MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

2009年5月の記事

本年度全世界興行収入No.1!『モンスターVSエイリアン』

本年度全世界興行収入No.1!
ハリウッド本格3Dアニメーション映画!!
モンエリがついに日本上陸!!!
『モンスターVSエイリアン』
全米で3月より公開され、オープニング興行収入No.1を記録。全世界興収も3億4586万ドル(350億円)を突破(5月26日現在)し、全世界興行収入No.1記録を驀進中のドリームワークス・アニメーション最新3D映画『モンスターVSエイリアン』。
公開劇場は、4,104館を数え、内3D上映館は1,550館に及ぶ全米3D映画史上最大規模での上映となりました。日本では公開劇場約500館中、約100館で3D上映が決定しており、世界を制した“モンエリ”が日本でも旋風が吹き荒れること違いありません。

→続きを読む

2009年の映画ニュース, 映画ニュース          MOVIEW

『築城せよ!』完成披露試写会のご報告

5月27日(水)、TOKYO FM HALLにて『築城せよ!』完成披露舞台挨拶が行われました。
主題歌「時の空」を歌った多和田えみさんのライブの後、主演の片岡愛之助、海老瀬はな、江守徹、阿藤快、藤田朋子、古波津陽監督が登壇。
片岡愛之助
「人と人との繋がりが希薄になっている現在、魂の繋がりを取り戻せる、笑いあり、涙あり、そして愛のある映画です。」
海老瀬はな
「現場ではベテランの皆様に囲まれて緊張していました。でも阿藤さんはじめ皆さんにとても親切にしていただき、とても楽しかったです。」
阿藤快
「撮影の初日、はなちゃんは緊張しちゃって固まっちゃって動けなくて。でもどついたらようやく動くようになったよね(笑)。」
古波津陽監督
「現場でもこういういい雰囲気が作品に出ていると思う。素晴らしいキャストの方々に恵まれて本当によかったです。」
また段ボールで城を作る、という発想については

→続きを読む

2009年の映画ニュース, 映画ニュース          MOVIEW

『30デイズ・ナイト』全米初登場No.1作品! 初日決定!

サム・ライミ プロデュース
ジョシュ・ハートネット主演!
『30デイズ・ナイト』
8月22日(土)新宿ミラノ 初日決定!
死ぬかー、生きるかー。
衝撃の生存競争(サヴァイヴ・アクション)!
この度、全米初登場No.1を記録した、サム・ライミ プロデュースの『30デイズ・ナイト』の初日が決定しました。8月22日(土)より、新宿ミラノほか全国ロードショーとなります。
日光のみが弱点のヴァンパイアが、30日間太陽の昇らない街に襲来した時、人間は暗黒の夜をどう生き延びるのか─。

→続きを読む

2009年の映画ニュース, 映画ニュース          MOVIEW

松山ケンイチ主演最新作『ウルトラミラクルラブストーリー』舞台挨拶!

6月6日公開
松山ケンイチ主演最新作
『ウルトラミラクルラブストーリー』
キャベツ畑での舞台挨拶実施!
6月6日からの公開を前に、5月26日(火)ユーロスペース(渋谷)にて、有料試写会が行われ、主演の松山ケンイチ、麻生久美子、横浜聡子監督による舞台挨拶が行われた。
主演の青森出身の松山ケンイチは「青森の土地で撮れるのはなかなかないことなので、めぐり合わせだと思った。改めて青森をみると、とてもきれいだったし、青森でしか成り立たない話だった。自信を持って青森というものをみせられます。」
麻生久美子は「松山さんはすごく面白い俳優で撮影中は陽人にしかみえなかった。」

→続きを読む

2009年の映画ニュース, 映画ニュース          MOVIEW

柳楽優弥、約2年半ぶり映画復帰『すべては海になる』

『すべては海になる』
柳楽優弥 約2年半ぶり映画復帰作
映画『すべては海になる』は、カンヌ国際映画祭最優秀男優賞を日本人初史上最年少で受賞した柳楽優弥の約2年半ぶりの映画主演作であり、また『腑抜けども、悲しみの愛をみせろ』でカンヌ国際映画祭批評家週間を沸かせた佐藤江梨子のダブル主演映画です。原作・脚本は、本作が劇場用映画として初監督作品になります、山田あかね。
柳楽優弥は、荒廃した家庭環境で生きながらも、かろうじて読書を支えにし、書店員である夏樹(佐藤江梨子)とかけがえのない関係を築いていく男子高校生・大高光治(おおたかこうじ)を演じています。映画の撮影は4月いっぱいで無事に終了し、現在は編集作業中です。公開は2010年新春頃を予定しています。

→続きを読む

2009年の映画ニュース, 映画ニュース          MOVIEW

『パレード』映画化決定! 行定勲監督最新作

行定勲監督・最新作
吉田修一 原作小説
『パレード』映画化!!
このたび、吉田修一の小説「パレード」が行定勲監督、WOWOW FILMS製作、ショウゲート配給にて映画化となりますことが決まりました。
原作は、第15回山本周五郎賞を受賞した、吉田修一の青春群像劇「パレード」(幻冬舎文庫)。マンションの一室をルームシェアリングする若者たちの日々を描いた、青春群像劇です。
主演、直輝を演じるのは、映画『デスノート』シリーズでの活躍のみならず、蜷川幸雄演出の舞台「ムサシ」で宮本武蔵役を務め、映画・舞台を中心に活躍し、本格的実力派俳優として高い評価を得ている藤原竜也。イラストレーター志望の未来には、映画『しゃべれども しゃべれども』ではその演技が高く評価され、雑誌RAYのトップモデルとして同性からも絶大な支持を得ている香里奈。フリーター・琴美役に2007年NHK・朝の連続テレビ小説「ちりとてちん」のヒロインを始め、映画『ジェネラル・ルージュの凱旋』の好演も記憶に新しい、貫地谷しほり。

→続きを読む

2009年の映画ニュース, 映画ニュース          MOVIEW

『ターミネーター4』先行上映を1日追加! 海外メディアから絶賛の声

ど こ で 誰 が 、 未 来 を 変 え た の か ?
『ターミネーター4』
追加先行上映が決定!!
海外メディアから絶賛の声が多数!!
●追加先行上映が決定!!
北米で5月21日より公開となりました『ターミネーター4』。週末三日間の成績が『ターミネーター2』のオープニング成績を超える大ヒットとなりました。
また、日本全国での前売り鑑賞券の売り上げが大変好調であり、日本のファンの期待に応え、予定していた6月6日(土)、7日(日)に加え、6月5日(金)の先行上映が決定しました!
●海外メディアから絶賛の声が多数!!

→続きを読む

2009年の映画ニュース, 映画ニュース          MOVIEW

Vol.45 『戦場』

戦場観賞映画振り返りコラム14回目は1978年公開のベトナム戦争映画『戦場』。前回観た『ナバロンの嵐』が家族に喜ばれたと調子づいた父親に連れられて、弟と3人で観賞。映画館は丸の内東映パラス(現丸の内TOEI(2))。
この映画の前に観た戦争映画といえば冒険活劇的な第二次大戦ものばかりで、ベトナム戦争の映画はこれが初めてでした。当時はまだベトナム戦争が終わって間もなくであり、映画の題材として扱われることは多少はありましたが、まだまだ少ないころ。ましてや反戦色の強い映画というのは初めてだったので、現実の戦場の悲惨さというものが強く印象に残りました。

→続きを読む

コラム, 戦争映画          MOVIEW

『天使と悪魔』興行収入2週連続No.1!! 海外成績でも2週連続No.1を記録!

『天使と悪魔』
興行収入2週連続No.1!!
海外成績でも2週連続No.1を記録!
(米「MOVIE LINE」調べ)
日本国内興行成績で初登場No.1のオープニング成績を飾った『天使と悪魔』(5月15日(金)公開)は、23日(土)&24日(日)の週末2日間で興行収入3億7281万5100円という成績を上げ、2週連続No.1となった。
24日(日)までの累計動員は1,188,531人、累計興行収入は14億9858万5600円と引き続き、好調をキープしている。
●公開から11日間で早くも観客動員120万人突破!!
5月9日の公開から15日間で観客動員120万人を突破した『余命1か月の花嫁』よりもさら
に早く、『天使と悪魔』は5月15日の公開から25日までの11日間で観客動員120万人を突破した。

→続きを読む

2009年の映画ニュース, 映画ニュース          MOVIEW

劇場版『ヤッターマン 新ヤッターメカ大集合! オモチャの国で大決戦だコロン!』映画化決定

ついにアニメで映画化決定!
1977年にテレビアニメとして放送をスタートして以来、2年間にわたり108話が放映され、最高瞬間視聴率28.4%を記録。“ブタもおだてりゃ木に登る”“おしおきだべぇ”など数々の流行語も生み出した国民的人気アニメ「ヤッターマン」。
2008年には30年ぶりに復活し、現在は読売テレビ・日本テレビ系全国ネットにて毎週日曜あさ7:00~放送中と、今も昔も子供に大人気。
この世代を超えて熱い支持を集めている本作が、この度ついにアニメで映画化します!

→続きを読む

2009年の映画ニュース, 映画ニュース          MOVIEW

『インスタント沼』初日舞台挨拶レポート

麻生久美子さんが久しぶりに主演をつとめた話題作『インスタント沼』が初日を迎え、テアトル新宿にて監督の三木聡さん、主演の麻生久美子さん、風間杜夫さん、松坂慶子さん、ふせえりさんによる舞台挨拶が行われました。
舞台挨拶のチケットの先行販売をしたところ座席以上の応募が殺到。、テアトル新宿だけでなく、渋谷HUMAXシネマ、TOHOシネマズ川崎で行われた舞台挨拶も同様に幸運のチケットをもった方々が駆けつけ、満員御礼の好スタートを切りました!

→続きを読む

2009年の映画ニュース, 映画ニュース          MOVIEW

『チョコレート・ファイター』阿部寛 初日舞台挨拶

『レッドクリフ Part I』を越える歴史的大ヒットを本国タイで記録し、ヒロイン・アクションの決定版として世界中の絶賛を浴びている超話題のノンストップ生傷美少女アクション映画『チョコレート・ファイター』が、5月23日(土)より全国にて公開となりました。
主人公の父親役を熱演し本作でタイ映画デビューした阿部寛の舞台挨拶を、本日新宿ピカデリーにて行いました。
【舞台挨拶内容】
登壇者:阿部寛(44)【ヒロインの父/日本人ヤクザ・マサシ役】 @新宿ピカデリー

→続きを読む

2009年の映画ニュース, 映画ニュース          MOVIEW