MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

「ロチェスター城の戦い」から5年『アイアンクラッド ブラッド・ウォー』公開決定

アイアンクラッド ブラッド・ウォー中世イギリス史上、最も激動の時代に生きた、新たなる壮絶かつ生々しい闘い幕が開く
精鋭イングランド騎士5人VS ケルト族騎士軍団
「ロチェスター城の戦い」から5年、壮絶な戦いが蘇る『アイアンクラッド ブラッド・ウォー』公開決定
イギリス版「13人の刺客」とも評され、「ロチェスター城の戦い」を描いた壮大な歴史アクション映画『アイアンクラッド』(2012)の待望の続編『アイアンクラッド ブラッドウォー』が7月5日(土)より、池袋HUMAX シネマズ他にて公開が決定しました!


13世紀にイングランド史上最も悪名高きジョン王と、王に反旗を翻した貴族連合との壮絶な戦い「第一次バロン戦争」の中の一戦「ロチェスター城の戦い」を描いた「アイアンクラッド」。
前作を遥かに凌駕する、CGに頼らない迫力の戦闘シーン、泥臭くリアルな殺陣、刃や鈍器が肉と骨を砕く生々しいソード・アクションと圧倒的な映像美で蘇る、壮絶な歴史アクション・ドラマがいよいよ日本公開となります!
●ストーリー
「ロチェスター城の戦い」から5年後の1221年。
イングランド史上、最も悪名高きジョン王よりも凶悪と噂されるケルト人侵略者たちが、家畜を盗み、誰彼構わず無差別に殺し回っていた。
攻防の末、息子が命を落としたことを知ったケルト人族長は、報復のためロチェスター城の壊滅を決意する。
彼らに父親を殺された城主の息子ヒューバードは、復讐を決意。なんとか情勢を立て直す為、ロチェスター城の戦いの英雄の一人であり従弟のガイに助けを求め、探す旅に出る。しかし、売春宿でようやく見つけ出したガイは、かつての理想主義者ではなく、人生に幻滅し、酒に飲まれ、金の為に戦うだけの男に成り下がっていた。
そんなガイを何とか説得し、ヒューバードとガイたち一行は城に戻り情勢を立て直した。こうして、ケルト人たちとの決死を賭けた最後の戦いが始まる。
監督・脚本:ジョナサン・イングリッシュ
共同脚本:ステファン・マクドール
撮影:ゾーラン・ボボヴィック
出演:トム・オースティン、トム・リス・ハリス、ミシェル・フェアリー、ロクサーヌ・マッキー、ダニー・ウェッブ
2013年/イギリス/英語/108分/カラー/原題:Ironclad:Battle for Blood
配給:アース・スター エンターテインメント
『アイアンクラッド ブラッド・ウォー』
7月5日(土)池袋HUMAX シネマズほかロードショー!
(C)2013 IC2 PRODUCTIONS, LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
→『アイアンクラッド』の記事を探す