MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

2010年11月の記事

日本映画界激震!『冷たい熱帯魚』初日決定

園子温、最高傑作にして金字塔的作品 誕生!
ヴェネチア国際映画祭を始めとする、数々の映画祭で絶賛されている、園子温による手加減無しの猛毒エンターテインメント、『冷たい熱帯魚』の初日が、2011年1月29日(土)に決定!!
本作は監督の実体験と、1993年の埼玉愛犬家殺人事件や数々の猟奇殺人事件からインスパイアされたダーク・ファンタジー。前作『愛のむきだし』が園作品の<陽>とするならば、本作はまさに<陰>。この2作品を観て初めて、園ワールドの完成形が堪能できるといえるだろう。

→続きを読む

2010年の映画ニュース, 映画ニュース          MOVIEW

『怪盗グルーの月泥棒 3D』興行収入10億円突破!! 全世界興収も5億ドル越え!

『怪盗グルーの月泥棒 3D』
興行収入10億円突破!!
全世界興収も5億ドル越え!
東宝東和配給、大ヒット上映中のアトラクション3D映画『怪盗グルーの月泥棒 3D』 (原題「Despicable Me」)が公開26日目の11月23日(火・祝)に興行収入10億円を突破した。11月20~21日の週末興収でも興収ランキングTOP5をキープするなど依然好調で、23日現在で興収10億4307万8600円、動員は71万2831人となっている。
また、ユニバーサルとイルミネーションによる初めての3D作品は、現在北米興収2億4,920万ドルを記録。これは今年公開のアニメーション映画の中では、『トイ・ストーリー3』に次ぐ成績。

→続きを読む

2010年の映画ニュース, 映画ニュース          MOVIEW

本年度オスカー本命、キングズ・スピーチ(原題)アメリカで絶好調スタート!

『キングズ・スピーチ/ The King’s Speech(原題)』
アメリカ限定公開 爆発大ヒットスタート!
─映画館1館あたりの平均成績、本年度No.1を記録─
本年度トロント映画祭にて最高賞(観客賞)を受賞し、既に2011年度のアカデミー賞最有力候補と話題を呼んでいる『キングズ・スピーチ』(原題:2011年春 TOHOシネマズシャンテ、Bunkamuraル・シネマ他にて公開)が11月26日にアメリカで限定公開され、週末の1館あたりの平均成績が本年度ナンバー1になるという大ヒットスタートを切りました!(館数:4館(NYとLA)、興収:約$350,000、館アベ:$85,448)

→続きを読む

2010年の映画ニュース, 映画ニュース          MOVIEW

『劇場版BLEACH 地獄篇』公開記念~「週刊少年ジャンプ」掲載の漫画を史上最速でテレビアニメ化!

2001年より「週刊少年ジャンプ」(集英社刊)にて連載が開始し、既刊47巻で6700万部を売上げ、来年2011年には連載10周年を迎える大人気漫画「BLEACH」。10周年イヤーの幕開けに相応しく、原作者・久保帯人が初めて製作指揮として参加した劇場版最新作、『劇場版BLEACH 地獄篇』がこのたび完成しました。
今作は原作でも明らかにされていなかった地獄の全容が明らかになるという10周年に相応しい作品となっており、ゲスト声優として『機動戦士ガンダム』シリーズなど数々の作品で人気を誇る名声優・古谷徹や『戦国BASARA』シリーズで今最も話題の声優・中井和哉も参加しております。
試写にて完成作品を観た原作者・久保帯人が「素晴らしい出来! ジャンプ映画らしい作品!」と大絶賛し、原作者お墨付きの出来栄えとなっております。

→続きを読む

2010年の映画ニュース, 映画ニュース          MOVIEW

Vol.125 『キック・アス』

キック・アスマスコミ試写にて『キック・アス』を観賞。下町コメディ映画祭in台東でジャパンプレミアを行ったアメコミヒーロー映画……ではありますがR15+のレイティングがなされていることでもわかるように、『スパイダーマン』などのヒーロー映画と違って子どもと楽しめる映画ではなく、けっこう人を選ぶ映画だと思います。
話としては、なんの力も持たない高校生が自前のスーツとマスクで自称ヒーロー“キック・アス”として自警団活動をするうち、ニコラス・ケイジが演じる“ビッグ・ダディ”、そして高度な訓練を受けたその娘“ヒット・ガール”とともに麻薬犯罪組織に立ち向かっていく……というアクション映画です。

→続きを読む

コラム, 冒険活劇映画          MOVIEW

『マクロスプラス』期間限定複数話無料

■バンダイチャンネル無料動画配信情報。
・『マクロスプラス』第1~2話無料

マクロスシリーズ

マクロス歴代シリーズ、期間限定無料配信作品
・『超時空要塞マクロス』第1~2話無料
・『超時空要塞マクロスII -LOVERS AGAIN-』第1~2話無料 12月3日まで
・『マクロス7』第1~2話無料 12月10日まで
・『マクロス ダイナマイト7』第1~2話無料 12月10日まで
バンダイチャンネル配信中の無料動画一覧 →バンダイチャンネルはこちら
→バンダイチャンネル配信中の無料動画一覧

アニメニュース, 無料アニメ動画配信          MOVIEW

『ロビン・フッド』ワールド・ファイナルツアー in JAPAN レッドカーペット&プレミア舞台挨拶

『ロビン・フッド』
ワールド・ファイナルツアー in JAPAN レポート Vol.2
ロビンより、「メリー・X’mas!!」
レッドカーペットin六本木ヒルズ
11月25日(木)18時よりTOHOシネマズ六本木ヒルズエントランス前にてラッセル・クロウ、ケヴィン・デュランドによるレッドカーペッドイベント、及びTOHOシネマズ六本木クリスマス・イルミネーション点灯式を開催しました。二人は寒空の中を長い時間待っていた多くのファンたちに、映画の“ロビン・フッド”さながら、ひとり、ひとりへの紳士的な対応でファンを一層熱くさせ、会場をさらに盛り上げることとなりました。
クリスマス・イルミネーション点灯式では、ラッセルが真っ暗闇の中で、実物大もある<剣>型のスイッチで燈火!
TOHOシネマズ六本木の全面ガラス張りの壁面を飾るクリスマスイルミネーションが一気に点灯し、館内、場外から大きな歓声が湧きあがりました!
『ロビン・フッド』
ワールド・ファイナルツアー in JAPAN レポート Vol.3
プレミア舞台挨拶 ロビン・フッド一行
「東京サイコー!!」

→続きを読む

2010年の映画ニュース, 映画ニュース          MOVIEW

『アメリア 永遠の翼』公開記念 羽田空港パネル展決定!

ミーラー・ナーイル監督作品
出演ヒラリー・スワンク × リチャード・ギア
『アメリア 永遠の翼』
羽田空港国内線第2旅客ターミナルビル
新展望デッキ“星屑のステージ”[Attic Charles & Amelia]
映画『アメリア 永遠の翼』公開記念パネル展
今年は「日本の航空宇宙100年」だけではなく、国内初の航空会社で女性機長が誕生するなど、ますます空への関心が高まっています。このたび本格的国際空港化で話題沸騰の羽田空港国内線第2ターミナルビル5階展望デッキが、「時は経ても、その空への憧れを持ち続け、宇宙からのロマンを感じていたい」という願いをこめて、航空機史上もっとも重要な二人、チャールズ・リンドバーグとアメリア・イヤハートの名を冠し“Attic Charles & Amelia”として新たにオープンしました。そしてアメリアの生涯を、アカデミー賞女優ヒラリー・スワンクとその夫をリチャード・ギアが演じた映画『アメリア 永遠の翼』が11月27日(土)より公開されるにあたり、記念のパネル展を11月25日(木)より実施します。

→続きを読む

2010年の映画ニュース, 映画ニュース          MOVIEW

「SMUGGLER(スマグラー)」が待望の映画化! 主演は妻夫木聡、監督は石井克人

「闇金ウシジマくん」の真鍋昌平の傑作
「SMUGGLER(スマグラー)」が待望の映画化!
主演は妻夫木聡、監督は石井克人、そして多彩な豪華競演陣で、撮影スタート!
既報のとおり(10月25日発売の講談社アフタヌーンにて映画化発表記事掲載)、「闇金ウシジマくん」でブレイク中の真鍋昌平の傑作「SMUGGLER(スマグラー)」が映画化発表となりましたが、この度その監督とキャストが決まり、11月1日にクランクインしました。
主演は『悪人』、「天地人」などで評価の高い妻夫木聡。役者という夢をあきらめ現代を無為に生きる若者を演じます。『鮫肌男と桃尻女』で長編劇場作品デビュー、『茶の味』ではカンヌ国際映画祭監督週間のオープニングを飾り、『キル・ビル Vol.1』ではアニメーションキャラクターデザインを担当、そのエンターテイメント性豊かな演出が国内外から高く評価される石井克人が務めます。

→続きを読む

2010年の映画ニュース, 映画ニュース          MOVIEW

『最後の忠臣蔵』時代劇映画として初の日米同時公開が決定!!

ハリウッドも認めた、これぞ“ニッポン”の映画!!
時代劇映画として初の日米同時公開が決定!!
『最後の忠臣蔵』
12月18日(土) 日米同時公開!
12月18日(土)より公開します映画『最後の忠臣蔵』が時代劇としては異例の日米同時公開(アメリカ公開は、12月17日(金))が決定しました。
今回の上映決定の経緯としては、10月11日(月)に実施されたLAプレミア試写会が大好評を得たことがきっかけ。
その試写会で作品を観た米国ワーナーマイカル代表取締役社長のミラード・L・オゥクス氏からのオファーで今回の異例の日米同時公開が実現しました。
『ミッドナイト・イーグル』(2007/松竹)、『REDLINE』(2010/東北新社)に次ぎ、邦画としては3作目の日米同時公開作。時代劇としては史上初の日米同時公開となります。

→続きを読む

2010年の映画ニュース, 映画ニュース          MOVIEW

『ロビン・フッド』ワールド・ファイナルツアー in JAPAN 来日記者会見

『ロビン・フッド』
ワールド・ファイナルツアー in JAPAN レポート Vol.1
来日記者会見
ラッセル・クロウ
8年ぶりの来日!!
神田うのさん、ロビンに開運破魔矢をプレゼント!!
この度東宝東和では、11月24日(水)13時より、ザ・リッツ・カールトン東京 グランドボールルームにて、12月10日(金)公開『ロビン・フッド』主演ラッセル・クロウ、そして劇中でロビンの旧知の仲間役を演じたケビン・デュランドの来日記者会見を開催しました。ラッセル・クロウは『ビューティフル・マインド』の来日(02年3月20日)以来約8年ぶり、デュランドについては初来日とあって、ムービー28台、スチール74台を含む250名と、多数のマスコミの方々にご取材いただきました。
さらに、記者会見後半に特別ゲストとして、神田うのさんが登場! 劇中のマリアン扮するケイト・ブランシェットに衣装提供したフランスの著名シューズブランド“ロジェ ヴィヴィエ”の靴を履き、闘うヒロイン・マリアンをイメージしたスタイルで登壇されました。公開を控えた『ロビン・フッド』一行に、弓矢の名手として有名なロビンにちなみ、深川不動堂にてヒット祈願が込められた特製破魔矢を贈呈してくださいました。

→続きを読む

2010年の映画ニュース, 映画ニュース          MOVIEW