100周年を迎える2011年。この記念すべき年に、構想10年、製作費30億円をかけて製作された本作は、中国が世界に誇るスーパースター、ジャッキー・チェン自ら総監督・主演も務め、『レッドクリフ』のスタッフが贈るエンターテインメント大作となります。
この作品は、東映株式会社の洋画買付作品の新レーベル「TOEI TRY△NGLE東映トライアングル」として、第一弾の『アジョシ』に続いて配給される第二弾作品となります。
この度、日本公開に先駆け、9月29日(木)より公開予定の香港にて、ジャッキー・チェン、リー・ビンビン、ウィンストン・チャオらが出席し、9月24日(土)に記者会見が、25日(日)にチャリティ・プレミアが開かれました。

→続きを読む

2011年の映画ニュース, 映画ニュース          MOVIEW

『とある飛空士への追憶』完成披露試写会に神木隆之介×新ヒロイン・竹富聖花登壇!

『時をかける少女』『サマーウォーズ』など名作を世に贈り出してきたアニメ・スタジオ、マッドハウスの最新作で、10月1日公開のアニメ映画『とある飛空士への追憶』完成披露試写会が、都内で行われた。俳優の神木隆之介(18)、竹富聖花(16)、監督の宍戸淳、原作者の犬村小六が登壇。
主人公の一等飛空士・シャルルの声を担当した神木は「年上(21歳)の役は初めての挑戦だったので、なるべく声を低く低くと意識した。元々声が高いので。いざ聞くと別人だな~と思いました。自分、こんな声出せたんだ、意外だなって。そういう意味では良かったです」と、新境地開拓に自信をのぞかせた。また、「シャルルは芯の通った強い心を持っている青年なので、その強さを心がけました、と振り返った。
名もなき飛空士と次期皇妃との身分違いの切ない恋を主軸に、たった一機の水上偵察機が敵の圧倒的戦力を突破する様を描いたストーリー。神木は「大きなテーマは究極のラブストーリー。空の美しさや空中戦も見所」とアピールし、「シャルルの気持ちを理解して、声で表現することは難しいと思いながら、どう表現したらいいかを気を付けて撮りました」とアフレコを振り返った。

→続きを読む

2011年の映画ニュース, 映画ニュース          MOVIEW

溝端淳平さん・檀れいさん公開アフレコ『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』

溝端淳平 初の洋画アフレコで主役に挑戦!
檀れいは“17世紀のボンドガール”に!
溝端淳平、檀れいからの「素敵な声」に大喜び! 公開アフレコイベントのご報告
9月22日、都内スタジオにて、10月28日公開 映画『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』の公開アフレコイベントを実施しました。
ローガン・ラーマン演じる物語の主人公、三銃士の若き“ルーキー”<ダルタニアン>役の溝端淳平、ミラ・ジョヴォヴィッチ演じるミステリアスな美しきスパイ< ミレディ>役の檀れいが登場。お二人とも洋画のアフレコ初挑戦。溝端は、公開アフレコで使用したシーンが一番苦労したシーンだと言い、「スタッフに悪意を感じます。」と冗談を交えて、イベントがスタートしました。

→続きを読む

2011年の映画ニュース, 映画ニュース          MOVIEW

『第7鉱区』ポスター画像と予告編動画がついに解禁!!

製作費100億ウォン、オール国内CGによる
韓国初の本格3Dアクション『第7鉱区』(11月12日公開)のポスター画像と予告編動画がついに解禁!!
九州・鹿児島西部に位置する「第7鉱区」の茫々たる大海原にそびえる石油ボーリング船・エクリプス号。産油国を夢見て必死に作業する隊員たちの予想とは裏腹に、ボーリング作業はいつも失敗に終わり、本部から撤収命令が下される。
長年、「第7鉱区」に石油があると信じてきた海底装備マネージャーのへジュン(ハ・ジウォン)は、本部の一方的な命令に強く反発していた。そんなある日、へジュンと隊員たちがボーリング作業に取りかかろとしていた最中、突然本部との通信が途絶え、エクリプス号に不穏な気配が漂い始める・・・
大海原に浮かぶ石油ボーリング船、そこに突如現われた“謎の深海生物”と、逃げ場のないボーリング隊員の命を懸けた死闘が始まった。

→続きを読む

2011年の映画ニュース, 映画ニュース          MOVIEW