MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『SHAME-シェイム-』リリー・フランキー×シェイム’s 赤裸々トークイベント

『SHAME-シェイム-』ヴェネチア国際映画祭 主演男優賞受賞・ゴールデン・グローブ賞主演男優賞ノミネート
赤裸々トークイベントのご報告
リリー・フランキー×MEGUMI・杉原杏璃・松本さゆき(シェイム’s)
人間が誰しもシェイム(恥)な部分を持っている』
赤裸々トークイベントのご報告
本年度受賞レースを席巻したにも関わらず、激しいセックス描写により、アメリカでは最も厳しい上映規制NC-17(17歳以下の鑑賞が全面的に禁止)というレーティングがつけられ、日本では多くの修正を入れなければ<R-18+>(18歳未満は鑑賞禁止)ですら上映が許可されなかったという、内容映像ともに衝撃の問題作『SHAME-シェイム-』。
現在公開中のシネクイントにて、本作の宣伝クリエイティブ・ディレクターを務めるリリー・フランキー氏と共に、リリー氏が旗振り役となって結成した応援隊「シェイム’s」のメンバーMEGUMIさん、杉原杏璃さん、松本さゆきさんらと共にトークイベントを実施しました。

→続きを読む

2012年の映画ニュース, 映画ニュース          MOVIEW

『SHAME-シェイム-』リリー・フランキー×シェイム's 赤裸々トークイベント

『SHAME-シェイム-』ヴェネチア国際映画祭 主演男優賞受賞・ゴールデン・グローブ賞主演男優賞ノミネート
赤裸々トークイベントのご報告
リリー・フランキー×MEGUMI・杉原杏璃・松本さゆき(シェイム’s)
人間が誰しもシェイム(恥)な部分を持っている』
赤裸々トークイベントのご報告
本年度受賞レースを席巻したにも関わらず、激しいセックス描写により、アメリカでは最も厳しい上映規制NC-17(17歳以下の鑑賞が全面的に禁止)というレーティングがつけられ、日本では多くの修正を入れなければ<R-18+>(18歳未満は鑑賞禁止)ですら上映が許可されなかったという、内容映像ともに衝撃の問題作『SHAME-シェイム-』。
現在公開中のシネクイントにて、本作の宣伝クリエイティブ・ディレクターを務めるリリー・フランキー氏と共に、リリー氏が旗振り役となって結成した応援隊「シェイム’s」のメンバーMEGUMIさん、杉原杏璃さん、松本さゆきさんらと共にトークイベントを実施しました。

→続きを読む

2012年の映画ニュース, 映画ニュース          MOVIEW

『SHAME-シェイム-』くらたま×岩井志麻子が“男のセックス”を一刀両断!

『SHAME-シェイム-』ヴェネチア国際映画祭 主演男優賞受賞
ゴールデン・グローブ賞主演男優賞ノミネート!
公開記念トークショーのご報告
本年度受賞レースを席巻したにも関わらず、激しいセックス描写により、アメリカでは最も厳しい上映規制NC-17(17歳以下の鑑賞が全面的に禁止)というレーティングがつけられ、日本では多くの修正を入れなければ<R-18+>(18歳未満は鑑賞禁止)ですら上映が許可されなかったという、内容映像ともに衝撃の問題作『SHAME-シェイム-』。
本作の公開を記念して漫画家の倉田真由美さん(40)と小説家岩井志麻子さん(47)による女性限定試写会つきトークショーを実施しました。女性だけの試写ということもあり、とても和気あいあいとした雰囲気で、自分についてもセキララに話す二人のあけっぴろげなトークに場内は爆笑が起こっていました。

→続きを読む

2012年の映画ニュース, 映画ニュース          MOVIEW

ハリウッドを発情させる衝撃の問題作!『SHAME-シェイム-』公開&邦題決定

『SHAME-シェイム-』(原題:SHAME)邦題&公開決定のお知らせ
アカデミー賞最有力!ハリウッドを発情させる新鋭監督が放つ、2012年、最も完成度が高く、最も挑発的な話題作。
第68回ヴェネチア国際映画祭 主演男優賞受賞
この度、主演のマイケル・ファスベンダーが本年度ヴェネチア国際映画祭で男優賞を受賞したことでも話題となっております、『SHAME』の邦題が、『SHAME-シェイム-』に決定しました。
また同時に、本作の公開が2012年3月10日より、シネクイント、シネマスクエアとうきゅう他にて全国順次公開と決定しました。

→続きを読む

2011年の映画ニュース, 映画ニュース          MOVIEW

『それでも夜は明ける』第86回アカデミー賞作品賞他 主要3部門受賞!

アカデミー賞の歴史を塗り替える快挙!
黒人監督 史上初の作品賞受賞!
ブラッド・ピット アカデミー賞初受賞!
日本時間3月3日(月)(LA現地時間3月2日)に発表になりました、第86回アカデミー賞におきまして、『それでも夜は明ける』(3月7日日本公開/配給ギャガ)が、作品賞、助演女優賞(ルピタ・ニョンゴ)、脚色賞(ジョン・リドリー)の主要部門最多の3部門を受賞しました!
ブラッド・ピットも出演のみならずプロデューサーとして名を連ね、マイケル・ファスベンダー、ベネディクト・カンバーバッチらハリウッド超豪華スター出演の本作、いよいよ3月7日(金)より日本公開となりました。

soredemoyohaakeru1.jpg

→続きを読む

2014年の映画ニュース, 映画ニュース          MOVIEW

アカデミー賞9部門ノミネート『それでも夜は明ける』予告編解禁

本年度アカデミー賞で作品賞他9部門にノミネート、第71回ゴールデン・グローブ賞で作品賞(ドラマ部門)を受賞し、現在世界の映画賞レース117受賞319ノミネート!
そうそうたる豪華キャストが出演を熱望し、本年度アカデミー賞の大本命とも言われている『それでも夜は明ける』、予告編解禁。

→続きを読む

2014年の映画ニュース, 映画ニュース          MOVIEW

『それでも夜は明ける』第71回ゴールデン・グローブ賞 作品賞受賞

ギャガ配給作品、マイケル・ファスベンダー、ベネディクト・カンバーバッチ、ブラッド・ピットら超豪華スターが出演を熱望し、映画賞レース大躍進中の映画『それでも夜は明ける』(原題:12 Years a Salve)が、1月13日(祝・月)(現地時間:1月12日)に発表された、アカデミー賞の前哨戦として注目を集める第71回ゴールデン・グローブ賞にて、見事、作品賞(ドラマ部門)を受賞しました!
キウェテル・イジョフォー、マイケル・ファスベンダー、ルピタ・ニョンゴら、同賞にノミネートされた俳優陣とともに檀上に立ったスティーヴ・マックィーン監督は、「ブラッド・ピットがいなければ、この作品はできなかった」と、本作のプロデューサーを務めたブラッド・ピットに謝辞を述べました

→続きを読む

2014年の映画ニュース, 映画ニュース          MOVIEW

『それでも夜は明ける』ゴールデン・グローブ賞7部門ノミネート

全世界を最も騒がせている衝撃作、遂に日本へ――。
突然“奴隷”にされた男が生き抜いた、11年8ヵ月と26日間とは。
実話だからこそ< 生きる>想いに魂を揺さぶられる、衝撃の感動作
『それでも夜は明ける』
ゴールデン・グローブ賞最多7部門ノミネート
作品賞< ドラマ部門>/主演男優賞< ドラマ部門>:キウェテル・イジョフォー
監督賞:スティーヴ・マックィーン/助演男優賞:マイケル・ファスベンダー
助演女優賞:ルピタ・ニョンゴ/脚本賞/作曲賞

→続きを読む

2013年の映画ニュース, 映画ニュース          MOVIEW

人類はどこから来たのか?リドリー・スコット監督最新作『プロメテウス』8月公開!

世界最高の巨匠リドリー・スコットが人類最大の謎、<人類の起源>に迫る、壮大にして深遠な3Dエピック・ミステリー超大作『プロメテウス』

prometehus1.jpg

『エイリアン』『グラディエーター』など映画史上において幾多の金字塔を打ち建ててきた、生きる伝説リドリー・スコット監督が満を持して放つ最新作『プロメテウス』が、8月24日(金)より全国拡大ロードショーとなります。

→続きを読む

2012年の映画ニュース, 映画ニュース          MOVIEW

ブロンテの不朽の名作『ジェーン・エア』初日決定

『ジェーン・エア』(原題:JANE EYRE)6月2日(土)初日決定のお知らせ
第84回アカデミー賞衣装デザイン賞ノミネート!!
1847年に出版され、そのセンセーショナルな内容から世間を騒がせ、大変な人気を博したシャーロット・ブロンテの不朽の名作「ジェーン・エア」が、この度『アリス・イン・ワンダーランド』『キッズ・オールライト』『永遠の僕たち』などに出演し、名実ともに着実に女優としてのキャリアを築きあげ、今若手女優の中で最も注目の女優 ミア・ワシコウスカをジェーン役に、さらには賞レースなどでも話題を呼んでいる『SHAME -シェイム-』のマイケル・ファスベンダーを、ジェーンと恋におちるロチェスター役に迎え、『闇の列車、光の旅』で世界的に高い評価を受けた若干34歳のキャリー・ジョージ・フクナガがメガホンをとり、映画化されました。
本作の日本公開が、6月2日(土)より、TOHOシネマズ シャンテ他にて全国順次ロードショーと決定しました。

→続きを読む

2012年の映画ニュース, 映画ニュース          MOVIEW

『ジェーン・エア』邦題決定! アカデミー賞1部門ノミネート

1847年に出版され、そのセンセーショナルな内容から世間を騒がせ、大変な人気を博したシャーロット・ブロンテの不朽の名作「ジェーン・エア」。
その後、長きにわたり愛され続け、今なおファンが多い本作はこれまで多くの人の手で映像化、舞台化され、名だたる女優たちが主人公のジェーンを演じてきました。そして遂にこの度、『アリス・イン・ワンダーランド』『キッズ・オールライト』『永遠の僕たち』などに出演し、名実ともに着実に女優としてのキャリアを築きあげ、今若手女優の中で最も期待され、注目を浴びる女優 ミア・ワシコウスカがジェーン役に抜擢され、『闇の列車、光の旅』で世界的に高い評価を受けたキャリー・ジョージ・フクナガがメガホンをとり、映画化される運びとなりました。

→続きを読む

2012年の映画ニュース, 映画ニュース          MOVIEW

第69回ゴールデン・グローブ賞 GAGAノミネート作品

いよいよ賞レース本番!! 第69回ゴールデン・グローブ賞ノミネート発表!!
ギャガ★ゴールデン・グローブ賞ノミネート作品のご紹介
アカデミー賞の前哨戦として最も注目度が高いといわれるゴールデン・グローブ賞のノミネート作品が現地時間12月15日発表となり、ギャガ配給作品が3作品8ノミネートされました。受賞発表は1月15日(現地時間)となります。
●ノミネート作品
『アーティスト』
作品賞(ミュージカル/コメディ部門)
主演男優賞(ミュージカル/コメディ部門):ジャン・デュジャルダン
脚本賞
監督賞:ミシェル・アザナヴィシウス
助演女優賞:ベレニス・ベジョ
作曲賞
『SHAME -シェイム-』
主演男優賞(ドラマ):マイケル・ファスベンダー
『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』
主演女優賞(ドラマ部門):メリル・ストリープ

→続きを読む

2011年の映画ニュース, 映画ニュース          MOVIEW
1