MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『アメイジング・スパイダーマン2』興行収入30億円を突破!

『アメイジング・スパイダーマン2』
日本での興行収入が、遂に30億円を突破!!!
2014年公開の洋画実写作品、初の30億超え!
インターナショナルの興行収入は 2014年全米で公開された映画のNo.1!
日本で4月25日(金)より公開中の『アメイジング・スパイダーマン2』が、公開44日目の6月7日(土)で遂に興行収入30億を突破!!
2014年に日本で公開された洋画実写作品では 初!の30億超えの作品となり、他を寄せ付けない大ヒットシリーズの実力を見せつける結果となりました。ちなみに6月9日(月)までの興行成績は、30億3,716万7,300円、観客動員197万6,089人を記録。好調に興行を続けています。


『アメイジング・スパイダーマン2』は世界中でも快進撃を続けており、特にインターナショナルの興行収入は前作を凌ぐ5億300万ドル(約513億600万円/1ドル102円換算)で、これは2014年に全米で公開された映画のNo.1の興行収入です。
現時点での北米の興行成績は1億9,630万ドル(約200億2260万円)で、トータルの世界興行収入約7億ドル(約714億円!)という記録的大ヒットを稼ぎ出しています!
この記録的大ヒットを受け、今週6月12日(木)のファーストラン以降も日本全国で続映が決定!
●『アメイジング・スパイダーマン2』
ついに、世界はスパイダーマンを失うのか?
スパイダーマンを抹消すべく次々に現れる3強敵 史上最大の戦い、始まる!
『アメイジング・スパイダーマン2』は、監督マーク・ウェブの続投に加え、ピーター・パーカー=スパイダーマン役の主演アンドリュー・ガーフィールド、恋人グウェン役のエマ・ストーン、メイ伯母さん役のサリー・フィールドが前作に続き登場。
また今回、スパイダーマンの敵が何と3人も出現!! スパイダーマン史上最大の危機とも言えるバトルが、前作を上回る迫力の3D映像で繰り広げられる。高圧電流を操り全てを破壊する電撃魔人のエレクトロ、強力なサイ型アーマーで全てを粉砕する怪力鉄人のライノ、そして高速グライダーで全てを切り裂く空中怪人のグリーン・ゴブリン。
続々と現れる強敵がスパイダーマンを追い詰める! 果たしてスパイダーマンはこの世界で生きのびることができるのか!?
公式Facebookページ:https://www.facebook.com/AmazingSpiderman.JP
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
『アメイジング・スパイダーマン2』
TOHOシネマズ日劇ほか全国絶賛公開中!
→『スパイダーマン』の記事を探す
→特撮ニュースはこちら