MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

関根勤『娘にめっぽう弱いんだよな~』としみじみ。『ラストミッション』TVスポット

主演ケヴィン・コスナー
パリを舞台に繰り広げられる心臓破りのエキサイティングなアクション・エンターテイメント大作が誕生!
娘に翻弄される父親に共感!?
関根勤が『娘にめっぽう弱いんだよな~』としみじみ。『ラストミッション』TVスポット映像到着!

ラストミッション


ショウゲート配給にて6月21日(土)より公開となります、『チャーリーズ・エンジェル』のマックG監督と、『TAXi』、『96時間』シリーズのリュック・ベッソンが脚本として豪華タッグを組んだ、ケヴィン・コスナー主演最新作『ラストミッション』。
この度、関根勤さんがナレーションを担当した本作のTVスポット映像が到着しました!
コスナー演じる剛腕ベテランCIAエージェントである主人公イーサン・レナーは、ある日、任務中に倒れ医師から告げられたのは、なんと余命3ヵ月。残された時間を家族と過ごそうと、離ればなれに暮らしている妻と娘に会いに行きます。そこへ謎の女エージェント・ヴィヴィ(アンバー・ハード)が現れ、延命できる薬を提供する代わりに凶悪で冷徹なテロリスト抹殺の仕事を受けるよう迫り、イーサンは、最後の任務<ラストミッション>を遂行していきます。

ラストミッション

イーサンは仕事は完璧にこなすけれど、16歳で思春期まっただ中の娘ゾーイ(ヘイリー・スタインフェルド)にはめっぽう弱く、いつも彼女の言いなりです。任務中にゾーイから電話がかかってきて、「(今日は)誕生日だから、ハッピーバースデーの歌を歌って!」とねだられれば、戸惑いながらも歌を歌うなど、翻弄されてばかり……
先日行われたナレーション撮りイベントで、59歳のケヴィン・コスナーと同世代で娘に翻弄(?)されつつも活躍されている関根勤さん(60歳)は、「ケヴィン・コスナーの背中を押すとまでは言えないので、ふくらはぎを押すくらいの気持ちで、少しでもお力になれればと思います!」と意気込みを語り、「(アフレコの)セリフに“娘にめっぽう弱い”という部分があったんだけど、一緒ですね。(娘に)ダメ出しされるんですよ(笑)」と劇中のイーサンと同じように、父親の顔を覗かせていました。
関根さん自身も同じ境遇なだけに、ナレーションの“娘にはめっぽう弱いんだよな~”部分は特に感情がこもっています!

公式Facebook:https://www.facebook.com/lastmissionmovie
公式Twitter:@lastmission0621
『ラストミッション』
6月21日(土)より、新宿バルト9ほかロードショー!
(C)2013 3DTK INC.
→『ラストミッション』の記事を探す