MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

2011年1月の記事

『電人ザボーガー』ワールドプレミア上映 in ロッテルダム国際映画祭

1月28日(金)22:30(日本時間1月29日(土)6:30)より、第40回ロッテルダム国際映画祭Cinerama1(キャパ200名)にて、『電人ザボーガー』のワールドプレミアが行われました。
ゲストとして招待された井口昇監督は、見どころ解説をするために、上映前に10分ほどの<イントロダクション>に登場。すでに熱気に満ちていた会場は、監督の登壇と共に歓声があがりました。トーク内容は、本タイトルが1974年のTVシリーズだったことや、2部作にわかれていることなど、作品概要についてだったが、「上映後のQ&Aに何かが起こります」という予告が入ると、井口ファンが多数かけつけている観客はほぼ何が起こるか予想し、大歓声へ。
上映中は終始笑い声が絶えず、エンドロール前には拍手喝采!

→続きを読む

2011年の映画ニュース, 映画ニュース          MOVIEW

Vol.130 『攻殻機動隊 S.A.C SOLID STATE SOCIETY 3D』

攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Solid State Societyマスコミ試写にて『攻殻機動隊 S.A.C SOLID STATE SOCIETY 3D』を観賞。TVスペシャルアニメとしてペーパービュー放映された『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Solid State Society』を3D化し、劇場公開する作品。
TVスペシャルといってもその緻密な描写、シナリオともにすでに劇場版に匹敵するクォリティを持った作品だっただけに、今回の3D化によってスクリーンで観られるのはファンにとってはうれしいのではないでしょうか。
『攻殻機動隊』シリーズは士郎正宗さんの近未来SFコミックを原作とし、劇場版、TVシリーズのアニメが制作されました。『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Solid State Society』はTVシリーズ2作品の続編として作られたオリジナル長編ですが、TVシリーズを観ていなくても楽しめます。

→続きを読む

コラム, 劇場版アニメ・イベント上映          MOVIEW

アカデミー賞『127時間』6部門ノミネート!

『127時間』
アカデミー賞に再びダニー・ボイル旋風!
ジェームズ・フランコは、授賞式の司会者としても大注目!
6月公開決定!
感動の実話からうまれた、『スラムドッグ$ミリオネア』ダニー・ボイル監督待望の最新作
共同配給:20世紀フォックス×ギャガ(宣伝)
全世界で23の映画賞を受賞し、総計117賞のノミネートで受賞記録更新中!!
日本時間1月25日夜、第83回アカデミー賞のノミネート作品が発表され、『スラムドッグ$ミリオネア』で2年前のアカデミー賞で最多8部門を受賞したダニー・ボイル監督の最新作『127時間』(原題:127hours)が、作品賞、主演男優賞(ジェームズ・フランコ)、脚色賞、編集賞、楽曲賞、主題歌賞の計6部門に見事ノミネートされました!

→続きを読む

2011年の映画ニュース, 映画ニュース          MOVIEW

アカデミー賞『ザ・ファイター』6部門7ノミネート

『ザ・ファイター』各国主要映画賞43部門受賞!!
クリスチャン・ベール25冠! ※2011.1.25現在
3月26日(土)公開!
ギャガ株式会社配給、3月26日(土)より公開となります『ザ・ファイター』ですが、日本時間の1月25日(火)に発表となりました第83回アカデミー賞にて、作品賞他、監督賞(デヴィッド・O・ラッセル)、助演男優賞(クリスチャン・ベール)、助演女優賞(メリッサ・レオ/エイミー・アダムス)、脚本賞、編集賞計6部門7ノミネートされました!
本作は昨年の12月10日にアメリカで限定公開され館アベ$75,000をたたき出し、公開7週目の現在でもベスト10にランクインしている話題作です。特に大幅に減量をし、髪の毛を抜き、歯並びを変えるという驚異の役作りで、薬物中毒の元実力派ボクサー・ディッキーを怪演し、ゴールデン・グローブ賞他 25の助演男優賞を獲得、今シーズンの賞レースで助演男優賞最多のトップ独走中のクリスチャン・ベールはアカデミー賞大本命です。

→続きを読む

2011年の映画ニュース, 映画ニュース          MOVIEW

アカデミー賞『英国王のスピーチ』最多12部門ノミネート

『英国王のスピーチ』
注目度急上昇本年度賞レース大本命!
2月26日公開!
世界の映画賞38冠! 今この瞬間も感動が広がっています!
日本時間の1月25日(火)に発表になりました第83回アカデミー賞におきまして、『英国王のスピーチ』(2月26日日本公開)が作品賞、監督賞(トム・フーパー)、主演男優賞(コリン・ファース)、助演男優賞(ジェフリー・ラッシュ)、助演女優賞(ヘレナ・ボナム=カーター)、脚本賞、美術賞、撮影賞、衣装デザイン賞、編集賞、作曲賞、録音賞 最多12部門のノミネートとなりました。

→続きを読む

2011年の映画ニュース, 映画ニュース          MOVIEW

『インセプション』アカデミー賞 作品賞ほか8部門ノミネート!

インセプション Blu-ray & DVDセット プレミアムBOXワーナー・ホーム・ビデオ/デジタル・ディストリビューションからBlu-ray&DVDが絶賛発売中の『インセプション』が25日ロサンゼルスで発表があった第83回アカデミー賞候補となり、計8部門のノミネートを獲得した。
●ノミネート部門
作品賞
脚本賞
視覚効果賞
音響編集賞
撮影賞
美術賞
作曲賞
音響賞

→続きを読む

2011年の映画ニュース, 映画ニュース          MOVIEW

『キッズ・オールライト』アカデミー主要4部門ノミネート&初日決定!

第83回アカデミー賞ノミネート
4月29日(金)公開初日決定!
『キッズ・オールライト』
原題『The Kids Are All Right』
第83回アカデミー賞主要4部門ノミネート
作品賞
主演女優賞(アネット・ベニング)
助演男優賞(マーク・ラファロ)
脚本賞
実力派役者陣の圧倒的な演技力で、サンダンス、ベルリン映画祭で賞賛を得た本年度アカデミー賞最有力作品

→続きを読む

2011年の映画ニュース, 映画ニュース          MOVIEW

『トゥルー・グリット』アカデミー賞主要5部門を含む10部門ノミネート!

パラマウント ピクチャーズ ジャパン配給、3月18日(金)に公開される、アカデミー賞受賞監督、ジョエル&イーサン・コーエンの最新作『トゥルー・グリット』が、第83回アカデミー賞において、主要5部門を含む10部門(作品・監督・主演男優・助演女優・脚色・撮影・美術・衣装デザイン・録音・音響効果)のノミネーションが発表されました。
コーエン兄弟は、2007年の『ノーカントリー』で、アカデミー賞(作品賞・監督賞・脚色賞を含む)主要4部門を受賞して以来、2度目の受賞を目指し、また、主演のジェフ・ブリッジスも昨年『クレイジー・ハート』で主演男優賞を受賞し、スペンサー・トレイシー、トム・ハンクスに続く快挙となる、史上3人目の連続受賞を狙います。

→続きを読む

2011年の映画ニュース, 映画ニュース          MOVIEW

『ソーシャル・ネットワーク』アカデミー賞作品賞、監督賞ほか8部門ノミネート!

デヴィッド・フィンチャー監督作品
『ソーシャル・ネットワーク』
米ロサンゼルスで1月25日(火)、第83回アカデミー賞のノミネーション発表が行われました。
すでに、本作はゴールデン・グローブ賞を作品賞・監督賞ほか最多4部門で受賞、日本公開でも週末興行成績2週連続ナンバー1を獲得しているデヴィッド・フィンチャー監督の青春ドラマ『ソーシャル・ネットワーク』(大ヒット上映中!)は、作品賞、監督賞、主演男優賞、脚本賞、撮影賞、録音賞、作曲賞、編集賞の8部門でノミネート!

→続きを読む

2011年の映画ニュース, 映画ニュース          MOVIEW

『白夜行』リリー・フランキー「勝手に宣伝部」発足イベント

映画『白夜行』 リリー・フランキー「勝手に宣伝部」発足のご報告
今週29日、いよいよ公開!
1月29日(土)公開を控えた映画『白夜行』を、独自の切り口で宣伝しようと、イラストレーター/作家/俳優などで活躍しているリリー・フランキーが、「勝手に宣伝部」を立ち上げたことをご報告します。
映画『白夜行』の試写会後に発足記者会見が行われ、独自のCMを紹介。映画にちなんだ社交ダンスサークル「ほほえみ」のダンス演技、80年代聖子ちゃんカットヘアーショーが行われました。ウクレレえいじさんが、かなり寒いモノマネも連発。会場を微妙な空気にして盛り上げました!
日時:1月24日(月)18:05~19:00
場所:映画美学校試写室
登壇:リリー・フランキー、ウクレレえいじ、mc:杉原杏璃(すぎはらあんり)

→続きを読む

2011年の映画ニュース, 映画ニュース          MOVIEW

『冷たい熱帯魚』公開記念:園子温監督×倉本美津留さんトークショー

1月29日(土)日本映画界激震!
『冷たい熱帯魚』公開記念【むきだし特集】
園子温監督×倉本美津留さんトークショー
世界の映画祭で熱狂的支持を得ている園子温。ヒューマントラストシネマ渋谷にて開催された(1月8日~1月21日)、『冷たい熱帯魚』公開記念【園子温 むきだし特集】の最終日に園監督と、倉本美津留さんによるトークショーを行いました。
『自殺サークル』(2002)、『愛のむきだし』に出演し、『Make the Last Wish』(2008年、満島ひかり主演)の企画でもある倉本さんが、「40歳を過ぎて“親友”と呼べる人ができると思っていなかった」という園監督とのトークは息もぴったり。幻の未公開作品『Make the Last Wish』を観るべく集まった満員の客席からは、終始笑いの絶えないイベントとなりました。

→続きを読む

2011年の映画ニュース, 映画ニュース          MOVIEW

『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』初日舞台挨拶

中高生に人気絶大!
注目度No.1の 大政絢が受験生にエール!
海外映画祭からも続々オファー
映画『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』
初日舞台挨拶のご報告
“みーまー”の略称で愛され、シリーズ累計130万部を突破した大ヒットライトノベルの映画化『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』が、ついに1月22日(土)より公開となりました。これを記念し、東京・新宿の角川シネマ新宿にて初日舞台挨拶を行いました。

→続きを読む

2011年の映画ニュース, 映画ニュース          MOVIEW