MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

特撮映画

映画館や試写室で観た特撮映画のレビューです。ネタバレはいたしません。映画鑑賞や映画選びの参考にどうぞ。

Vol.213 『GODZILLA ゴジラ』

TOHOシネマズ日本橋にて『GODZILLA ゴジラ』を観賞。この映画館、ある映画の完成披露試写に行ったときに満席で入れず(結局その映画は観ずじまい)、TCXやドルビーアトモスといったシステムが気になっていたので、ゴジラはここで3Dで観ると決めてました。TCXはともかく、音響はかなりいいですね。イマジカの試写室なみによかった。

GODZILLA

→続きを読む

コラム, 特撮映画          MOVIEW

Vol.211 『キカイダー REBOOT』

キカイダー REBOOTマスコミ試写にて『キカイダー REBOOT』を観賞。今週末に公開される特撮映画で、『人造人間キカイダー』を“REBOOT=再起動”した作品。
平和利用を目的としたロボット開発計画「ARKプロジェクト」。その主任研究員・光明寺博士は研究中非業の死を遂げる。そして、残された彼の子どもミツコ・マサルは博士の残した研究データを狙う謎の部隊に襲われるが、その時、2人を助けたのは光明寺博士が作った「心=良心回路」を持つアンドロイド・ジローだった。2人を連れて逃避行を続けるジローだが、その前に暗黒の戦士ハカイダーが現れ、圧倒的な力を見せつける。

→続きを読む

コラム, 特撮映画          MOVIEW

Vol.208 『平成ライダー対昭和ライダー 仮面ライダー大戦 feat.スーパー戦隊』

TOHOシネマズ錦糸町にて『平成ライダー対昭和ライダー 仮面ライダー大戦 feat.スーパー戦隊』を観賞。今年は公私ともにこれまで経験したことがないことが起こりまくり、映画館に行くのもこれが2回目。このあたりで収拾がついてくれて、映画くらい普通に観られるようになるといいのですが……。
春の仮面ライダー映画は3年振りに鑑賞。こういうオールスターキャスト的な映画はおもしろいとは思うのですが、毎年やられると、ちょっと食傷気味。時間をかけてもいいのでじっくり取り組んだ作品にしてもらいたいというのが本音ですかね。しかし今年は、なんといっても藤岡弘、さんの1号が復活! あの変身シーンをみた日には、もう映画館行くしかない!という感じでしたね。

平成ライダー対昭和ライダー 仮面ライダー大戦

→続きを読む

コラム, 特撮映画          MOVIEW

Vol.193 『パシフィック・リム』

パシフィック・リムTOHOシネマズ錦糸町にて『パシフィック・リム』観賞。発表されたときから楽しみにしていた、ハリウッド版怪獣映画。
太平洋の深海の裂け目から現れたKAIJUを迎え撃つべく、環太平洋沿岸諸国が力を合わせ、人型巨大兵器“イェーガー”を開発。対KAIJU兵器として活用する。しかし、その運用コストの高さから、イェーガー計画は中止となり、“命の壁”と呼ばれる防護壁構築に戦略がシフトしていく。が、その“命の壁”はKAIJU襲撃で1時間も持たずに崩壊。残ったイェーガーはたった4機。出現間隔が短くなり、さらに凶暴なKAIJUが出現する中、人類の存亡をかけたミッションが開始される……。

pacificrim4.jpg

→続きを読む

コラム, 特撮映画          MOVIEW

Vol.191 『アイアンマン3』

Iron Man 3TOHOシネマズ 日劇3にて『アイアンマン3』を観賞。『アイアンマン』シリーズ3作目、マーベル・シネマティック・ユニバースの7作目でありフェーズ2の1作目となる作品。
マーベルのヒーローたちが集合した『アベンジャーズ』の続編となるこの作品では、その激しい戦いを引きずって病んでいるトニー・スタークことアイアンマンのその後、そして、最後の戦いが描かれています。アイアンマンスーツもたった1年の間にマークVIIからマークXLIIへと進化。各パーツが遠隔操作で自動装着できるのが特徴。さらに歴代のアイアンマンスーツが大量に登場し、謎のテロリスト組織と壮絶なバトルが展開されます。

→続きを読む

コラム, 特撮映画          MOVIEW

Vol.185 『牙狼<GARO>~蒼哭ノ魔竜~』

マスコミ試写にて『牙狼<GARO>~蒼哭ノ魔竜~』を観賞。雨宮慶太監督による特撮『牙狼<GARO>』シリーズの劇場版最新作。

garo-mv2-3.jpg

TVシリーズ第2弾『牙狼<GARO>~MAKAISENKI~』において、破滅の刻印から魔戒騎士たちを救うためにガジャリと契約をかわした冴島鋼牙。この作品では、TVシリーズでは描かれなかった、ガジャリとの契約のために赴いた“約束の地”での物語になっていますが、TVシリーズを観ていなくても十分楽しめます。

→続きを読む

コラム, 特撮映画          MOVIEW

Vol.184 『ゴーストライダー2』

マスコミ試写にて『ゴーストライダー2』を観賞。ニコラス・ケイジ主演のアメリカンヒーロームービー『ゴーストライダー』の続編。

ghostrider2-3.jpg

父を死から救うために悪魔と契約したジョニー・ブレイズ。その契約のため、体の中に制御の利かない悪魔ザラソス=ゴーストライダーを宿してしまい、その存在に苦しんでいた。本人の意志と無関係に出現し、悪を断罪するゴーストライダー。その呪縛から解放する方法と引き替えに、一人の少年の救出を頼まれるのだが……。

→続きを読む

コラム, 特撮映画          MOVIEW

Vol.176 『アベンジャーズ』

アベンジャーズ・アッセンブルTOHOシネマズ日劇での先行上映にて『アベンジャーズ』を3Dで観賞。マーベルのヒーローたちが集結し、大活躍するヒーローアクション映画。
登場するヒーローは『アイアンマン』『キャプテン・アメリカ』『ハルク』『マイティ・ソー』に加え、『アイアンマン2』に登場したブラック・ウィドウ、『マイティ・ソー』に登場したホークアイ。そして彼らをたばねるシールドの長官ニック・フューリー(サミュエル・L・ジャクソン)。それぞれが単独で映画を作れるキャラクターなわけで、それが一堂に会するのはまさに圧巻。

→続きを読む

コラム, 特撮映画          MOVIEW

Vol.166 『ウルトラマンサーガ』

プレミアム バンダイマスコミ試写にて『ウルトラマンサーガ』観賞。ウルトラシリーズ最新作で、シリーズ初の3D映画。
前作・前々作で主役を務めたウルトラマンゼロが今回も主役。次元は違いますが、ゼロが初めて地球を舞台に活躍します。今回ウルティメットフォースゼロは登場せず、ウルトラマンゼロとウルトラマンダイナ、ウルトラマンコスモスが登場。それぞれのTVシリーズ後のエピソードなども描かれます。また、新しいウルトラ戦士としてウルトラマンサーガも登場します。
バット星人の侵略により、滅亡の危機にある地球を舞台に描かれる本作は、映画の冒頭から無人の東京というショッキングな映像から始まります。また、前半のグビラと戦うコスモスのシーンでは、ミラー状のビルに映り込むコスモスの姿など、これまでのウルトラシリーズではあまり観られなかった映像が登場し、新しいウルトラマンムービーの登場を予感させてくれます。

→続きを読む

コラム, 特撮映画          MOVIEW

Vol.153 『琉神マブヤー THE MOVIE 七つのマブイ』

琉神マブヤーTHE MOVIE 七つのマブイ サウンドトラックマスコミ試写にて『琉神マブヤー THE MOVIE 七つのマブイ』観賞。沖縄で圧倒的な人気を誇るローカルヒーローがついにスクリーンへ。
15分番組として製作された第1シリーズから3年。現在第3シリーズ(外伝1シリーズを除く)がTV放映中の『琉神マブヤー』。その劇場版となる今作は、沖縄オールスターズとも言えるキャストが集結した長編作品。

→続きを読む

コラム, 特撮映画          MOVIEW

Vol.152 『スーパーマンII 冒険篇』

スーパーマンII 冒険編観賞映画振り返りコラムの57回目は1981年に観た『スーパーマンII 冒険篇』。一般試写で丸の内ピカデリーで観ました。
スーパーマンと言えば、その名を知らない人がいないくらい有名なアメリカンヒーロー。しかし悪と戦うヒーローとしての描かれ方が主で、スーパーマンそのものの物語にスポットを当てた作品はありませんでした。その誕生から地球へきて、ヒーローとして活躍するようになる下りを描いた前作『スーパーマン』と合わせ、当初2部作として企画された後編がこの話となります。しかしリチャード・ドナー監督の途中降板などでその構成自体が崩れてしまうのですが。

→続きを読む

コラム, 特撮映画          MOVIEW

Vol.147 『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』

『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』 1/6スケールフィギュア キャプテン・アメリカマスコミ試写にて『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』観賞。マーベル・コミック最初のヒーローを映画化した作品。
第二次世界大戦下の1941年。アメリカ軍の秘密実験“スーパーソルジャー計画”によって強靱な肉体を得たスティーブ。しかしその力は活用されることなく、アメリカ国内での戦費獲得のための国債販売のマスコット的存在“キャプテン・アメリカ”となっていた。そのスティーブ一行が戦地の慰問に訪れたとき、親友の所属部隊の窮地を知り、単独で救出に向かう。それは、ナチスのカルト集団ヒドラ党とのすさまじい戦いの幕開けであった……。

→続きを読む

コラム, 特撮映画          MOVIEW